40代以上の方が楽しく、充実した生活を送るために作ったサイトです!

40代の転職は本当に厳しいのか!?

「40代の転職は本当に厳しいのか!?」について、今回は書きたいと思います。

前回は転職について「転職はやりがいだけが基準か」について書きました。

合わせてお読みください!

私自身、40歳を超えて2回転職をした経験から、40歳を超えた転職のリアルな現実をお送りしたいと思います。

40歳過ぎての転職は可能!?

私は40歳を過ぎて2回転職しました。

  • 41歳で1回
  • 43歳で1回

ちなみに現在、43歳です。    

40歳を超えての転職は可能かと聞かれれば、、

可能です!と答えます!!

昔はよく言われていた、35歳転職限界説はさすがに「もうないかなー」というのが、経験上になりますが素直な感想です。

60歳を超えても働く人が増えてますし、40代といってもあと20年働くというより、今はあと30年働く感覚ですもんね。。

昔とは10歳ぐらい年齢の感覚が若くなっていると思います。

会社や業界によっては高齢化が進んでおり、40代でも若手!という会社も存在します。

これも一昔前では考えられなかったことですが、それほど日本は高齢化社会になっていることがわかります。

しかし、私が40歳を超えて転職活動をした経験からですと、

30代の時と比べると、転職エージェントからの紹介もガクッと減りますし、まず自分から応募しても、面接まで行けないことが多くなりました。

これはかなりリアルな現実だと思います。

これまでのキャリアや転職回数などが大いに関わってくるので、全ての人に当てはまる訳とは言えませんが、一般的には40歳過ぎたら、転職自体は可能ですが、面接まで行くのが難しくなると考えます。 

逆に面接まで行けば、「絶対、落ちないぞ!!」というぐらい、面接対策や練習、準備は40代では必須になってきますね。

「直接、会ってもらえればこちらのもの!」という感覚を持たなければいけません。

40代は管理職採用が主流

採用する側にも立ったこともありますが、40代だとプレイヤーだけの採用は普通あまりしないですよね。

やはり40代はマネジメントスキルがあり、管理職採用が一般的だと思います。

この管理職採用も会社としては35歳〜40歳までぐらいがちょうど欲しいんですよね〜。

というのも採用する側が40代が多いから、自分より少し年下を採用したいんです。

自分の手足になってくれる人が良いんですよね。

先ほども書きましたが、40代になれば面接まで行くのが難しいのは確かです。

では、これはどのように対策すれば良いのか?対策方法は2つです。

「数打ち当たる方式」で書類応募自体の数を増やす

書類で落ちまくるのであれば、数を多くするしかないです。

原始的ですが、単純方法でこれしかないんです。

書類落ちしても気にする必要はありません。

書類審査はタイミングもありますし、人事担当者の好みもあります。

一概に全て実力で判断されるとは限りません。

だから、書類で落ちても、気にせずに応募しまくりましょう。

人材紹介会社に登録する

私は5回の転職中、4回は人材紹介会社経由での転職です。

在職中に転職活動を行うためにも、これが現実的な選択です。

ただ、慣れていなければ、人材紹介会社への登録など戸惑う点も出てくると思います。

人材紹介会社・転職エージェントを活用方法が転職活動の中でも重要になってきます。

40歳を過ぎてハローワークを利用しての転職は正直、あまりお勧めはできないです。

人材紹介会社・転職エージェントの活用方法については、別の機会でお話しさせていただきます。

人脈をフル活用する

取引先や関係先の会社や友人からの紹介、コネなど、、持っている人脈をフルに活用して、転職をするのも一つの手です。

入社までスムーズに進むケースも多いですし、転職先の会社を知っている、または知っている人がいれば、全く知らないところへ行くより、安心ですよね。

取引先や関係先の会社に転職する場合は、前職とのトラブルは避けないといけないですが、うまく行えば問題はないと思います。

「プチヘッドハンティング」みたいな形で取引先や関係先に転職できれば、年収や役職も考慮してくれるケースも多いです。

転職先にしてみれば、人材紹介会社に高い報酬を支払わずに済みますし、ある程度、実力もわかっているので、本人も転職先もwin-winの関係で転職ができます。

デメリットとすれば、紹介してくれた人がいると「退職しにくい、、」というのはありますが、転職してすぐ退職のことを考えるのもおかしい話しなので、、人脈で転職ができるのであれば、大いに活用すべきだと思います。

まとめ

40代の転職は厳しいかと言われると、

面接まで行くのは厳しい。

面接まで行ったら合格するようにしておかなければいけない。

これがリアルな現実だと思います。

どんなに実力・スキルがあり、人柄が良くても「40代」ということで、書類審査を通過することは難しくなってきます。

書類審査で落ちても気にする必要はないです。

逆に面接まで行ったら、そこからがその人の実力です。

面接まで行って落ちたら、素直に実力不足だと認識しましょう。

厳しいですが、そこは40代になってあまり甘いことは言ってられません( ゚Д゚)

最後にこれを言うと元も子もないかもしれないですが、、

40代でも50代でもキャリアアップの転職ができる人もいれば、そうでない人もいます。

40代という年齢より、転職が厳しいかどうかは「その人次第」というのも正直あります。

20代、30代でこの記事を読んでくれている方は、40代になっても「引く手あまた」の人材になることを目指してください。

あなたにも40代がきます。

40代は過ぎた時間を取り戻すことはできません。

ここから実力をつけることは容易いことではないですが、できないと諦めてもしょうがありません。

40歳であれば後30年、49歳だとしても後21年働くと思えば、40代といえどまだまだこれからです。

まだ社会人人生では半分を超えるか超えないかのあたりです。

そう考えると40代もまだまだこれからだと思いませんか?!(^^)!

過ぎた過去より、これからどうするかを考えて、前を向いてお互い頑張りましょう!

合わせて、下記の記事をお読みください”(-“”-)”

www.grateful-feelings.com

最新情報をチェックしよう!