これまで転職を5回経験「営業→エンジニア→SV→事業統括→人事・総務」様々な職種を渡り歩く。 転職を成功させる方法や本当に仕事に役立つ情報を発信!

40代の転職は難しい?リアルな現実を知り転職を成功させる方法

一般的に40代の転職は難しいと言われています。

その為、40代でブラック企業で働いていても「会社にしがみつくしかない」と思われている方も多いのではないでしょうか。

 

私自身、40歳を超えて2回転職をしました。

 

その経験から40代の転職について、リアルな現実をご紹介します。

その現実を把握⇒分析⇒対策を練ることで、40代でも転職を成功させることは十分可能です。

 

今回はそのノウハウをご紹介していきたいと思います。

40代の転職は難しい?リアルな現実を知り転職を成功させる方法

40代でも転職を成功させることはできる

冒頭でも書きましたが、私は40歳を過ぎて2回転職をしました。

  • 41歳で1回
  • 43歳で1回

ちなみに現在44歳です。

 

43歳で転職した会社でそこそこ満足できる年収をもらい、そこそこやりがいも持ちながら仕事をしています。

副業でブログを立ち上げ、将来的にはブログで独立して起業することを夢見て頑張っている40代男性です。

 

話しが少し逸れました、、43歳での転職は成功したと思っています。

 

昔よく言われていた、35歳転職限界説はさすがに「もうないかな」というのが、経験上からの意見です。

60歳を超えて働く人も増えていますし、今は40代といってもあと20年働くというより、あと30年働く感覚ですもんね。。

 

昔より10歳ぐらい年齢の感覚が若くなっていると思います。

会社や業界によっては高齢化が進んでおり「40代でも若手!」という会社も存在します。

(ちなみに今私の現職がこれです。44歳の私でも若手の部類です( ;∀;))

 

これも一昔前では考えられなかったことです。

それほど日本は高齢化社会になっていることがわかります。

40代は書類選考通過が難しい

40代でも転職を成功させることは可能と書きましたが、やはり「楽勝」ではありません。

20代、30代より難しいのが現実です。

 

しかし、ただ漠然に「40代の転職は難しい」と捉えるのではなく、何がどう難しいのかご説明します。

 

結論から言うと、下記の通りです。

  • 40代は書類選考が通らない
  • つまり面接までいかない
  • 逆に面接までいけば、全力で内定をもらいにいかなければいけない

 

私が20代後半から40代まで転職を5回した経験からお話しすると、

40代は30代の時と比べると、自分から応募しても書類選考に通過せず、面接まで行けないことが多くなりました。

これはかなりリアルな現実だと思います。

 

これまでのキャリアや転職回数などが大いに関わってくるので、全ての人に当てはまる訳ではありません。

しかし、一般的には40歳を過ぎたら、転職自体は可能ですが、面接まで行くことが難しくなります。

 

逆に面接まで行けば「絶対内定をもらう!」というぐらいの面接対策を行うことが40代では必須になってきます。

40代は「直接、会ってもらえればこちらのもの!」という感覚を持たなければいけません。

40代の転職は管理職採用が主流

私は人事総務として、採用する側にも立っています。

その経験から、40代は一般的にはプレイヤーだけの採用はあまりありません。

 

やはり40代はマネジメントスキルが必要で、管理職採用が一般的です。

 

この管理職採用も企業側としては35歳〜40歳までぐらいがちょうど欲しいんですよね。。

理由としては採用の決定権を持つ課長以上は40代が多いので、自分より少し年下を採用したいということが多いです。

自分の手足になってくれる人が使い勝手が良いんですよね。

 

先程もお話ししましたが、40代以降は面接まで行くのが難しいです。

では、40代はどのようにすれば転職を成功させることができるのでしょうか。

3つの対策方法をご紹介します。

40代が転職を成功させる3つの対応策

「数打ち当たる方式」で応募自体の数を増やす

書類選考で落ちまくるのであれば、数を多くすることも効果的です。

原始的ですが、体裁を気にしていては前に進みません。

単純な考えでこれしかないんです。

 

また、書類選考に落ちても気にする必要は全くありません。

書類選考で「通る・通らない」はタイミングもありますし、人事担当者の好みもあります。

一概に全て実力で判断されるとは限りません。

 

これも私の経験ですが、40歳を過ぎての転職活動で「人事担当者と私の経歴が似ているのと、家族構成が似ているという」理由で面接書類選考を通過したことがあります。

 

人事担当者が「その人」でなければ、私は書類選考で落とされていたはずです。

内定をいただきましたが、入社はしなかったですが、転職活動の中でも印象深い出来事になりました。

 

書類選考で落ちても、あなたの実力の全てを否定されている訳ではないので、気にせずに応募しまくりましょう。

人脈をフル活用する

取引先や関係先の会社、友人からの紹介など持っている人脈をフル活用して、転職をすることも立派な一つの手です。

 

人脈を使っての転職は入社までスムーズに進むケースも多いです。

また転職先の会社に知っている人がいれば、全く知らないところへ行くより安心ですよね。

 

取引先や関係先の会社に転職する場合は、前職とのトラブルは避けないといけないですが、順序立てて筋を通せば問題ありません。

 

「プチヘッドハンティング」みたいな形で取引先や関係先に転職できれば、年収や役職も考慮してくれるケースも多いです。

 

転職先から見ても人脈からの入社は様々なメリットがあります。

  • 転職エージェントに高い報酬を支払わずに済む。
  • 相手のある程度の実力や性格もわかっている。
  • 即戦力として期待できる

本人も転職先もwin-winの関係で転職ができます。

 

あえてデメリットを挙げるとすれば、転職先から期待以上の成果を出せなかった時に「紹介してくれた人」の顔に泥を塗ることになるかもしれません。

しかし、あまりに最初からそのようなマイナスのことを考えていては良い転職はできません!

 

人脈を活用して転職ができるのであれば、大いに活用すべきだと思います。

転職エージェントに登録する

私は5回の転職中、4回は転職エージェント経由での転職です。

ある程度の年収を希望するのであれば、やはりこれが現実的な選択です。

 

ただ、慣れていなければ、転職エージェントへの登録は戸惑う点も出てくるかもしれません。

下記の大手の転職エージェントであれば、登録が始めてでも親切に対応してくれるはずです。

DODA
5

転職サイトはdoda

dodaの専門スタッフが、あなたの希望や適性に合った求人のご紹介や、転職活動のサポートをさせていただくサービス。
非公開求人を含む約10万件の求人からあなたに合った求人を紹介。専門スタッフが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポートします。

パソナキャリア
5

パソナキャリア

各業界・職種毎に専門特化したキャリアアドバイザーが、様々な角度からキャリアコンサルティングを実施し、求職者の方の強みやキャリアプランについて一緒に考えていきます。
パソナグループとしての幅広いネットワークも当社の特徴。
業界・業種を問わず、約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人の中から、あなたのキャリアプランを実現する求人をご紹介。

リクルートキャリア
5

リクルートエージェント

転職支援実績は累計41万1,000名以上
・各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザーが、求職者の希望やスキルに沿った求人を、厳選してご紹介。
・職務経歴書・履歴書などの書類の添削、独自に分析した業界・企業情報の提供、志望企業への推薦など様々な転職サポートします。

ネオキャリア
4

第二新卒エージェントneo

正社員での就職・転職を希望する18歳~28歳の方々。
・公務員試験からの民間企業就職への切り替え、短期離職、第二新卒(就業後3年以内の離職)、中途、キャリアアップの転職など幅広い経歴の方を完全無料でサポート。
・豊富な経験を持つのキャリアアドバイザーがあなたの将来像や希望、適正を踏まえて求人をご紹介。

JAC Recruitment
5

JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)は管理・専門職、ミドル・ハイクラス向けの高年収層に特化した転職エージェント。
・企業を熟知したプロが、無料であなたを“内定”までサポート! あらゆる業種・職種の求人を完全無料でご紹介!
・非公開求人50% スピーディーなレスポンス・ハイレベルのサービス。

 

40代の転職を成功させるためには、転職エージェントを上手に活用することが重要な鍵になってきます。

 

転職エージェントの活用方法については、下記の記事を参考にして下さい。

関連記事

転職エージェントの賢い使い方について解説していきます!転職活動を進める上で転職エージェントは使い方次第で大きな力になってくれます。 主に初心者の方に向けて、賢く転職エージェント使って、転職を成功させる方法を[…]

関連記事

転職エージェントとの賢い付き合い方を徹底解説します! 前回の記事の続きでご覧いただければ幸いです!(^^)!www.grateful-feelings.com 前回の記事で「転職エ[…]

関連記事

転職エージェントを複数利用することは「転職を成功させる」重要かつ必須条件と言っても大袈裟ではありません。転職エージェントを1社だけにしてしまうと、紹介される求人案件が限られてしまいますし、良い担当者に巡り会える可能性も低くなります。[…]

 

まとめ

40代の転職についてリアルな現実と転職を成功させるための対応策をご紹介しました。

 

40代のリアルな転職の現実を簡単にまとめると

  • 面接まで行くこと自体が難しい
  • 面接まで行ったら、合格するように対策を取らなければならない

 

どんなに実力やスキルがあり、人柄が良くても「40代」という理由だけで、書類審査を通過することが難しくなってきます。

 

本文でも書きましたが、書類審査で落ちても気にする必要はありません。

逆に面接まで行ったら、そこからがその人の実力だと思って下さい。

面接まで行って落ちたら、素直に実力不足だと認識しましょう。

 

厳しいようですが、40代になってあまり甘いことは言ってられません、、( ゚Д゚)

 

最後にこれを言うと元も子もないかもしれないですが、お話しさせて下さい。

40代でも50代でもキャリアアップの転職ができる人もいれば、そうでない人もいます。

40代という年齢より、転職が難しいかどうかは「その人次第」というのも正直あります。

 

20代、30代でこの記事を読んでくれている方は、40代になって「引く手あまた」の人材になることを目指してください。

あなたにも40代がきます。

 

40代以降の方は、ここから実力をつけることは容易いことではないですが「できない」と諦めたらおしまいです。

 

40歳であれば後30年、49歳だとしても後21年働くと思えば、40代といえどまだまだこれからです。

まだ社会人人生の半分を超えるか超えないかのあたりです。

 

そう考えると、40代もまだまだこれからだと思いませんか?!(^^)!

40代の転職を成功させたいのであれば、今回ご紹介した内容を参考にしていただき、体裁やプライドを一旦捨てましょう。

そして過ぎた過去より、これからどうするかを考えて、前を向いて頑張りましょうね!

 

私も同じ40代です。応援しています!

最新情報をチェックしよう!
>【趣味サイト「エンタメらいふ」】

【趣味サイト「エンタメらいふ」】

私の別の趣味サイト「エンタメらいふ」のご紹介です。
どんでん返しのミステリー小説や映画が好き。
ボーカル・ベースのバンド経験から音楽のうんちくを語る。
あなたの人生が豊かになるエンタメ情報を発信!
おすすめの本(主にミステリー小説)や映画や音楽や漫画やゲームを紹介します。

CTR IMG