あれこれライフ

転職や仕事や趣味などあれこれ語ります(主に40代男性に送る)

「誰かのために頑張る」はいけないことなのか?

前回の記事で「相手に求めすぎると人は苦しくなる~自分のために頑張る~」を書きました。

 

「相手のために頑張る」と見返りなどを求めてしまい、相手も自分も苦しくなる。

それであれば「自分のために頑張ることによって、相手に見返りを求めることもなくなりますよ」という内容です。

www.grateful-feelings.com

ここで、ふと考えたのは「誰かのために頑張ることは、いけないことなのか?」という疑問です。

 

私自身の頭の中を整理する意味でも考察していきたいと思います。。

お付き合いいただければ幸いです。。"(-""-)"

自分のために頑張るメリット

繰り返しになりますが、相手のために頑張って見返りを求めるぐらいなら、自分のために頑張ることで相手も自分も楽になります。

 

相手も「あなたのために頑張っているのに!」は重いです。

 

自分のために頑張れば、相手に見返りや期待を求めないようになりますし、頑張っている原動力が自分なので、相手がどうであれ頑張ることができます。

 

相手の気持ちは変えることはできないので、相手に左右されずに自分主導の生き方をしましょうという記事を以前に書きました。

www.grateful-feelings.com

 

「自分のために頑張る」と決めるメリットは、まわりに振り回されることがなくなり、自分主導の生き方ができるということです。

 

自分のために頑張るデメリット

ここで1つ注意したいのは「自分のために頑張る」ということは、記事の中では書きましたが「自分本位で自分のことだけ考えろ!」という意味ではありません。

 

人間関係を例に取ります。

 

例えば、朝の「おはようございます!」という挨拶をしても、挨拶を返さない人がいたとします。

ここから2つのパターンにわかれます。

  1. 相手が挨拶を返さないんだから、私も挨拶をする必要はない。それにしてもこちらが挨拶をしているのに何で挨拶を返さないんだろう。感じが悪い!
  2. 相手が挨拶を返そうと返すまいと私は朝は気持ち良く挨拶がしたい。だから相手が挨拶を返さないのは関係ない。私が挨拶をしたいのだから。

 

「1」と考えるのが普通だと思いますが、「1」は他人主導で相手のために頑張る人だと思います。

 

「2」は自分主導です。自分が気持ち良く朝を迎えるために挨拶をすると決めています。挨拶を返してもらった方が良いとは思いますが、自分のために挨拶をしているので、相手が挨拶を返す、返さないは気になりません。

 

現実では挨拶をしても挨拶を返さない人は少数だとは思いますが、その少数に感情を引きづられ、朝から嫌な思いをしたり、次第に自分もまわりに挨拶をしなくなることになると、本末転倒ですよね。

 

逆に「2」は挨拶をし続けることは自分のためにやっていることになりますが、結果はまわりから「あの人は挨拶を返さない人にも、毎回挨拶をしている。なかなかできないことだ」と高評価になるのではないでしょうか。

 

高評価になるためにやっている訳ではないですが、高評価を得るということはまわりから優しくしてもらえますし、困ったときに助けてもらえるということです。

 

「自分のために頑張っていること」がまわりまわって、他人からの高評価に変わり、人間関係で困らなくなります。

 

このように「自分のために頑張る」ことは一見、デメリットはないように思われます。

頭を整理して考えてみると「自分のため頑張る」ときと「他人のために頑張る」ときの使い分けが大切なのではないでしょうか。

誰かのために頑張るメリット

「頑張る」使い分けのために「他人のために頑張るメリット」を挙げたいと思います。

 

まず、思い浮かぶのが「大切な人のために頑張る」ということです。

  • 子供
  • 夫・妻
  • 彼氏・彼女
  • 上司・部下
  • お客さん

「家族」のために頑張るのは当然ありますよね。

「上司・部下」のために頑張ることができるというのは「上司・部下」に恵まれているので素晴らしいことだと思います。

 

仕事によって違いはありますが、何かしら「お客さん」にあたる方はいると思います。

その方に喜んでいただくために頑張るというのも立派なことです。

 

自分一人だけでは頑張り切れない部分を「誰かのために頑張る」というパワーに変えて、より頑張ることができるイメージになると思います。

 

自分一人ではくじけそうになったけど「家族のために頑張った」、「待っているお客さんのために頑張った」ということはよく聞きますし、誰しも1度は経験しているのではないでしょうか。

 

「誰かのために頑張る」ということは、自分に取って責任感や使命感に変換され、大きな頑張るパワーになると思います。

 

誰かのために頑張るデメリット

デメリットはこれまで書いてきた「あなたのために私は頑張っているのに!」という見返りや期待を相手に求めることだと思います。

 

まとめ

「自分のために頑張る」

⇒まわりに流されず、自分主導で生きるため

 

「誰かのために頑張る」

⇒責任感や使命感を持つことができ、大きなパワーになる

 

すみません。。

当たり前と言えば当たり前のことをまとめただけかもしれません。。( ゚Д゚)

 

ただこの使い分けがしっかり整理されていれば、

自分のために頑張ることに限界を感じたときに、誰かのことを想い、その人のために頑張ることができます。

 

逆に、誰かのために頑張っていて「こんなにあなたのために私は頑張っているのに!」と相手を責めそうになったときには「自分のために頑張っているんだ」と自分に言い聞かせることができます。

 

ふと、何のために頑張っているんだろう、、と頑張ることがむなしくなったり、苦しくなったときに思い出していただければ幸いです。

 

お付き合いいただきありがとうございました(>_<)

【アフィリエイトをするなら「amazon」「楽天」とも提携が容易な「もしもアフィリエイト」をおすすめします!】