あれこれライフ

転職や仕事や趣味などあれこれ語ります(主に40代男性に送る)

仕事がつまらないときにするべきこと【仕事が単調・仕事が合わない編】

「仕事がつまらない、、」と思っている方は年代を問わず、多いのではないでしょうか。

 

「仕事がつまらない」と思っても「生活のためだから、しょうがない、、」と割り切ることも、もちろん一つの手です。

 

しかし、どうせ仕事をするのであれば、少しでも「仕事がつまらない」を「仕事が楽しい!」に変えていきたいですよね。

 

「仕事がつまらない」理由は人それぞれあると思います。

 

今回は「仕事が単調でつまらない、、」「仕事が自分に合っていないのではないか、、」と悩んでいる方に向けて、少しでも仕事が楽しくなり、明日も会社に行かないといけない、、という憂鬱な気分が晴れる方法をご紹介します!

仕事が単調でつまらない

自分の考え方次第!

 「毎日、毎日が同じことの繰り返し、、単調な仕事に飽きてしまった」という方もいらっしゃると思います。

 

特に内勤で経理や総務など、主な業務が毎年、毎月でルーティン化されている方がこのように思うことが多いのではないでしょうか。

 

ここで考えたいのが、同じ仕事をしても飽きてしまう人とそうでない人がいるということです。

 

この違いは何でしょうか?

 

私はやはり、

「仕事の内容というより、その人の考え方」に原因があると思います。

 

単調な仕事の中でも、

  • 自分なりの工夫や向上心を持って、仕事に取り組んでいるか?
  • いかに早く仕事を終わらせるかを考えているか?
  • いかに工数をかけずにこれまでと同じ成果が出せるか?
  • いかに協力し合って、今より良い成果が出せるか?

など、単調な仕事を単調にしないようにするのも自分次第です。

 

あまり深く考えずにゲーム感覚で様々なことを実践してみることをお勧めします。

 

『この仕事がこれまで3時間かかっていたけど、今回は2時間半で終わった。

30分短縮できたから、1つレベルアップだ!帰りにご褒美にビールでも買って帰ろう!』

 

『この資料は前任者から引き継いで当分このままだったけど、今回はもっと見やすいようにレイアウトを変えてみよう!』

 

このような形で思考を止めずに、自分で考えてみてください。

 

与えられたルーティンワークを少し自分で変えるだけでも、受け身でやる仕事よりかはよっぽど仕事が楽しくなります。

 

「仕事が単調」と思ったということは、あなたはその仕事に慣れてしまったのです。

 

それは「仕事を覚えた」ということで良いことです。

そこからはもちろん上司にも確認を取りながらになりますが、仕事に自分なりのアレンジを加えながら、自分で自分に仕事が飽きないように工夫してみてください。

 

「仕事が単調でつまらない!」と会社や他人のせいにするのことは簡単です。

 

「仕事が単調!」と思ったのが自分であれば「仕事が単調ではない!」と思えるようにするのも自分だと考え方を変えて、取り組んでみてください。

単調な仕事と思えるのは贅沢

よく考えてみてください。

 

どの業界も人手不足の中ですので、一人当の仕事量は以前に比べて増えています。

その中で「仕事が単調!」と思うということは「仕事が楽勝!」と思っているということです。

 

それってすごく恵まれていませんか!?

 

仕事量が多くて長時間労働や休日出勤をして仕事をするより、よっぽどマシです!!

現代で「仕事が単調」というのは贅沢な悩みだと考えます。

 

そう考えると少しは今の単調な仕事への見方が変わってくるのはないでしょうか。

仕事が自分に合っていない

  • 人と話すのが苦手なのに営業をしている。
  • PC作業や細かい作業が苦手なのに事務をやっている。

会社の状況で異動があったり、新卒の方で希望していない部署に配属される方もいると思います。

 

ただここで少し見方を変えてみてください。

  • 人と話すのが好きだから営業成績が上がるのか?
  • PC作業が好きたから、ミスなく、効率良く事務作業ができるのか?

 

「好き=成果が出る」とは単純に言えません。

 

現実でも人と話すのが好きなために、ついつい自分ばかり話し過ぎて、売れない営業マンもたくさんいます。

 

PCは得意で、PCで出来ることであれば実力を発揮しますが、PCを介さない仕事になると苦手な事務もいます。

 

「好きこそものの上手なれ」という言葉があるように「好き」の方が「嫌い」よりもスキルなどが上達するのは確かです。

 

ただ、一概には言えないということです。

 

口下手で自分から話すのことが苦手な営業マンの方が、お客さんの話しをよく聞くので結果、営業成績が良いというのはよくある話しです。

 

自分の好きなこと、嫌いなことは自分が1番よく知っています。

 

ただ「好きなこと=仕事の成果」に繫がるとは限りませんので、まずは今の目の前にある仕事に全力投球してみてはどうでしょうか。

 

営業であれば、営業成績が上がったり、お客さんから喜んでもらえれば嬉しいですよね。

 

事務も誰かの役に立って「ありがとう」とお礼を言われたら、嬉しくなります。

そうやって成果が出れば、どんな仕事でも楽しくなります。

 

仕事が自分に合ってないから「仕事がつまらない」と決めつける前に、本気でその仕事に取り組んでみませんか?

 

本気で取り組めば、何らかの成果が出ます。

成果が出れば仕事は自然に楽しくなりますよ!

まとめ

特に20代の内は「仕事が単調」「仕事がつまらない」ことで退職や転職を考えることは早計です。

 

退職、転職を考える基準は下記の記事を参考にしてください!(^^)!

www.grateful-feelings.com

www.grateful-feelings.com

 

本文でも触れましたが

「仕事が単調」と思うことは、自分で単調にならないように工夫することと、現代では贅沢な悩みと考えるべきです。

 

「仕事が合わない」と思うことは仕事は成果が出れば、面白くなるものです。

その仕事を「好き・嫌い」で判断する前に成果が出るまで全力投球してみましょう。

 

いずれにしても、これらの「仕事内容の悩み」は「人間関係」や「給料が低い」「長時間労働が多い」などの悩みに比べると、まだ考え方次第ではいくらでも変えようがある悩みかなと正直思います。

 

ただ悩んでいる当人にとってはもちろん重要な問題なので、今回の記事を参考にしていただければ幸いです!

 

次回は「仕事が自分に合わない」とニュアンスが似ているのですが「今の仕事が自分がやりたい仕事ではない」ときの考え方について、ご紹介したいと思います。

【アフィリエイトをするなら「amazon」「楽天」とも提携が簡単な「もしもアフィリエイト」をおすすめします!】