あれこれライフ

転職や仕事や趣味などあれこれ語ります(主に40代男性に送る)

上司と合わないときに必ずしてもらいたい対処方【基本編】

人間関係の中でどうしても「合う・合わない」が出てくることがあります。

会社でも上司と「合わない」と悩んでいる方もいらっしゃると思います。

 

上司との関係が悪いと大きなストレスになりますよね。

逆に上司との関係がうまくいっていると仕事も進めやすくなり、ストレスがかなり軽減されます。

今回は「上司と合わない」時にどうすれば良いか、どのように考えれば良いかをご紹介していきます。

まずは上司を立てる

上司が無能で仕事ができなくても、嫌いでも何でも上司は上司です。

まずは「何でこの人が上司なの!?」という気持ちはグッと堪えて、上司を立ててみましょう。

 

「立てる」というのは「最大限、相手の立場に立って気を使う」ことだと思います。

 

おべっかを使ったり、ひいきしたりしたりする、いわゆる「忖度」とは意味合いが違ってきます。

 

簡単なところから、始めてみましょう。

 

話しかける時に「お忙しいところ、すみません」と一言付け加える。

話し終わった後に「ありがとうございました」とお礼を伝える。

 

出社したら、目の前に行き「おはようございます」と挨拶をする。

帰社する時にも、目の前に行き「お疲れさまでした。お先に失礼します」と挨拶する。

 

上司を敬う気持ちを持ってみましょう。

卑屈になるのではなく、敬うことが大切です。

 

「何でそこまでしないといけないんだ!」と思われたあなたは少々、傲慢かもしれません。。

 

会社はあなたではなく、今の上司をあなたの上司として任命したのです。

人事は「年齢・社歴・スキル・経験・人間性」など、様々なことが加味されて決定します。

 

「何であんな無能な人が上司なんだ!」と言っても、今すぐどうこうはできないのが現実です。

 

その人事が妥当かそうでないかは置いておいて「今の上司があなたの上司」という現実は変わりません。

あなたが上司を敬うことで上司もあなたのことを敬い、関係が改善や修復されるかもしれません。

とにかく仕事だと割り切る

上司の態度や考え方、仕事の振り方など、とにかく合わないと思っても「それも仕事の1つ」ととにかく割り切ってみましょう。

 

給料の中に「合わない上司とのやりとり代」も含まれていると考えてみましょう。

 

割り切るためには、感情を殺してみるのもいいかもしれません。

上司と話す時は自分は感情を持たないロボットと化して、言われたことをただ、淡々とこなす。

 

「合わない上司なんて、どこの会社でもいる。一生この人が上司な訳ではないんだから、仕事だと完全に割り切ろう」と思うことも立派な手の一つです。

仲良くなろうとしてみる

飲みに行ったり、ランチをしたり上司の良いところを見つけてみたりなど、仲良くなろうとしてみて下さい。

 

こちらから心を開くことが大切です。

 

「仲良くする」ではなく「仲良くしようとしてみる」と書いたのは、仲良くできるかどうかは、あくまで結果に過ぎません。

大切なことは、仲良くしようとチャレンジすることです。

 

チャレンジした結果、仲良くなって関係がよくなれば、それに越したことはありません。

 

チャレンジした結果「どうしても、仲良くなれない!」と思ったら、先程でも書いたように「仕事だと割り切る」対処方を実践すれば良いと思います。

 

まずは仲良くなれるように、自分からアプローチしてみましょう。

たまにはキレてみる、、

お勧めの対処方ではないですが、、効果を発揮するケースもあります。

 

ネチネチと小言を言ってきたり、人間性を否定してきたり、パワハラやセクハラをしてくる上司がいます。

 

そういう嫌な上司に悩まされている場合はキレてみてもいいと思います。

大体、そういうことをしてくる上司は気が小さな人が多いです。

 

キレると言っても、暴力を振るったり、大声を出す訳ではありません。

 

例えば、人間性を否定された場合、

「人間性を否定するのは止めていただけませんか。自分にも我慢の限界があります」と相手の目を睨んで言ってみる。

 

気の小さい上司だと、これ一発で何も言ってこなくなります。

 

そうでない上司だと「今、なんて言った!」となりかねませんが、そうなれば「すみませんでした。口が過ぎました。以後、気をつけます」と引きましょう。

 

これで上司に「何か言ったら、こいつはキレる」ことを擦り込みでき、これから嫌がらせなどをしてくる可能性が低くなります。

 

ただ、気の強い上司だと「俺に逆らいやがった!もっと嫌がらせしてやる!」となりかねないので、上司の性格を見極めて活用してみて下さいね。

まとめ

上司と合わないときは、

「自分に原因があるのか」

「上司に原因があるのか」

このことをまず見極めましょう。

 

本当にひどい上司はいます。

ただ、そうでない上司もたくさんいます。

 

コミニュケーション不足からのボタンのかけ違いだけかもしれません。

最近は上司もプレイングマネージャー的な役割の人が多く忙し過ぎて、雑に仕事を振ってしまっているだけかもしれません。

 

上司は結果も出さないといけないですし、あなたを育てなければなりません。

その中でどうしても厳しく叱責したりすることもあるかもしれません。

 

上司も自分と同じ人間です。

 

上司とよく関係がこじれる人の中で「上司にパーフェクトな要求」をしてくる人がいます。

「上司なんだから、ここまでしないといけない」

「上司なんだから、ここまでできないといけない」

このように勝手に理想の上司像を作る人がいます。

 

相手に何かを求めだすと、関係はうまくいきません。

 

相手を変えようとしてもストレスになるだけなので、まずは自分が変わろうとチャレンジしてみてください。

 

今回は「上司と合わないときの対処法の【基本編】」なので、まずは自分に原因がないかを考えてみて、実践してみてはというお話しになります。

 

次回は自分に非がなく本当に「ひどい上司」のときの対処法について、ご紹介します!

 

※合わせて、続きである【ひどい上司編】【退職編】と上司との関係についての記事もお読みください"(-""-)"

www.grateful-feelings.co

www.grateful-feelings.com

www.grateful-feelings.com

www.grateful-feelings.com