あれこれライフ

転職や仕事や趣味などあれこれ語ります(主に40代男性に送る)

『漂流教室』面白過ぎる魅力について語りたい

これまで読んだ漫画の中で、圧倒的に皆さんにお勧めしたい作品が「漂流教室」です。

 

「ロングラブレター~漂流教室~」というタイトルで2002年にドラマ化され、あまり知られてないですが、1987年に大林宣彦監督で映画化もされています。

 

あらゆる面で衝撃を受けること間違いなしの「漂流教室」の魅力について語りたいと思います!

 

※ネタばれになる記述もあります。未読の方はご注意下さいませ"(-""-)"

あらすじ

漂流教室は「週刊少年サンデー」に1972年~1974年にかけて連載されました。

 

作者はホラー漫画と赤と白のボーダーシャツで有名な楳図かずお先生です。

 

物語の冒頭部分のあらすじになります。

高松翔は、大和小学校の6年生。

ある日、翔は母親とケンカをしたまま学校に行き、授業中に激しい地震に襲われる。揺れはすぐに収まったが、学校の外は岩と砂漠だけの荒れ果てた大地に変貌していた。

突然の出来事に皆パニックに陥り、教師たちは全員亡くなってしまう。

やがて荒廃した世界の正体が、文明の崩壊によって滅んだ未来の世界だと知った子供達は互いに協力し、大和小学校を拠点とした「国」を築くことを決意する。

大和小学校国の総理大臣として児童の代表となった翔は、児童たちみんなが家族であるという意識の下、規律正しい生活のもとで困難を乗り越えていけるよう精一杯の努力を重ねようとする。  

 Wikipediaから引用

衝撃シーン

教師たちはすぐ亡くなる

あらすじにもあるように、

大地震が起きた後、学校の外が岩と砂漠だけの荒れ果てた大地に変貌しました。

 

子供たちもパニックになりますが、それ以上にパニックになったのが教師たちです。

 

自殺する教師や子供を殺しだす教師が現れ、あっさり教師たちは全員亡くなります。

 

給食納入業者てあり、唯一残った大人の関谷は本当にろくでもない大人、、

 

子供たちは自分たちだけで生き残ろうと決意します。

妄想で怪虫が生まれる

「砂漠の中に食料がある」という話を信じて砂漠に繰り出すと、怪虫に何人もが殺されてしまいます。

 

その虫の正体は一人の少年の妄想によって生まれたことがわかります。

 

少年が怪虫を消しさるためにとった行動とは!?

伝染病(ペスト)が蔓延する

怪虫騒ぎのあと、学校で伝染病(ペスト)が満延します。

その病気は未知の病気で子供たちは大混乱します。

 

伝染病を蔓延させないために、子供を焼き殺そうとしたりもう大変です。

 

最終的には母子の愛が伝染病に打ち勝ちます。

子供が盲腸の手術をする

個人的な衝撃度No. 1のシーンです。

 

盲腸に苦しむ主人公を助けようと、医師志望のクラスメイトが手術執刀を申し出ます。

 

当然、麻酔もありません。

手術は成功しますが、子供たちだけで行った、手術シーンの衝撃と臨場感には絶句します。

飢餓や恐怖からの極限状態

飢餓や未知への恐怖が重なり、狂い出す子供たちが出てきます。

 

誰かを生贄にしようとする子供たち。

鳥になりたいと屋上から飛び降りる子供たち。

死体を食べようとする子供たち。

 

極限の状況で狂い出すもの、それでも精神を保つものの対比が見事に描かれています。

 

自分がこの状態になったら、どのような行動を取るのか!?

そんなことを想像しながら、読んでみて下さい。

未来への警告

漂流教室が描かれたのは、高度成長期の真っ只中です。

 

その中で公害や環境汚染のことが言われ始めていました。

しかし、当時は公害などお構いなしで大量生産を大量消費を続けていきます。

 

漂流教室はそんな日本に警鐘を鳴らし、未来の日本の姿への警告を鳴らした偉大な作品です。

時空を超えた母子の愛

もう一つのテーマとして、母子の愛があります。

 

普段はケンカばかりしていますが、母子は固い絆で結ばれています。

 

特に母から子への愛情は何事にも変えようがありません。

 

「母は強し」で子供を助けるために、なりふり構わず行動する母親を見るだけでも、漂流教室は一見の価値ありだと思います。

まとめ

漂流教室は文庫版だと、たったの全6巻です。

 

この中で盛りだくさんの衝撃シーンや深いテーマが入り混じっています。

 

楳図かずおの天才的な「狂気の中の計算」が垣間見れる作品です。

 

半世紀弱前の漫画とは、とても思えず「素晴らしい」という言葉だけでは、陳腐に聞こえるぐらい素晴らしい作品です。

 

最後まで一気読みすること間違いなしの「漂流教室」を是非、体感してみてください!

 

<追記>2020.02.16

合わせて『スラムダンク』『デビルマン』『キン肉マン』の面白さについて語った記事も合わせて、読んでください!(^^)!

www.grateful-feelings.com

www.grateful-feelings.com

www.grateful-feelings.com