あれこれライフ

転職や仕事や趣味などあれこれ語ります(主に40代男性に送る)

他人の評価を気にしてしまうあなたへ

今回は「他人の評価を気にしてしまう」ことについて書きます。

 

誰でも「他人の評価」「他人の目」「他人から言われたこと」は気になりますよね。

私自身もやはり、気にしてしまいます。

どのように「他人の評価」について考えていけば良いのか、まとめていきます。

なぜ、他人の評価を気にしてしまうのか?

承認欲求が強い

誰しも他人から認められると嬉しいものです。

ただ「認められたい」という欲求が強くなりすぎると、常に「他人の評価」ばかりが気になって生きることになります。

 

こうなると精神的にきついですよね。

 

プライドが高い

「プライドが高い人」=「傷つきやすい人」とも言えると思います。

他人からちょっとバカにされたり、見下されたりすると、すぐ「カッ」となって怒る人です。

 

傷つけられることを極端に恐れるあまり、プライドを高く持ち、攻撃されないように自分を守っているのだろうと思います。

 

自分に自信がない

自分に自信を持てなさ過ぎて、見捨てられるのではないかという不安から、他人の評価を気にする人もいます。

 

仕事で言えば、ミスして叱責されただけで

「クビになるのではないか」

「もう出世は望めないんじゃないか」と不安になってしまうタイプです。

 

他人の評価を気にしないようにするために

他人は考えてものを言ってない!?

例えば、あなたに奥さんや旦那さん、または彼女や彼氏がいたとします。

不幸なことに離婚、別れることになりました。

それを友達に伝えたら、友達はこう言いました。

「残念だったな。。また良い人が見つかるよ!早く彼女(彼氏)を見つけようぜ!なんなら紹介しようか??」

別によくある話しですよね。

 

しかし、そう言われて、本当に1週間とか1か月以内に彼女(彼氏)を見つけたら、どう思いますか?

建前)「おおう、、良かったな。。彼女(彼氏)が見つかって!」

本音)「はやっ!もう彼女(彼氏)見つけたのか、、別れたこと、反省してんのかね」

 

近しい友人ほど、「本音」を言ってくるかもしれません。

「早く彼女見つけろ」と言っておいて、本当に見つけたら「はやっ!」と否定してくる。

 

何が言いたいかというと、

所詮、他人の言うことなんて、そんなものだと思うべきなのです。

別に深い意味もなければ、悪気もない。

そして大切なのは、

自分も他人にその程度のことしか言ってないのです。

 

私は正直この言葉を言われたことがあります。。

その時は「失礼なやつだな」と思ったのですが、よく考えたら、逆の立場になったら「俺、同じこと言う」と思ったのです。

しかも、その言葉に悪気は一切なく、ただその時に思ったことを素直に言っただけです。

 

そう考えると、意味もない他人から言われたことを、いちいち気にするのが馬鹿馬鹿しくなりました。

 

自己肯定感を高める

先程も書きましたが、

  • 承認欲求が強い
  • プライドが高い
  • 自分に自信がない

これらは「自己肯定感」の欠如から生まれるものだと思います。

 

自分で自分を認めることができていたら、

  • 他人から認められたい、褒められたい
  • 傷つけられたくない
  • 見捨てられるんじゃないか、嫌われるんじゃないか

これらの気持ちが必要以上に強くならないと思います。

 

やはり、自分で自分を認めていないので、他人から言われたこと全てが「自分の評価」になってしまうのです。

 

もちろん、他人から言われることを「何も聞くな!」と言っているのではありません。

謙虚な気持ちで他人から言われことを受け止める気持ちは大切ですが、他人に言われたこと全てをまともに受けて「自分の評価」にするのはおすすめできません。

 

これも自己肯定感があれば、他人から言われたことに対して、必要以上に「過敏」に反応してなくても良くなると思います。

 

まとめ

他人からの評価を気にしないようにするために大事なポイントは2つです。

「他人の言葉に意味なんてない」と考える。

 

実際、意味がないことが多いですし、仮に嫌味や悪意があって言われても、大切なのは、自分が「意味がない!」と思うことです。

 

相手の気持ちを変えることはできないですし、相手の心の中を読み取ることもできません。

 

決めることができるのは、自分の心の持ちようだけです。

 

そうであれば「他人の言葉には意味がない」と思うようにしましょう。

そうすれば、プラスの効果として、他人からの注意も「意味がない」ということなので、素直に受け取れると思います。

 

2つめのポイントは

自分で自分を認めてあげよう

 

自分が日々、頑張っているか、頑張っていないのか、1番わかっているのは他人ではないはずです。

自分が1番自分のことをわかっていますよね。

  • 自分が自分を認めてあげなかったら、誰が認めてあげるんだ!
  • 自分が自分の味方じゃなかったら、誰が味方なんだ!

こんな気持ちで良いのではないでしょうか。

 

最後にこれはどこがで聞いた言葉です。

「他人の評価を気にし続けて生きても、そうでなくても、人の一生は必ず終わる。そうであれば、どちらの生き方を選びますか?」

 

このように考えると、どちらの生き方を選ぶかは、、決まりますよね!(^^)!