あれこれライフ

転職や仕事や音楽やミステリーなどあれこれ語ります(主に40代男性に送る)

【転職するかどうか迷う】その会社にいつまで期待しますか?

転職に関して「転職するタイミング」=「会社を退職するタイミング」を迷うことがあると思います。

 

以前、会社の辞め時についての記事を書きました。 

www.grateful-feelings.com

 

以前に比べて、転職をすること自体のハードルは低くなっていますが、それでも転職は一大決心で行うものです。

 

今回は「転職をするかどうか」「退職をするかどうか」迷っている方に向けて、考え方についてご紹介したいと思います。

会社にいつまで期待するの?

就業中や仕事終わりの飲み会でも、ずっと会社の愚痴を言っている人がいます。

  • 会社が悪い
  • 社長が悪い
  • 上司が悪い
  • やり方が悪い
  • 商品が悪い

 

大きなことから細かいことまで「よくそんなに悪いところばかり目につくな」と言いたいぐらい、愚痴ばかりを言う人がまわりにいませんか?

 

「そんなに不満なら辞めればいいのに」と率直に思いますが、なかなか辞めようとしません。

 

ずっと愚痴を言いながら「会社に残り続ける」ということも一つの手ですので、否定はしませんが、それでその人は「幸せなのかな」とも考えてしまいます。

 

或いは、愚痴を言ったらスッキリして、次の日から頑張れる人なのかもしれません。

聞かされた方の気分は良くないですが、それも当人が「一つの会社で長く働く手段」と自覚しているのであれば、それはそれで良いのかもしれません。

会社・上司は変わらない

タイトルを「その会社にいつまで期待しますか?」にしたのは、基本的には「会社・上司は変わらない」ことをお伝えしたかったためです。

 

創業したばかりの会社であれば別ですが、基本会社と上司は変わりません。

 

変わるときはそもそも法律が変わった、労基が入った、大きな損害を出したなど、外的要因があって、やっと変わるかなと思っても良いと思います。

 

上司も特に年配の人は変わらないです。

会社も上司もこれまでのやり方で、曲がりなりにも上手くいった結果が現在なので、変わることは難しいです。

 

愚痴を言い続ける人は、何もせずに会社や上司が変わってくれることを期待しています。

 

これは虫が良すぎる話しです。

 

会社や上司は変わらない前提で、その中で「自分がどう考えるか」が重要です。

自分が変わるか転職するか

会社や上司が変わらないのであれば、方法は二つです。

  • 自分が変わるか
  • 転職するか

 

この二点になります。

自分が変わることも二種類に分かれます。

チャレンジし続けてみる

会社や上司は基本「変わらない」前提で物事を考えます。

 

その中でこの稟議や提案を通すためには、どうすれば良いか、自分に出来ることの範囲で考えます。

 

「変わらない」ことを「変えたい」のであれば、手を替え品を替え、チャレンジしてみることです。

 

それでダメになっても、自分が精一杯やるべきことをやったら意外にスッキリして前向きになるものです。

 

「変えたいもの」に対して、

「変わらない」と最初から思うのと「変わるかも」と思って行動するのとでは、前者の方が良い知恵が出ます。

 

「変わるかも」という期待は、相手に隙を見せるだけで油断に繋がります。

「変わらないもの」を「変えよう」とする気持ちから、これまでにはない知恵と行動が生まれます。

 

単純に考えると「給料を上げてくれ!」と期待しても上がらないのであれば「売上を上げる」「新規事業をやってみる」というような行動に出るということです。

 

ただ「給料が上がらないんだよ!」と愚痴っても、それは給料は上がりません。

諦めてみる

「諦める」ことも立派な自分を変えることだと思います。

「給料は上がらない」と諦める。

  • やることだけやって、早く帰って副業で稼ごう!
  • 私生活を節約して、今の給料で生活できるようにしよう

 

諦めたことによって、次のステップに進めます。

 

「あきらめる」=「明らかに見る」ともよく言いますよね。

ここから転職を考えるのも一つの手段です。

 

「チャレンジし続けること」がカッコいいし、自分の成長にも繋がると思いがちですが「諦める」ことも決して逃げではありません。

 

愚痴を言い続けるよりか、よっぽど前向きな選択です。

 

次に自分が何をすれば良いか明確になる訳ですから。

まとめ

転職するか迷ったときは、

まず、転職したいと思った理由が黙っていて、好転するとは思わないようにして下さい。

愚痴っていても始まらないと言うことです。

 

自分の考え方を変えて、

転職したい理由を失くすためにチャレンジするか、諦めて現状を受け入れるか。

 

チャレンジと言っても大袈裟に捉えず「人間関係に悩んだら、部署異動を上司にお願いする」といったことで良いのです。

 

「チャレンジし続けても、全く変わる気配がない」

「諦めて現状を受け入れるのもできない」

となって初めて、転職を考えてみたらどうでしょうか。

 

『やるだけのことをやってダメだったら、転職を考えようよ!

ただ黙っていたら何も変わらないから行動してみようね!

行動するときは変わってくれると期待しない方が良い知恵が生まれるよ!』

 

まとめると、こんな感じです(^O^)

 

結果、転職するという選択になったとしても、現職でできる限りのことはやってみることが大切だと考えます。

 

※転職して良かったこと、悪かったこと、3年以内の退職についてまとめました。

転職を考えたら、参考にして下さい(^^)

www.grateful-feelings.com

www.grateful-feelings.com

www.grateful-feelings.com