あれこれライフ

転職や仕事や趣味などあれこれ語ります(主に40代男性に送る)

つまらない大人にはなりたくない 〜俺の好きなフレーズ〜

題名を見てピン!ときましたか??

 

そう!佐野元春の名曲「ガラスのジェネレーション」の有名なフレーズです。

中学生の頃、これを聴いてよく口ずさんでいました。

 

あなたにも忘れないフレーズはありませんか?

 

今回は私が思い出に残っているフレーズを紹介します!

つまらない大人にはなりたくない

佐野元春「ガラスのジェネレーション」

思春期には本気でこんなことを思っていました。

40代になった今、つまらない大人になっていないか自問自答しています。。

 

ちなみに「ガラスのジェネレーション」、「SOMEDAY」など名曲揃いの佐野元春、初期のベスト盤「NO DAMAGE」はホントにおすすめです!!

 

今、聴いても古臭くはない。かといって懐かしさも兼ね備えている。スタイリッシュでもあり、野暮な青臭さも感じられる不思議なアルバムです。

 

ただ大人たちに褒められるような馬鹿にはなりたくない

THE BLUE HEARTS 「少年の詩」

これも中学生の反抗期真っ只中で、よく口ずさんでいました。

 

今、考えると中学生男子特有の「強がり」だったのかもしれないですね。

褒められたい反面「けっ!俺は大人に褒められるような良い子じゃねぇんだよ!」みたいな、

 

人の不幸が大好きさ

BOØWY 「MORAL」 

これも中学生ぐらいの時に聴いて、衝撃でしたね。

「こんなこと、歌詞にしていいの??」と単純に思いました。

 

今、思うのは少なからず人が持っているダークな部分をよくぞ言ってくれた!さすがヒムロック!と思います。

 

愛はいつも気まぐれが似合いさ

BOØWY 「LIAR GIRL」

同じBOØWYでも、初期の尖った歌詞と末期のおしゃれ!?な歌詞とでは全然違います。

 

これも中学生ぐらいで聴きましたが、その頃は愛なんてわかるはずもありません。

 

その中でも愛は一筋縄ではいかなくて、思う通りにもいかないのは、なんとなく想像はつきました。

それを「気まぐれ」というドンピシャな言葉で表現されていたので、妙に納得したのだと思います。

 

俺に返すつもりならば、捨ててくれ

 寺尾聰 「ルビーの指輪」

これは小学校低学年で聴きました。このルビーの指輪は「何かよくわからないけど、めちゃくちゃカッコいい!」ということだけは、小学校低学年でもわかりました。

 

子供でも感覚的に感じるものがあるんでしょうね。

このフレーズが「男の強がり」であることは、なんとなくわかっていた気がします。

 

乗客に日本人はいませんでした

THE YELLOW MONKEY 「JAM」

これは大学生ぐらいに聴いて「ハッ!」とさせられましたね。

単純にニュースでこのフレーズを聞いて「あー良かったね」と思っていた、自分が恥ずかしくなりました。

 

ああ男にはつらくて長い2つの道が〜

UNICORN 「ヒゲとボイン」

当時のユニコーンは「大迷惑」「働く男」「すばらしい日々」など男の哀愁というか、つらいところをうまーく表現していましたよね。

 

今、考えると民生はまだ20代、、

 

再結成してくれて、1番嬉しかったバンドです。

これからもユニコーンが続く限り、聴き続けます。。

 

それより僕と踊りませんか?

井上陽水「夢の中へ」

「探しものは何か?」と聴いておいて、それは差し置いて「踊りませんか?」なんて言えるのは陽水だけです。

哲学的なのかふざけているのか、、それでも私たちは陽水に魅了され続けています。

 

傷つけ合って生きるより、なぐさめ合って別れよう

吉田拓郎「外は白い雪の夜」 

ルビーの指輪もそうですが、松本隆の歌詞が好きです。

 

この「外は白い雪の夜」は曲自体が1つの映画のようです。

1番、2番の歌詞が男と女からの目線で交互に唄われます。

本当は全部の歌詞を載せたいぐらい、カッコよすぎる歌詞です。

 

出会いも別れも軽くなっている現代。せめて唄の中だけは、こんな痺れるぐらいカッコいい世界に浸りたいものです。

 

夢を抱えて旅でもしないかあの頃へ

吉田拓郎「我が良き友よ」

今の自分に突き刺さります。

 

忙しい毎日に追われている中、ふと友のことを思い出し、「あの頃は良かったな」と思うことがあります。

 

特に感慨深いのが「夢を抱えて」の部分です。

「夢を捨てて」でも「夢を忘れて」でもないんです。

 

いくつになっても「夢を抱えて」ないといけないことを拓郎は言ってくれてるんだと、自分は勝手に思っています。

いかがでしたでしょうか??

思いっきり、40代前半の男性の好みです。。

(陽水、拓郎は年代が違うから、個人的な趣味です)

 

人それぞれ思い出に残っているフレーズがあると思います。

 

洋楽の輸入盤は歌詞カードがありませんよね。

音楽で歌詞を楽しむのは、日本独特の文化かもしれませんね。

 

私は情景が浮かぶ歌詞、フレーズが好きです。

 

秋の夜長に歌詞カードを読みながら、音楽を聴くのも良いのではないでしょうか(^ν^)