あれこれライフ

転職や仕事や趣味などあれこれ語ります(主に40代男性に送る)

40代からの趣味の見つけ方【具体策編】

先日の記事で「40代からの趣味の見つけ方」【準備編】について書きました。

www.grateful-feelings.com

 

「人と関わる趣味を始めて、人生の後半から晩年を幸せで充実したものにしましょう」という内容でした。

 

今回はその続きで「40代からの趣味の見つけ方」【具体策編】になります。

具体的にどんな趣味を始めるかを一緒に考えていけたらと思います!(^^)!

どんな趣味が良いか?

まずお勧めなのは、健康も考えて身体を動かす趣味になります。

スポーツ系

  • ゴルフ
  • 草野球
  • フットサル
  • テニス
  • 合気道
  • 自転車
  • 登山
  • サーフィン
  • ダンス
  • ヨガ

個人競技でも社内や地域サークルに入れば、人と関わることができますよね。

学生時代に部活でやっていたものがあれば、なお始めやすいですよね。

趣味を楽しみながら、健康が維持できれば一石二鳥です!

文化教室系

  • 書道
  • 囲碁
  • 将棋
  • 俳句
  • 絵画
  • 料理

料理とか良いですね。

私は料理が全くできないので、料理ができる男性にとても憧れます。

自分で生活力をつけるためにも、40代以上の男性には特にお勧めです。

その他

  • 釣り
  • バイク
  • ラジコン
  • BAR巡り
  • 楽器、バンド活動

私はバイクを買って、ツーリングをやりたいと思っています。

春や秋の季節の良い時に仲間とツーリングをして、休憩中に缶コーヒーを飲むのに憧れますね。

 

いずれにしても、前回書いたように1人で完結(できる)趣味ではなく、やるのは1人だけど(絵画など)サークルなどに加入して友人や仲間ができるものを趣味にすることをお勧めします。

 

共通の話題があると、友人にもなりやすいですよね。

理想は性別や年齢を超えて友人ができれば1番良いですが、まずは友人を作ることを意識してみてはどうでしょうか。

地域との繋がりも大切

趣味から少し離れますが、地域との繋がりも持つようにしたいですね。

都会や田舎の違いで、地域の行事があったりなかったりで繋がり具合は異なりますが、これも意識して「参加」するようにしてみてはと思います。

 

近所付き合いも人生の後半から晩年にかけて、1人にならないために大切な行動です。

年齢を重ねると「持つべきものは友」という言葉が身に染みます(>_<)

「仲間・友人」と「人脈」の違い

この記事を書いていると、

「仲間・友人」と「人脈」は意味は似ていますが、違うものだと再認識しました。

 

感覚的なものにはなりますが、

「仲間・友人」= 利害関係がない

「人脈」= 利害関係が多少でもある

 このように感じました。

 

仕事や利害関係から離れて「話し合える・助け合える・思い合える」友人が趣味などを通じて構築できれば最高です。

人付き合いが苦手な方へ

ここまで書いておいて何ですが、、

人付き合いが苦手という方もいらっしゃると思います。

ついつい、部屋に閉じこもって本を読んだり、音楽を聞いたり、ゲームをしたりすることが「楽で良いや」という気持ちは大変よくわかります。

 

私もそっちの方が楽で好きです( ゚Д゚)

 

ただ、それでもやはり「意識を外に向けて人と関わること」が大切なのではないでしょうか。

 

ネットの普及で、1人でも楽しめるコンテンツがたくさんあります。

しかも安価で提供されています。

(YouTubeやNetflixを一日中見ていても、それなりに楽しいですもんね)

 

たまにはもちろん良いですが、いつもそうだとそれはそれでどうなのかな、、とも思います( ゚Д゚)

 

人との関わりは煩わしさももちろんありますが、関わりの中でないと得られない充実感もあります。

まとめ

年齢を重ねて思うことは、

「1人で何万円もするフルコースの料理を食べるより、2人で「おいしいね」と言いながら食べるお茶漬けの方が何倍もおいしい」ということです。

 

しんみりしてきましたね、、。。

 

「何をやるか」より「誰とやるか」の方が重要なのかもしれません。

 

あまり難しく考えずに、あまり自分の殻にも籠らないように、気軽な気持ちで人と関わることのできる趣味を見つけて行きましょう!(^^)!