あれこれライフ

転職や仕事や趣味などあれこれ語ります(主に40代男性に送る)

仕事で人間関係に悩んだ時は、こう考えよう!!【最終手段編】

 2回に渡り、「仕事で人間関係に悩んだ時」の考え方と具体的な対応方法について、書きました。

 

www.grateful-feelings.com

 

www.grateful-feelings.com

 

今回は最終回になります。

これまで書いたことを試したけど、ダメだった時は、あの最終手段しかありません。

 

 

退職する

人間関係で退職してもいいじゃないか!

最初に言いたいのは、これです。

 

「人間関係の問題はどこにでもある。だから、人間関係で退職するのは逃げである」という正論もありますが、、

 

逃げで結構!!

 

身体や精神を壊してまで、続けないといけない仕事はありません。

 

正論のために、自分を責めたり、犠牲にしなくていいんです。

 

転職先の面接で退職理由を聞かれ、「人間関係」だと、ストレートに言うと、「あなたにも原因があるのではないか」とマイナスになる可能性があるのは事実だと思います。

 

ただ、それはその時に他の退職理由を考えるとして、今は自分を守ることを先に考えましょう。

 

退職する前に転職先を決めて!

「逃げていいんです」と書いたあと、書きづらいのですが、、

少しだけ、踏ん張って、退職する前に転職先を見つけましょう。

 

その理由は、この記事を参考にして下さいね。

www.grateful-feelings.com

 

どうせ退職するんです。

嫌いな人は思いっきり無視しましょう!!

 

自分の生活の確保のため、妥協せずに転職先を選ぶためにも、少し辛抱して、在職中に転職先を見つけて下さいね。

 

退職になった原因を振り返ろう!

自分を責めるための反省ではありません。

退職したことを教訓にして、できるだけ今後、人間関係で困らないようにするためです。

  • 相手のことを気にし過ぎた
  • はっきりと意見が言えなかった
  • 相手を変えようとばかりしていた
  • コミニュケーションを取れていなかった
  • 上司に本当に困っていると、相談することができなかった

などなど、、ここで大切なのは、

 

自分でコントロールできることと、そうでないとことをはっきりさせることです!

 

振り返り、今後に繋げるのは「自分でコントロールできる部分」だけです。

 

「自分でコントロールできない部分」というのは、「上司に本気で相談したけど、取りあってもらえなかった。そこで、人事部にも相談したが、ここでも取りあってもらえなかった」など、自分ができる範囲のことをやって、結果というバトンが自分にはない状態のことです。

 

まだやれることがあったのであれば、反省して、次からやればいいんです。

やれることを全てやったのあれば、反省する必要はないです。

 

特に自分でコントロールできない部分を反省し出すと、確実に精神的に落ち込んでいき、うつ病などを引き起こす原因になります。

 

やれるだけをやったかどうかが、大切です。

 

やるだけやって、退職になったのであれば、それはしょうがないですよ。

 

まとめ

退職するという結果になったとしても、そこまで人間関係で悩んでいたのであれば、必ず、「退職して良かった」と思える日が来るはずです。

 

今回、3回に渡って書いたのは、「人間関係で悩んだ後」いわゆる、「人間関係という問題」が起きた後の考え方や対応方法です。

 

人間関係の問題が起きた後は、これまで書いたことを是非、やってみて下さい。

 

ただ、1番ベストなのは

「人間関係の問題が起きないこと」ではないでしょうか。

 

もちろん、こちらがどれだけ気をつけても、人間関係の問題が起きることはあります。

100%回避できる、スペシャルな方法はありません。

 

私がお伝えしたいのは、人間関係の問題が起きる可能性を1%でも下げるために、「自分ができることはやってみよう」ということです。

  • まわりに優しくできているか
  • 自分だけが良ければいいと思っていないか
  • ものの言い方がきつくないか
  • 相手をバカにしたような態度を取っていないか
  • 誰にでも公平に接しているか
  • あいさつはできているか
  • 相手の立場に立った行動ができているか

など、自己チェックが大切ではないかと思います。

 

まとめとして、最後にお伝えしたいのは、、

人間関係の問題はいくら気をつけても、起きる時は起きる。ただ、1%でも人間関係の問題が起きないようにするために、人に優しくできているかなど、自分で自分をチェックしていこう!(^^)!