あれこれライフ

転職や仕事や趣味などあれこれ語ります(主に40代男性に送る)

【転職】年収アップだけを狙った転職をするために【方法編】

転職する理由は人それぞれだと思います。

人間関係に疲れて転職する

仕事のやりがいを求めて転職する

長時間労働に耐えられなくて転職する

 

今回は様々な転職理由から「年収アップ」にターゲットを絞ってお話ししていきます。

 

どうすれば「年収アップ」が実現できる転職ができるかをご紹介します!

お金はみんな興味がある

この記事を書くきっかけは、3日前に書いた記事がご好評いただいたためです。

www.grateful-feelings.com

 

給料についての関心の高さと「自分の給料は安い!」と思われている方もやはり多いのだと感じました。

 

もちろん私もお金は大好きです( ;∀;)

 

転職をして年収が下がったという話しも、よく聞きます。

しかし、せっかく転職するのであれば年収アップの転職を勝ち取りたいですよね。

自分の希望年収を妥協しない

以前、転職は長期戦で考えてみましょうと書きました。

www.grateful-feelings.com

 

単純に考えると、年収アップをするためには、

「年収アップする会社にしか転職しない」ことが答えです。

 

ただ「それを言ってはおしまい、、」となるので、具体的に説明します。

自分は時価の商品

このような価値観を持つとわかりやすいと思います。

 

簡単に言うと、

「おたくの会社は俺をいくらで買ってくれるの!?」ということです。

 

この会社は年収400万で買ってくれる。

あの会社は年収500万で買ってくれる。

 

よく言われる「市場価値」とはあくまで目安の金額です。

 

年収アップだけを目的とした転職であれば、あなたを1円でも高く買ってくれる会社に行くことです。

転職活動時に行うこと

人材紹介会社を活用する場合

転職エージェントにはっきり「希望年収は○○円、それ以下の年収では絶対に入社しません」と伝えて下さい。

 

転職エージェントもはっきり言ってもらった方がわかりやすいですし、求人を探しやすいです。

 

シンプルで当たり前の考えかもしれませんが、「年収は○○円ぐらい欲しいな」と曖昧にはしないでください。

 

エージェントはあなたを転職先に入社させないと成功報酬を貰えないわけですから、年収が希望年収より低い求人も勧めてきます。

 

スキルにもよりますが、単純に考えると年収が低い方が内定が出る可能性が高くなります。

 

エージェントはとにかくあなたに入社してもらわないと意味がないので、内定が出れば入社を勧めてきます。

 

年収アップに妥協しないためにも、はっきりとエージェントに希望年収を伝えて貫き通しましょう。

www.grateful-feelings.com

 

www.grateful-feelings.com

転職サイトを活用する場合

ここも希望年収の求人に応募する訳ですが、求人の年収(給料)には下限から上限というものがあります。

 

【給料】

「○○○○○円〜○○○○○円」というものです。

 

ここの考え方は会社によって違います。

本当にMAX上限の給料を出す会社もあれば、出す気がないのに求人者を募るために、上限の金額を高く設定している会社もあるのが現実です。

 

また面接まで行き、あなたが本当に欲しい人材であれば、求人で提示していた年収より高く提示してもらえる場合もあります。

 

考え方としてはある程度自分の希望年収の求人であれば、応募してみても良いと思います。

 

【例】

希望年収:500万

求人年収:400万〜480万

このぐらいであれば、希望年収の500万を提示してもらえる可能性はあります。

 

50万以上開きがあると難しいかもしれません。

ハローワークを活用する場合

ハローワークを活用する場合は転職サイトを活用する場合と考え方は基本同じです。

 

ただ40代以上で年収500万以上クラスの求人はハローワークでは少ないのではないでしょうか。

 

やはり年収だけを考えるのであれば、人材紹介会社か転職サイトの活用をお勧めします。

「何ができるか」を基準に考える

年収アップを狙うためには、自分が「何がしたい」で考えるのではなく「何ができるか」を基準に考えて下さい。

 

「自分は時価の商品」と書きましたが、自分の価値を上げるためには「やりたいこと」のアピールではなく「できること」のアピールをするべきです。

 

会社も採用時にコスパを考えます。

 

「これぐらいできるのであれば、この年収を提示しよう」となりますので、特に30代以上で年収アップを狙う転職をするのであれば「できること」アピールに注力して下さい。

「頑張れば年収が上がる」は期待しない方が良い

転職エージェントからよく言われることが、

「ここの会社は頑張ったら、給料が上がると言われているので、入社時の年収は我慢して頑張って結果を出して、どーんと年収を上げてもらいましょう!」

 

あまり信用しない方が良いです( ̄▽ ̄)

 

大企業で給料体系が完璧で明確に決まっているのであれば、まだ信用できますが、中小企業のこの言葉はほとんど信用できません。

 

理由として、

「頑張ったら」の基準が曖昧過ぎるからです。

 

「何をどう頑張って、このような成果を出したら給料が月で5万円上がる」ぐらい明確ではない場合は期待しない方が無難です。

 

もちろん頑張って成果を出したら、給料を上げてもらえる場合もありますが、入社前や面接での口約束は大抵あてにはなりません。

 

会社の売上や景気など、左右されるものが多すぎます。

 

本当に年収アップの転職に拘るのであれば、入社時の年収を上げることに注力して下さい。

まとめ

年収アップの転職方法についてご紹介しました。

 

「当たり前」の話しが多かったかもしれませんが、年収アップだけを狙った転職をするのであれば、まずは「この希望年収でなければ絶対転職しない!」と決めることから始めましょう。

 

この点を「早く転職先を決めたい!」などの理由で結構妥協してしまう方も多いように思えます。

 

もちろんこれも当たり前ですが、年収は自分のスキルや経験、人柄にも左右されます。

あまりに自分のスキルとかけ離れた、無謀な年収を希望しても、それは転職できません。。

 

長期戦覚悟で粘り強く転職活動を行なってい

き「何がしたい」ではなく「何ができるか」をアピールして、年収アップの転職を目指しましょう。

 

※合わせて「お金」ではなく「やりがい」が基準で転職を考えた場合の記事もお読み下さい。

www.grateful-feelings.com

【アフィリエイトをするなら「amazon」「楽天」とも提携が簡単な「もしもアフィリエイト」をおすすめします!】