あれこれライフ

転職や仕事や趣味などあれこれ語ります(主に40代男性に送る)

「仕事がつまらない」と思ったら、こう考えてみよう!!(単調な仕事・仕事が合わない編)

仕事つまらない

 「仕事がつまらない、、」と思っている人は年代を問わず、多いのではないかと思います。

 

「つまらない仕事」を「生活のためだから、しょうがない、、」と割り切って、毎日を過ごすのも、1つの手ですが、どうせなら、少しでも「つまらない仕事」を「楽しい仕事」に変えていきたいですよね。

 

「仕事がつまらない」理由は人それぞれ、様々あると思います。では、それぞれ考えていきましょう!!

 

単調な仕事でつまらない

 「毎日、毎日、同じことの繰り返し、、。単調な仕事に飽きてしまった」という、あなた!!

 

ここで、考えたいのが、同じ仕事をしても飽きてしまうと感じる人と、そうでない人がいるということです。

 

この違いは何でしょうか??

 

私はやはり、

「仕事の内容どうこうより、その人の捉え方」に原因があると思います。

 

単調な仕事の中でも、

  • 自分なりの工夫や向上心を持って、仕事に取り組んでいるか?
  • いかに早く仕事を終わらせるか?
  • いかに工数をかけずにこれまでと同じ成果が出せるか?
  • いかに協力し合って、今より良い成果が出せるか?

などなど、単調な仕事を単調にしないようにするのも自分次第です。

 

でも、よーく考えたら、人手不足の業界も多く、1人当の仕事量が増えている中、「仕事が単調だなー」と思うということは、「仕事が楽勝!」と思っているということなので、恵まれていると考える方がよいかもしれません。

 

業務量が多く、長時間労働になるより、よっぽどマシです!!

 

結論

仕事を単調にするのもしないのも、あなた次第!まわりに責任を求めるのではなく、自分が単調な仕事にしないように工夫してみましょう!!

 

仕事が自分に合っていない

よくあるのが、

人と話すのが苦手なのに、営業をやっている。

PC作業や細かい作業が苦手なのに、事務をやっているなどです。

 

ただ見方を変えてみると、

人と話すのが好きだから、営業成績が上がるのか?

PC作業が好きたから、ミスなく、効率良く、事務作業ができるのか?

 

「好き=成果が出る」とは単純に言えないと思います。

 

現実、人と話すのが好きで、ついつい自分ばかり話し過ぎて、売れない営業マンはたくさんいます。

PCは得意で、PCが出来ることであれば、実力を発揮しますが、人の書類チェックなど目視で行うこと、PCを介さないことはできない事務もいます。

 

「好きこそものの上手なれ」という言葉があるように「好き」の方が「嫌い」よりかは、上達するのは早いでしょうが、一概には言えないということです。

 

口下手で自分から話しのが苦手な営業マンの方がお客さんの話しをよく聞くので、結果、営業成績が良いというやつです。

(営業は話しをして、説得させるのではなく、コミニュケーションの中から、お客さんの要望や問題点を聞き出し、それに対して、対応作が、「ウチの商品です!!」とやるのが基本ですよね。この辺の営業の話しは、また次の機会に、、^_^)

 

自分の性格や好きなこと、嫌いなことは、自分か1番よく知っています。

 

ただ好きなこと=仕事の成果に繫がるとは限りません。まずは今、目の前にある仕事に全力投球してみてはどうでしょうか。

 

営業であれば、営業成績が上がったり、お客さんから喜んでもらえれば、嬉しいですよね。そうやって成果が出れば、どんな仕事でも楽しくなります。

 

結論

仕事が自分に合ってないから、つまらないと決めつける前に、本気でその仕事に取り組んでみませんか?本気で取り組めば、何らかの成果が出ます。成果が出れば仕事は自然に楽しくなりますよ!

 

「仕事がつまらない」と一口に言っても、様々な理由があります。次回は他の理由についても考えてみますね。

 

↓日本ブログ村に参加しています。クリックのご協力をお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村