あれこれライフ

転職や仕事や趣味などあれこれ語ります(主に40代男性に送る)

「仕事がつまらない」と思ったら、こう考えてみよう!!(給料が安い、、編)

前回は「仕事がつまらない」中でも、「やりたくない仕事」に対しての考え方について、書きました。

www.grateful-feelings.com

 

www.grateful-feelings.com

 

今回は非常にシビアな問題で、、

「給料が安い」ときの考え方について、書きます。

 

給料が安い、、じゃあどうする??

給料については、一昔前の

  • 年齢を重ねれば、自然に上がっていく
  • お金は汗水垂らして、稼ぐもの
  • 残業代で稼ぐ

これらの考え方が崩壊しました。。

では、具体的にどのように行動すれば、良いでしょうか??

今の会社の賃金・昇給体系、退職金の有無を調べる

まずは、給料や退職金、福利厚生など、今の会社の「お金」に関することを調べてみましょう。

  • 給料規定、就業規則を読む
  • 先輩社員に聞いてみる
  • 人事部や総務部に聞いてみる

 

あくまで、さりげなーく見たり、聞いたりして下さいね。勤務中に給料規定をずっと眺めていたり、人事、総務部に根掘り葉掘り、お金のことを聞くと煙たがれるかも、知れません。。

 

飲みに行って、先輩社員に聞くのは良いかもしれません。とにかく情報収集して下さい。

 

情報収集した中で、自分が何年後には大体、収入がいくらになっているか、試算してみましょう。退職金がある場合は、定年まで勤務したと仮定して、試算しましょう。

 

もちろん、景気や会社の業績、昇進次第で、給料は変わってきますが、あくまで、試算と考えて下さい。

 

試算が出たら、

  • 今は給料が少ないけど、○歳には○○円貰えるから、このまま頑張ろう
  • この昇進試験、資格を取ると、給料アップするから、チャレンジしよう
  • このまま頑張ってもダメだ、こりゃ、転職しよう
  • 給料は生涯少ないけど、残業がなく、楽だから、副業をして足りない分を補おう

 

などなど、何らかの答えが出ると思います。

 

答えが出たら、その方向性に向かって、走り出すだけです。

 

自分の人生の方向性を決定するため、情報をできる限り集めて、分析してみて下さい。

 

「給料は安いけど、人間関係も良いし、仕事自体は楽だから、このままでいいや」でも、もちろんOKです!

 

自分の人生の方向性が決まれば、気持ちも楽になると思いますよ。

 

副業を始めてみる

「収入源=給料だけ」ではなくなり、副業を始めたり、考えている人も多くなりましたね。

 

私もその1人でブログを副業として、収入を得られたら、いいなーと思い、試行錯誤中です。。

 

給料は安いからという理由だけでなく、大企業でも、将来どうなるかわからないですし、自己防衛のために、少しずつでも副業のことは考えた方が良いでしょうね。

 

転職を考える

先程も書きましたが、今の会社での試算の結果、「こりゃ、未来がないですわ、、」と思ったら、転職を考えましょう。

 

転職活動は現職に在職中に行って下さいね。

詳しくはこの記事を参考にして下さい。

www.grateful-feelings.com

 

www.grateful-feelings.com

 

給料だけを考えると、やはり、同業他社に転職するか、マネジメントを必要とする、管理職に転職すべきです。

 

在職中の転職活動は、人材紹介会社、転職エージェントを活用をおススメします。年収アップやキャリアアップの相談に乗ってくれます。

www.grateful-feelings.com

 

www.grateful-feelings.com

 

過去記事のオンパレードになってきたので、、ついでに、面接対策の記事も参考にして下さい!

www.grateful-feelings.com

 

www.grateful-feelings.com

 

www.grateful-feelings.com

まとめ

「給料が安い」ことをそれだけで、終わらすのではなく、現状分析をして、何かしらの行動を取っていきましょう!!

 

ここで、注意していただきたいのが、昔と比べて「終身雇用」は崩れつつはありますが、それでも日本はまだ、普通に勤務していれば、解雇されることはほぼありません。

 

ただ、時代の変化が激しく、安泰と思われている企業でも、将来はリストラや早期退職などが「絶対ない!」とはどの企業でも言い切れません。

 

また、うつ病など、精神的はもので、休職や退職される方が以前より増えています。

合わせて、親の介護や離婚などの家族の問題で、就業が困難になることもあるかもしれません。

 

不安を煽りたいのではなく、昔に比べて、新卒で入社して、定年まで勤め上げることが、難しくなっているのも確かですし、選択肢も増えています。

 

ただ現状を嘆くだけでなく、自分の人生ですので、自分で考え、後悔のない人生を送れるように行動していきましょう!!