あれこれライフ

転職や仕事や趣味などあれこれ語ります(主に40代男性に送る)

管理職が知っておきたいモンスター部下について【対処方法編】

管理職が知っておきたいモンスター部下について【対処方法編】になります。

 

モンスター部下の【特徴編】も合わせて、お読み下さい。

モンスター部下が生まれる背景と私が経験した実例をご紹介しています。

www.grateful-feelings.com

今回は具体的にモンスター部下に対して、どのように接して対応をしていけば良いかをご紹介していきます。

 

モンスター部下を侮ってはいけません、、

管理職の方はしっかり対策を練って、自分の身は自分で守っていきましょう!

モンスター部下への対処方法

意思伝達はできるだけメールで行う

モンスター部下は自分の都合の良いように物事を解釈する傾向があります。

指示の揚げ足を取って仕事をサボったり、勝手に他の人に仕事を振ったりします。

 

指示や情報共有、報連相はできるだけ証拠に残るメールで行いましょう。

 

口頭で指示や情報共有をすると、

・そんなことは聞いていない

・そうだとは思わなかった。自分はこういう風に思った

(上司はAと指示したことを、解釈を曲げてBだと認識する)

 

わざとなのか、コミニュケーション能力や認識能力が低いのか、いわゆる「会話にズレ」が生じます。

 

この時、口頭だと結局は「言った、言わない」の話しになり、問題が解決しません。

 

この「言った、言わない」問題を発生させないためにも、モンスター部下とはメールで指示や情報共有、報連相をしましょう。

曖昧な表現を使わない

先程も書きましたが、モンスター部下は自分の都合の良いように物事を解釈しますので、メールにしても曖昧な指示はいけません。

 

小さな子供に言うように、、

  • 何月何日までに(いつ)
  • モンスター部下が(誰が)
  • ○○の業務を(何を)
  • ○○社に提出するため(なぜ)
  • 完成したら、メールで報告するように(どのように)

このように5W1Hを使って、とにかく具体的に指示を出して下さい。

 

具体的な指示を出すことはモンスター部下が都合の良い解釈をして、指示を間違えないようにするためでもありますが、1番の目的は、

 

『自分を守るため』です。

 

前回の【特徴編】で「モンスター部下は仕事ができないことを上司のせいにしてくる」と書きました。

 

具体的な指示をメールに残しておけば、モンスター部下も言い訳ができなくなります。

 

モンスター部下が責任から逃げるための常套句の「聞いていません」「自分はAではなくBだと思ってました」も通用しません。

 

メールとして文字が残れば、何かあったときにそれが証拠になります。

言い方に細心の注意を払う

ほぼ、修行のような感じですが、、

言い方一つですぐ「パワハラ」「セクハラ」と言ってくるのが、モンスター部下です。

 

最近はスマホにボイスレコーダー機能がついていますので「会話は録音されている」と思って話しをしても良いと思います。

 

ここで一番気をつけないといけないのが、

「挑発されたとき・ケンカを売られたとき」になります。

 

普段の会話は細心の注意を払っていても、挑発されたりすると、ついカッとなって大きな声を出してしまったりすることはどうしてもあると思います。

 

モンスター部下はその大きな声を出されたことを「パワハラされた」と言ってきます。

 

それまでの「前提にあったこと(挑発した)」ことは全て無視して言ってきます。

 

挑発されても、ケンカを売られてもとにかく冷静に対処してください。

 

挑発されそうになったら、逆にこちらが「ボイスレコーダーで録音」することも効果的です。

 

自分が「録音している」ことを意識することで冷静にいることもできます。

挑発され始めたら、一旦席を外し、録音準備をしましょう。

指導・注意するときは一人では行わない

管理職であれば、どうしてもモンスター部下に指導・注意をしなければいけません。

 

一番してはいけないのことが、個室でモンスター部下と「一対一」で話しをすることです。

 

管理職としては気を使って「みんなの前で注意するのも可哀そうだから個室で注意しよう」と考えますが、そんなこちらの気遣いを逆手に取るのが、モンスター部下です。

 

まわりに人がいないことを逆手に取り、

  • こんなパワハラ・セクハラを受けた
  • こんなひどいことを言われた
  • 私の話しを全く聞いてくれなかった
  • 怒鳴られた・怒られた

こんな形で全く事実と異なることを平気で言ってきます。

 

こうならないためにも「一対一」での指導や注意、面談などは行わず、必ず複数人で対応するようにしましょう。

自分を守ることが最優先

モンスター部下に対しては「モンスター部下を変える」行動に重点を置くのではなく、「自分を守るため」にどうすれば良いかに重点を置いて考えてください。

  • 証拠を残すためにメールを使う
  • 曖昧な表現を使わない
  • 言葉遣いに気を付ける
  • 「一対一」で話すことを避ける

 

これらは「管理職」と「モンスター部下」以外の第三者が確認したときに「モンスター部下に非がある」と思ってもらう証拠にするためです。

 

モンスター部下は口が達者です。

第三者に事実とは異なることを言いだします。

 

特に女性のモンスター部下は「泣きながら」第三者に事実と異なることを言い出すことがあるので、それだけで管理職が悪者になる場合があります。

 

「泣きながら」は反則なのですが、、それを言っても始まりません"(-""-)"

 

対応、対策に困ったときは「自分の身を守るためにはどうすればよいか」を念頭に置いて、行動をしましょう。

モンスター部下は徹底的に責めてくる

モンスター部下で最も注意しないといけないことを、一般的な部下とモンスター部下を比較をして具体例を紹介します。

 

例えば、口頭で指示をした場合に一般的な部下でも「聞いていない、こうだと思ってた」という、多少の食い違いは誰でもあると思います。

 

その時は具体的な指示をしなかった上司も悪いし、確認しなかった部下も悪い。

 

今後はお互いに意思疎通をして、次からは「食い違いをなくしていこう」というのが、一般的な対応方法です。

 

モンスター部下の場合、問題なのが、そのような食い違いでも、

「100%上司が悪い、自分は悪くない」と主張してくるところです。

 

また、 1%でも上司に非があれば、そこを突いてきます。

 

優しくて真面目な上司であれば、その1%の非を認め「自分の言い方、やり方も悪かった」と反省するでしょう。

 

そこで話しが終わればまだ良いのですが、

モンスター部下はその管理職の「1%の非」を人格否定や能力不足と責めてくるので、手に負えないのです。

 

「上司として使えない」や「上司として能力がない」と上司本人に言う場合もありますし、上司のさらに上の上司やまわりの人に吹き込んでいきます。

 

上司も当然、神様ではないので間違いもあります。

多くの仕事や部下を抱えているケースもあり、1つ1つの仕事を完璧にできる訳がありません。

 

上司がミスをしても(あまりに頻発してはいけないですが、、)一般的な部下は「○○さんも、忙しいからな。しょうがないよな」で終わります。

 

モンスター部下は、自分のミスは自分で許しますが、人のミスは徹底的に責める習性があります。

 

優しくて真面目な上司は自分に「1%でも非」があるので、モンスター部下からの攻撃をまともに受けて、精神的に追い込まれていきます。

 

上司だって人間です。

 

モンスター部下に責められても、自分を責めないようにしてください。

 

相手は「上司なんだから、しっかりしないといけない」とそれだけを聞くと、正論を言ってきますが、必要以上の攻撃や人格否定は明らかにおかしいです。

 

モンスター部下に潰されないようするために「相手は徹底的に攻撃してくること」をあらかじめ念頭に置き、攻撃されてもスルーするぐらいの気持ちでいましょう。

 

また攻撃されても決して「自分が悪い」と自分を責めないでください。

 

自分を責めれば責めるほど、モンスター部下の思うツボです。

まとめ

ここまで書いていると「ほんとうにそんなモンスター部下いる!?」と思う方もおられるかもしれませんが、実体験に基づいて書いています( ;∀;)

 

もちろんモンスター部下に出会わないことが一番良いですが、、今回書いたことが少しでも当てはまる部下(社員)がいたら注意してください。

 

モンスター部下は常識が通じないので、正攻法でいってもダメなのです。

 

次回もモンスター部下について、さらに掘り下げて「最終手段」としての対処方法についてご紹介したいと思います!

 

合わせてモンスター部下に対して【最終対処方法編】もお読みください"(-""-)"

www.grateful-feelings.com

【アフィリエイトをするなら「amazon」「楽天」とも提携が簡単な「もしもアフィリエイト」をおすすめします!】