あれこれライフ

転職や仕事や趣味などあれこれ語ります(主に40代男性に送る)

自分の機嫌は自分で取る。人に取ってもらおうとしない

あなたは自分の機嫌が悪い時にどのように対処をされていますか?

もしかしたら不機嫌なの時に「誰か私の不機嫌を直して!」と思ったりしていないでしょうか?

 

今回は「自分の機嫌は自分で取る。人に取ってもらおうとしない」と題して、機嫌についての考え方についてご紹介をしていきます。

是非、最後までご覧下さい。

自分の機嫌は自分で取る

この言葉は芸人のみやぞんさんが「世界の果てまでイッテQ」(日本テレビ)の中で言われた言葉です。

 

非情に素晴らしい言葉で深く印象に残りました。

機嫌が悪いのは誰の責任?

誰でも機嫌が悪くなることはありますよね。

その機嫌が悪くなったのは誰の責任でしょうか?

 

自分ですよね。。(>_<)

 

機嫌が悪くなるような外的要因があったとしても、最終的に「機嫌が悪い」という感情を選択したのは自分です。

同じような外的要因があったとしても「機嫌が悪くなる人」と「そうでない人」がいるので、やはり自分が「機嫌が悪い」という判断を下したことになります。

機嫌を誰かに取ってもらおうとする心理

機嫌が悪いときに「誰か私の機嫌を直してくれ!」という態度を取る人がいます。

自分で機嫌を直すことを知らない(しない)のであれば、当然周りに機嫌を直してもらおうとする行動にでます。

 

しかし、この行動は周りの人に取っては本当に迷惑です。

 

自分で「機嫌が悪い」選択をした上に、周りの人に「私の機嫌を直せ」と言っているということです。

文章にすると「とんでもないやつだ!」となりますが、その人が「機嫌は自分で取る」ことを知らなければ、その人の機嫌取りは必然的に周りの人になります。

 

「私の機嫌が悪いのはあなたのせいだ!」とばかりに、機嫌が悪い張本人は周りの外的要因に「自分が機嫌が悪い」責任を押し付けています。

 

周りは本当に嫌な思いをするので、改めて「自分の機嫌は自分で取る」ことをまずは認識をすることが大切です。

感情のコントロールができるか?

「自分の機嫌は自分で取る」ことを認識したとしても、いざその場に立ったら、感情のコントロールをすることが難しい人もいます。

 

大人なんだから「感情のコントロールはできるでしょう!」、、と言いたいところですが、なかなか大人でも感情のコントロールが難しい人がいます。

 

不機嫌な人に「自分の機嫌は自分で取れ!」と言って、感情のコントロールができずに、ますます不機嫌になる、、この負のループは避けたいですよね。

 

感情のコントロールが上手くできない人には「自分の機嫌は自分で取る」理由を説明しましょう。

  • 機嫌は悪いより良い方が自分自身が幸せになれる。しかも機嫌を決めるのは自分。
  • 機嫌が悪いことは周りに取ったら迷惑でしかない。

 

これまでお話ししてきたように「自分で機嫌を取る」理由は上記に書いた通りです。

 

プラスでこのことは、

「した方が良い」のではなく「しなければいけない」ことだと教えてあげて下さい。

「better」ではなく「must」です。

 

自分が幸せになるため、周りに迷惑をかけないために「しなければならない」ことだと思います。

 

私自身もこの言葉を10代の時に知っていれば、「人生変わっていたかな」とまで思います。

もし若い内に、10代でこの真実を知ることができたのであれば、本当にラッキーです!

 

「感情のコントロール」という問題は性格だけでなく、現代では「病気」と定義されることもあり、本人だけでは治せない問題かもしれません。

 

ただ「自分の機嫌を取る」ことは「must」なんだと自分自身にも周りの大切な人にも、何度でも繰り返しになっても、伝えて理解してもらいたい言葉です。

まとめ

「自分の機嫌は自分で取る」この言葉についてご紹介をしました。

 

新型コロナの影響もあり、不機嫌になる出来事も多くあります。

しかしそんな外的要因に負けずに、

  • こんな中でも、自分は自分なりに頑張っているよな。
  • こんな上司の元で俺はよくやっているよ。
  • 仕事や家庭で理不尽なことがあっても、私はよく耐えてるよな。

 

こんな感じで、自分で自分の機嫌を良くしてあげて下さい。

それだけでも幸せな気持ちになれます。

是非、実践してみて下さい!

 

※合わせて下記の記事もお読みください!(^^)!

www.grateful-feelings.com

www.grateful-feelings.com