あれこれライフ

転職や仕事や趣味などあれこれ語ります(主に40代男性に送る)

ファミコンが当時の子供たちの生活を変えた⑤【周辺機器編】

コロナウィルス騒動のため、自宅にいる時間が増えました。

 

小学生の子供たちは学校も休校になり「ニンテンドースィッチ」で「マインクラフト」や「フォートナイト」に夢中です。

 

ふと自分も子供の時に「ファミコン」や「ドラクエ」に夢中になったことを思い出して、記事にしました。

www.grateful-feelings.com

www.grateful-feelings.com

www.grateful-feelings.com

www.grateful-feelings.com

 

今回は【第5弾】で「ファミコン」中でも、印象に残っている「周辺機器」について、あれこれ語りたいと思います!(^^)!

ファミコン周辺機器の数々

思いつく限り、ご紹介します!

今、考えると時代が早すぎたものや「何でこんなもの作ったの?」というものまで様々ありましたね。

光線銃シリーズ

  • ワイルドガンマン
  • ダックハント
  • ホーガンズアレイ

ファミコンの初期に発売されました。

「テレビ画面に向かって銃を撃って、画面の敵を倒す」なんて、当時の子供たちはワクワクしながら楽しみました。

 

ただ、難点は「銃を撃つ」だけなので、飽きるのも早かったように思います。。

ファミリーベーシック

「簡単なゲームプログラムを自作できる」触れ込みでしたが、これは完全に時代が早すぎたのと子供たちには難し過ぎました。

「占い」しかしなかった(難しくてそれしかできなかった)記憶があります。

 

学校でプログラミングが必修になりつつある現代であれば、もっとヒットしたかもしれませんね。

ハイパーオリンピック

皆さんはどんなものを使って「連打」をしていましたか!?

 

私はガチャガチャの空の丸いケースを使って「こすって」いましたね( ;∀;)

あとは痛いけど、、爪でこするか。

 

ものさしをはじいて振動で連打させる方法もありました。

 

走り幅跳びや110mハードルはジャンプする「タイミング」も重要で2つのボタンしかありませんでしたが、好記録を出すためにいろいろ試しましたね。

ファミリートレーナー

マットの上で走ったり、飛んだりするので、「ドンドンするな!」と親から怒られた記憶が非常に強く残っています( ゚Д゚)

一軒家ならまだしも、マンションなどの集合住宅ではなかなか思いきって、できないゲームでした。

 

ファミリートレーナーの中では「風雲!たけし城」(懐かしい、、)のソフトが楽しかった印象があります。

ロボット

これは一体何だったんでしょうね!?

ロボットが「まごまご」動いているのを見ているだけだったような、、

 

大きな期待を背負って発売されましたが、面白いとかそういう次元ではなく「どうやって遊ぶの??」と頭の中が「??」になった記憶しかありません。。

ディスクシステム

いやー皆さん「書き換え」していましたか?

私は500円玉を握りしめて、おもちゃ屋で「書き換え」をしていました。

 

ディスクシステムのソフトは「ディスクカード」と呼ばれてA面とB面がありましたね。

  • ゼルダの伝説
  • リンクの冒険
  • スーパーマリオブラザーズ2
  • ファミコン探偵倶楽部
  • メトロイド
  • アイスホッケー
  • パルテナの鏡

などなど、名作も多かったですね。

 

ロードする時間が長かったり、ソフトの供給も思うようになかったのか、実質は2年ぐらいの短命で終わりました"(-""-)" 

まとめ

5回に渡り、懐かしい「ファミコン」についてご紹介しました。

 

振り返ると「ファミコンから様々なことを学んだな」としみじみ思います( ̄▽ ̄)

  • 協力することの大切さ
  • クソゲーを買った時の理不尽さ
  • 冒険の書が消えた時の理不尽さ
  • カセットをたくさん買って貰える家との貧富の差( ・∇・)
  • クリアした時の充実感や満足感
  • レベルが上がる、上手になっていく楽しさ

 

「楽しいことも悲しいこと」もファミコンは教えてくれました。

タイトルにもあるように、ファミコンは当時の子供たちの生活を変えてくれました。

 

今は「ニンテンドースィッチオンライン」に加入すれば、全てではないですが、ファミコンやスーパーファミコンのソフトも楽しめます。

1週間の無料体験もついているみたいですね。

 

 「ファミコンミニ」や「スーパーファミコンミニ」でも楽しめます。

GWに「自宅にいても退屈だ」という時は、懐かしいゲームでもやって、あの頃にタイムスリップしてみませんか(^O^)