あれこれライフ

転職や仕事や音楽やミステリーなどあれこれ語ります(主に40代男性に送る)

全て自己責任という非情さ

自己責任という言葉を聞いてどんな印象を受けますか?

意味としては、自分の行動や過失に対して自分で責任を負うことです。

 

ネットの普及に伴い、あまりにも厳しく過剰な自己責任論が叫ばれ過ぎている感じがします。

今回はこの自己責任について書きたいと思います。

自己責任は必要?

まず自己責任という考えは必要でしょうか。

基本的な生活をする上では必要になってくるとは思います。

 

自分が行ったことに責任を持たなければ、社会や他人に頼りきった、秩序のない世の中になってしまいます。

 

大人は子供に対して「自分でやったことに責任を持ちなさい!」と叱ることがあります。

 

例えば「宿題をする」という自己責任を果たさないと先生から叱られます。

 

あんまり良い例えではないかもしれませんが「宿題をする」という自己責任を果たさないと自分に取って嫌なこと、つらいことが待っていると学習して、子供は自己責任は果たさないといけないと学んでいきます。

 

大人になると子供より、自分の行動に責任を持たなければいけません。

 

やはりある程度の自己責任は必要になってきますが、今回お伝えしたいのは「この自己責任論が厳しくなりすぎていないか」ということです。

そんなに責めないといけない!?

軽装や準備不足で登山をして遭難したり、海外の危険紛争地帯で捕まったりすると「自己責任だから助けなくていい!」「税金を使ってまで助ける必要はない!」などと主にネットで書き込みをされます。

 

率直な感想としては、

「そんなに責めないといけない!?」と思ってしまいます。

 

確かに物事を軽く考えてしまい、他人に迷惑をかけることにはなりますが、迷惑をかけられた当人が言うならまだわかります。

 

全く関係のない第三者が自己責任論を叫ぶのはやはり「言い過ぎでしょ」と素直に思ってしまいます。

 

自己責任という言葉が一人歩きして、あまりにも失敗や過失に対して、過度に厳しい社会になっているのではないでしょうか。

しょうがない失敗も自己責任

先程のように準備不足や軽く考えてしまい、結果失敗して「自己責任」と言われるのは厳しく責める必要はないですが、言っていること自体は理解はできます。

 

しかし理解できないのは、準備万端にしていても、気をつけていても、失敗や過失を犯すと自己責任と言われることです。

 

例えば気をつけていても「振り込み詐欺」に引っ掛かった老人に「気をつけることが足りなかった」という自己責任。

病気になっても自己責任、子供が不良になったら親の自己責任、貯金がないのも自己責任。。

 

「自己責任」=「自業自得」とも言えると思います。

 

努力した結果でも、結果が伴わないと自己責任と言われるのは、あまりにも理不尽で非情だと感じます。

あなたは完璧なの?

ここで言いたくなるのが、過度な自己責任論を言ってくる人に、、

「あなたは完璧なんでしょうね!」

と皮肉の一つでも言いたくなります。

 

少し話しが逸れますが、

普通は「完璧な人」が「完璧でない人」を責めると思いますよね。

 

これは逆なことが多くて「完璧な人」ほど、「完璧でない人」を責めずに「完璧でない人」ほど「完璧でない人」を責める傾向にあると思います。

 

なぜなら「完璧な人」は「完璧にする難しさ」を理解しているんですね。

難しいとわかっているからこそ、相手に完璧を求めないのです。

 

変な話しですが「完璧でない人」は「完璧にする難しさ」を理解していないか、考えることを放棄しているので「完璧でない人」を平気で責めます。

 

私の持論ですが、、

「完璧でない人ほど、人に完璧を求めます」

まわりにこのような人が思い浮かびませんか!?

自己責任の国に住みたい?

登山中の遭難や危険地帯で捕まった人に対して、国が自己責任論を唱える人と同様に、

 

「そうだよね!自己責任だから国が助ける必要ないよね!だって税金もかかるし、労力もかかるもんね!」

と言い出したら、どうなるでしょうか。

 

そんな国に私は住みたいとは思いません。

 

私は生まれたばかりで、記憶にはないですが、1977年に日航機がハイジャックされ、日本政府は超法規的措置を取り、身代金の要求に応じたそうです。

 

その時の当時の福田首相の言葉が、

「人の命は地球より重い」

賛否両論はあると思いますが、この言葉は人として大切なことを説いているように思います。

まとめ

自己責任に関しては意見が別れる問題だと思います。

 

例に取ると、堕落な生活をして、生活保護をもらっている人を見たりすると、

「自己責任だろ!ちゃんとしろよ!俺たちの税金を使いやがって!」と正直思います。

 

しかし、生活保護をもらっている人全てが堕落な生活をしている訳ではありません。

その物事にある背景を考えずに、全てに自己責任論を当てはめるのは、軽率過ぎると考えます。

 

合わせて、過度な厳しい自己責任論もどうかと思います。

自分が気をつけていても、いつそのような立場になるかわかりません。

 

「失敗したのか!しょうがないなあ、今回は助けるから、次からは気をつけてね!まあ気をつけてもどうしようもないこともあるけどね!」

 

自己責任を追及するならば、ある意味このような軽い気持ちも必要なのではないでしょうか。

そして、こんな心に余裕を持てる人になりたいですね。

 

※合わせて、下記の記事もお読みください"(-""-)"

www.grateful-feelings.com