あれこれライフ

転職や仕事や趣味などあれこれ語ります(主に40代男性に送る)

【年代別】20代・30代・40代で転職に求められるスキルは何か

転職で求められるスキルは年代別で異なってきます。

 

企業が採用をする場合、年代別にどのようなスキルを求めているのかを把握することで転職活動を有利に進めることができます。

 

今回は年代別に転職に求められるスキルを具体的にご紹介していきます!

20代で転職に求められるスキル

20代は即戦力というより、今後の期待を込めて採用するケースが多いです。

 

「今、何ができるか」より「これから何ができそうか」「どれだけ成長できるのか」を企業は採用時に見てきます。

 

いわゆる「キャリア(経歴・経験)」より「ポテンシャル(潜在的な力)」を見られるということです。

  • 仕事に対する考え方
  • 仕事に対して夢や目標があるか
  • 仕事をどのように捉えているか
  • 素直であるか
  • 吸収力はあるか

 

このように「自分は何がしたいのか(明確なビジョン)」と「素直に吸収できる人間性」があるかが重要になってきます。

 

逆にいくら20代でも、

「仕事に対してビジョンや目標もなく、人の話しを聞かずに、凝り固まった間違った考え方に固執している」人は採用されません。

 

当たり前と言えば、当たり前のことですが、ネットの発達により、例えば会社の言うことを聞いたら「社畜」や「負け」などと情報を誤って極端な解釈をしている20代がいるのも現実です。

 

「自分はこう思う!・こうしたい!」という信念は持ちつつ「柔軟に意見も吸収しながら成長する」というスタンスがベストだと考えます。

30代で転職に求められるスキル

30代は「キャリア」と「ポテンシャル」がバランスよく求められる世代です。

 

20代の時は「言われたことをしておけばよい」という「キャリア」で良かったですが、30代は一歩突っ込んで「仕事でどんな成果・結果を出したか。そのためにどのように仕事を進めていったか」という「キャリア」が求められます。

 

また、30代も特に後半になると部下を持つケースも多くなるので「マネジメント」のスキルも必要になってきます。

 

このマネジメントのスキルに関しては「成功例」があるに越したことがないですが、30代で「人を束ねる」難しさも企業は知っています。

 

そこで面接時に「失敗例」を話し、そこから何を反省し学んだかをアピールすると好印象です。

 

30代はまだまだ経験を積み、成長できる(しないといけない)年代です。

自分の仕事に関しては「このように工夫をして結果を出した」と確固たるものが必要です。

 

マネジメントに関しては「このような経験(失敗)があったので、今後はこのようにマネジメントをしていく」というポテンシャルを認めてもらいつつ、まだ成長できますよとアピールをしていきましょう。

 

また職種によってはこれも20代とは異なり、専門性のある知識が必要な場合もあります。

 

30代で全くの未経験の職種に転職をするのは「絶対できない!」とまでは言えないですが、現実問題ハードルは高いです。

(事務職しかやったことがないのに、営業職に転職をするなど)

 

ある程度、自分が転職したい職種の専門性の知識は身に着けておきましょう。 

40代で転職に求められるスキル

40代は完全に「キャリア」重視です。

「ポテンシャル」採用はありません。

 

「何がしたいか」ではなく「何ができるか」だけを見られます。

 

「キャリア」も具体的な数字が入ったものが求めれれます。

  • 〇〇名以上のマネジメント経験がある
  • 〇〇人規模の業務を経験した
  • 〇〇円の売上を上げた、プロジェクトを担当した

30代のように「こうやって工夫して成果を出した」より、さらに一歩突っ込んで「工夫した」ことより「これだけのことを成し遂げた」というキャリア、スキルが求められます。

 

マネジメントに関しても「成功例」がなくてはいけません。

 

やはりこれまで積み上げてきたものがどれだけあるのかを問われます。

「これから頑張ります!勉強します!」はなかなか通用しません( ;∀;)

 

「成功例」を具体的な数値にしてアピールすることが大切です。

年代に関係なく求められるスキル

年代に関係なく求められるスキルは、

「コミュニケーション」のスキルです。

 

これは年代関係なく、必須のスキルになります。

 

面接時も相手の質問を理解して、的確に質問に対して回答をする。

私の経験上ですが、面接で不合格にしたケースは、

  • 20代は「あまりにも話さない」
  • 40代は「あまりにもベラベラ話す」

20代は経験がないですし、40代は逆に経験があり過ぎて、上記のようになるのだと思いますが、このようなイメージがあります。

 

コミュニケーションは「こちらが一方的に話すのではなく、相手に気持ちよく話しをしてもらうこと」が基本となりますので、コミュニケーションのスキルは年代に関係なく必須のスキルになります。

 

 ※「面接」に関しての記事も参考にしてください"(-""-)"

www.grateful-feelings.com 

www.grateful-feelings.com

www.grateful-feelings.com

まとめ

年代別に転職に求められるスキルをご紹介しました。

 

イメージとしては「キャリア(経歴・経験)」と「ポテンシャル(潜在的な力)」の比率が年代が上がるにつれて

「キャリア(経歴・経験)」>「ポテンシャル(潜在的な力)」

このようになります。

また年代が上がれば上がるほど、より数字が入った具体的な「キャリア」が求められます。

 

これらの年代別の必要なスキルについて、転職をするときの参考にしてください!

 

合わせて、よく読まれている「転職」に関する記事も参考にして下さい。

www.grateful-feelings.com

www.grateful-feelings.com