あれこれライフ

転職や仕事や趣味などあれこれ語ります(主に40代男性に送る)

仕事中にストレスやキャパオーバーで思考停止にならないために

あなたは仕事中に思考が止まってしまうことがありませんか?

思考停止になる原因は様々考えられます。

 

思考が止まってしまうと、仕事が滞ったり、決断が鈍くなったりと生産性も下がってしまいます。

今回は仕事中に思考停止になる原因と対応方法についてご紹介します。

仕事中に思考停止になる原因

単純作業を繰り返している

慣れた仕事で単純作業を繰り返していると、何も考えずにできるので、思考停止に陥ります。

身体が勝手に動いているような感覚で、毎日同じ作業を繰り返していると、思考は停止をしていきます。

 

仕事を長く続けていると、このようなことはありますよね。

この場合の思考停止は別に「悪い」訳ではないのすが、あまりに単純作業が続くようであれば、合間に「考える」仕事を挟んだり、逆に疲れが出てくる終業間近は意図的に何も考えないで済む、単純作業を持ってくるのも一つの手です。

ストレスやキャパオーバーによるもの

問題はここからです。

ストレスやキャパオーバーで、正常に脳が働かずに思考停止になることです。

ストレスやキャパオーバーによるダメージで思考停止になり、いわゆる「頭がまわらない」状況に陥ることです。

 

症状としては下記が挙げられます。

  • 人の話しが入ってこない
  • メールや文章を読んでも、頭に入らない
  • 決断ができない
  • 仕事の優先順位がつけられない
  • 気持ちばかり焦って、仕事が全然進まない

 

感覚としては、

「今までできていたことが、できなくなる」感覚です。

 

私はこのような状況に陥った時に、

「なんで俺はこんなポンコツになってしまったんだろう」という感覚に襲われました。

 

元気で正常な時には、問題なくできていたことができなくなるというのは大変辛いことです。

 

思考停止に陥るストレスの原因としては

  • 仕事量が多すぎる
  • 上司からのパワハラ、クレーマーの対応
  • 仕事の無茶振りや無理難題な要求
  • 人間関係
  • 様々な場面で理不尽なことがある

真面目な人ほど、これらをまともに受けてしまって、ストレスが蓄積されていきます。

 

思考停止に陥るキャパオーバーの原因としては、

  • 仕事量が多すぎる
  • 仕事ができるので、多くの仕事が振られる
  • 仕事を断りきれない
  • 仕事を任せられない、任せる人がいない

これも真面目な人ほど、仕事を断ることが出来なかったり、仕事ができるあまりに一極集中で仕事を任されたりします。

 

また働き方改革で「早く帰れ!」と言われるだけで、仕事量は全く減らずに部下にも仕事が振れず、昨今では仕事を自分で抱え込む上司も多いと思います。

 

上手くストレスやキャパオーバーから、自分を守ることができれば良いのですが、真面目な人ほどこれらを回避できません。

 

ストレスやキャパオーバーが蓄積されていくと、思考停止に陥り、ますます仕事が進まなくなります。

仕事が進まないのに、次の仕事が次から次へと降ってくるので、仕事は溜まっていく一方です。

 

そうなるとこれも真面目な人ほど、仕事が溜まっていること自体がストレスになり、ますます思考停止に陥る負のループに襲われてしまいます。

ストレスやキャパオーバーによる思考停止の対応方法

とにかく休む

最優先で必要なことは休養です。

 

休んで頭と身体をリセットするしかないです。

休む期間は状態によって様々ですが、間違いなく早く休んだ方が休む期間は短くて済みます。

 

仕事中に思考停止になっているのに、それでもムリをして頑張れば頑張るほど、回復するのに長い期間を要します。

 

「自分が休んだら、まわりに迷惑がかかる」という正義感から早めに休養を取らないと、後から1ヶ月以上など長期の休養を取らざるを得ない状況になるケースもたくさんあります。

 

早く休むことが「自分に取っても、まわりに取っても、会社に取っても良いことなんだ」とまずは認識をしましょう。

 

例えば、土日休みの連休に1日有給を使って、3連休にするなど、症状が軽い内に早め早めに休みましょう。

原因を取り除く

思考停止の原因であるストレスやキャパオーバーになっているもの自体を取り除く行動をしましょう。

 

仕事量が多いのであれば、上司に相談してみる、誰かに仕事をお願いするなどの具体的な行動を取ることです。

 

真面目な人ほど、自分一人で何とかしないといけない気持ちが強いです。

まずは上司やまわりに相談をすることです。

 

自分一人では抱えきれない仕事や無理難題をこなすのは難しいですが、人数をかければ仕事が早く済みますし、良い解決案も出てくるかもしれません。

 

まわりを巻き込む能力をつけましょう

サラリーマンとして、とても重要なスキルの一つです。

 

その為の第一歩として、ストレスやキャパオーバーになっている状況を「助けてくれ!」と声をあげましょう。

 

まわりから察してもらうのを待つのではなく、自分から声をあげる勇気を持ちましょう。

まとめ

仕事中に思考停止になると、本当に苦しいです。

  • 自分はもうダメかもしれない
  • 以前のような普通の状態に戻れないかもしれない

このような不安に襲われてしまいます。

 

思考停止に陥る前に、自分で自分をコントロールして積極的に休んだり、ストレスやキャパオーバーの原因を取り除きましょう。

 

思考停止に陥ることを防ぐのに必要なことは「少しの勇気」です。

サラリーマン生活は長いので、マラソンと考えて、最後までリタイアせずに走り抜くことを第一優先に考えていきましょうね(^O^)

 

※合わせて、下記の記事もお読みください!(^^)!

www.grateful-feelings.com

www.grateful-feelings.com