あれこれライフ

転職や仕事や趣味などあれこれ語ります(主に40代男性に送る)

転職回数が多い人はだらしない!?

前回は「転職回数が多くても、自分を責めないこと!!」について書きました。

今回は「転職回数が多いのはだらしない!?」について書きます。

 

本当にだらしないの!? 

転職が多いということは当然、1つの会社の在籍年数が短いということです。中には、数ヶ月で退職する場合もあったかもしれません。中途入社が多い会社では数ヶ月、もっと短い日数で退職する人を見たことがあると思います。

 

何回転職しても、1年未満で退職してしまうというのは、さすがに「この人だらしないな、、」と思ってしまいますが、そういう極端な場合を除くと、転職が一概にだらしないという考えはどうかなと思っています。

 

というのも、批判を恐れずに言うならば、長く1つの会社に勤めている人にも、結構だらしない人っていません!?

だらしないんですが、ピンチになった時もその場、その場をなんとなく、すり抜けているか、既に会社もその人も出世を諦めているか。いずれにしても、だらしないので仕事はあまりできないんですが、長く勤めている人はいるのは確かです。

 

良いように言えば、「良い加減」でのらりくらり会社生活を送ってるんです。否定している訳ではなく、サラリーマンにとって大事なスキルだと思います。

 

ただ、一方で、その「のらりくらり」ができず、人間関係や上司からの無理難題に真正面からぶつかって、「俺はもうダメだ、、」と思い、転職したいのではなく、転職せざるを得ない状況に自分で追い込んでいる人もいるのです。

 

それが自分でした。

 

自己肯定感と責任感

自己肯定感が低いのに、責任感だけは強い。この責任感の強いというのは、やらないと嫌われてしまう。見捨てられてしまうという責任感の強さです。そんなやらされ感しかない責任感はすぐ疲れてしまいます。

 

おまけに自己肯定感が低いから、仕事が完璧にできないと「俺にはこの仕事向いていない、俺は出来ないから、この会社ではもう未来がない」と勝手に自分を追い込むんですよねー。

 

自分の敵は自分です

※※中島みゆきの「ファイト!」より※※(笑)

 

だから、

転職する=だらしないというのは少し違うかなと思います。

 

転職しない人の中にもだらしない人はたくさんいますし、転職回数が多い人の中にも真面目な人はたくさんいます。

 

ちなみに突然ですが、私はタモリさんの生き方が大好きなのですが、「笑っていいとも!」は30年間以上続きましたよね。タモリさんは「毎日の番組でいちいち反省していたら身が持たない。」と言われたそうです。確かにその通りですよね。日々、反省していたら、あんな長く同じことは続けられないと思います。。

 

1つの会社に長く勤めてる人は、このタモリさんと同じ考えが少なからずあるのだと思います。

 

話しを戻しますが、日本の会社は転職回数が多いことがマイナスに働くことが多いです。実際、転職回数2~3回までしか、面接さえさせて貰えない会社もまだまだたくさん存在します。

 

私はここでもそういう会社がダメだ!古い考えだ!と否定したいのではなく、「そういう会社があることで、転職回数が多い自分をダメだと責めないで欲しい」ことを伝えたいのです。

 

結局、同じ話しになってしまいましたね、、でもやっぱり自分を責めないことが、大切なんです。まず、ここからスタートしないと全てがうまくいかないんですよね。

 

転職回数が多い=だらしない人間

 

世間はまだまだそういう風潮があるからこそ、自分でも追い打ちをかけるように「俺はだらしない人間なんだ、、」って思わないようにして下さい。

 

転職を繰り返してしまったら、全てが会社のせいではなく、自分にも問題があるのは確かだと思います。それはそれで何が問題なのか、分析して、次に活かせばいいじゃないですか。

 

最後のまとめとして、

転職回数が多いから、だらしないということはない。ただ転職せざるを得ない状況に自分で追い込んでしまう場合もある。

自分の敵は自分であることを認識して、自分を責めないことから、まず始めてみましょう。そこから明るい未来が待っています。

 

1度きりの人生です。自分を責め続けても、許し認めてあげても、人生はいつか終わるんだと考えれば良いんじゃないかと思います。そうであれば、どんなことがあっても思いっきり自分を認め、肯定していきましょう!!

 

↓日本ブログ村に参加しています。クリックのご協力をお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村