あれこれライフ

転職や仕事や趣味などあれこれ語ります(主に40代男性に送る)

40歳を超えての転職活動のリアルな現実

前回は在職中の転職活動のポイントについて書きました。

今回は年齢に特化して、40歳を超えての転職活動について書きます。

 

40歳過ぎての転職は可能!?

私は40歳を過ぎて2回転職しました。

41歳で1回

43歳で1回  

ちなみに現在、43歳です。    

 

30代で3回転職した私の経験から、

40歳を超えての転職は可能かと聞かれれば、、

 

可能です!と答えます!!

 

昔、よく言われていた、35歳転職限界説はさすがにもうないかなーというのが、体感になりますが、素直な感想です。60歳を超えても働く人が増えてますし、40代といってもあと20年働くというより、今はあと30年働く感覚ですもんね。。昔とは10歳ぐらい年齢の感覚が若くなっている感覚です。

 

会社や業界によっては高齢化が進んでおり、40代でも若手!という会社も存在します。これも一昔前では考えられなかったことですが、それほど日本は高齢化社会になっていることがわかります。

 

とは言っても、30代の時と比べると、転職エージェントからの紹介もガクッと減りますし、まず自分から応募しても、面接まで行けないことが多くなりました。

 

これはこれまでのキャリアや転職回数などが大いに関わってくるので、全ての人に当てはまる訳ではないと思いますが、一般的には40歳過ぎたら、転職自体は可能ですが、面接まで行くのが難しくなると考えます。 

 

逆に面接まで行けば、「絶対、落ちないぞ!!」というぐらい、面接対策や練習、準備は40代では必須になってきますね。

これはまた別の機会でお話ししたいと思います。

 

40代は管理職採用が主流

また、私は採用する側にも立ったこともありますが、40代だとプレイヤーだけの採用は普通あまりしないですよね。やはり40代はマネジメントスキルがあり、管理職採用が一般的だと思います。

 

この管理職採用も会社としては35歳〜40歳までぐらいがちょうど欲しいんですよね〜。というのも採用する側が40代が多いから、自分より少し年下を採用したいんです。

自分の手足になってくれる人が良いんですよね。

 

もちろん一概には言えませんが、40代になれば面接まで行くのが難しいのは確かです。

 

では、これはどのように対策すれば良いのか?対策方法は2つ。

 

1.自分が応募する場合は「数打ち当たる方式」で応募自体の数を増やす!

はい。書類で落ちまくるのであれば、数を多くするしかないです。原始的ですが、単純方法、これしかないんです。書類落ちしても気にする必要はありません。

書類審査はタイミングもありますし、人事担当者の好みもあります。一概に全て実力で判断されるとは限りません。だから、書類で落ちても、気にせずに応募しまくりましょう。

 

2.転職エージェントから紹介してもらうために人材紹介会社に登録する!

私は5回の転職中、4回は人材紹介会社経由での転職です。在職中に転職活動を行うためにも、これが現実的な選択です。ただ、慣れていなければ、人材紹介会社への登録など戸惑う点も出てくると思います。

 

どのように人材紹介会社・転職エージェントを活用していくかは、転職活動の中でも重要になってきます。

 

この人材紹介会社・転職エージェントについては次回、活用方法などを書きたいと思います。

 

お問い合わせはこちらまでお願いします。

いろいろなコメントをいただけると嬉しいです!!

 

↓日本ブログ村に参加しています。クリックのご協力をお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村