あれこれライフ

転職や仕事や趣味などあれこれ語ります(主に40代男性に送る)

面接合格を勝ち取るために!!②

前回は面接合格を勝ちとるための効果的な質問について書きました。

今回も引き続き、「面接合格を勝ち取るために!」ついて書きます。

 

何故、企業は求人を出すの??

私は面接をたくさん受けてきましたが、それ以上に面接をする側を経験しました。

 

その中で、「この人の採用はないわー」というポイントを書きます。もし当てはまっていたら、早急に直して下さい!当たり前のことばかりかもしれませんが、面接は当たり前のことをすれば、合格するはずなんです。。

 

偉そうな言い方に、なったらすみません。。

 

企業側は人が欲しいから、求人を出しているのです。これも当たり前のことですよね。ということは「面接で落としてやろう!!」という気持ちではなく、「何とか良い人、こないかな、、今日の面接で決めたいな」と思っています。

 

面接はする側もされる側もパワーを使うものです。その人の一生を左右するかもしれない、重大なイベントです。普通の面接官であれば、そんな疲れることを何度もしたくありません。できれば採用したいですし、最初からダメな人は面接までに落ちています。

 

「この人に会ってみよう」と企業側に思って貰えたということは、あなたに魅力的なところがあったからです。自信を持って良いです。だから、なおさらつまらないことで、面接合格のチャンスを逃したくないですよね。

 

前置きが長くなりましたが、、これがNGポイントです!!

 

1.身なりが汚い、、

当たり前中の当たり前ですが、髪や服装、靴まで、これでもかというぐらい、気を使って下さい。ダバコやコーヒーの匂いをさせてもダメです。

あと、いくら今はクールビズが浸透しているからと言って、「ノーネクタイ、ノー背広」はダメですよ。人間、第1印象は大切です。

 

2.話しが長い、、

何を質問してもやたら、話しの長い人がいるんですよね。特に50代ぐらいの年配で、面接官が年下の場合が多いです。年下に「舐められたくない」と思うんですかね!?志望動機を聞いても、職歴を聞いても、挙句の果てには趣味などの世間話的なことを聞いても、「話しが長〜い」んです。

あくまで推測ですが、長く話すと「こいつは何でも知ってる!こいつはできる!」と思ってもらえると考えるんですかね??

「短く要点をまとめてハキハキを話す」方が印象が良いに決まっています。話しは長くならならないようにして下さい。

 

3.自慢話しをする、、謙虚な気持ちがない、、

これも年配の方が多いです。。自分が面接官だったら、職歴の自慢話しをされると、一気に気持ちが冷めます。これも「自分を良く見せよう」という意識が働くんですかね!?

 

もちろん卑屈になることはないですが、とにかく謙虚な気持ちで臨みましょう。自信があるのと横柄な態度を取ることは違います。当たり前になりますが、、自信やスキルがあって、なおかつ、謙虚な人が好印象を持たれます。自分ができる最大限に、謙虚に行きましょう。

 

4.企業のことを知らな過ぎ、、

最低でもホームページに書いてあることは頭に入れていきましょう。。

その企業に入社したくて、面接に来ているのです。こちらができる限りの情報は集めましょう。

ホームページに書かれていることを一歩突っ込んで聞くのは好印象ですね。

例えば、「御社は昨年、○○県に支社を出されていますが、今後はさらに運営を拡大される計画はありますか?」みたいな形です。

 

面接は相手に好かれないと、合格しません。

 

これまで書いたことは身だしなみであったり、自慢話をしないなどは、面接対策というより、人に好かれるためのポイントとイコールになりますね。

 

どんどん、好きになってもらって(気持ち悪い!?)、面接合格を勝ち取りましょう!!

 

次回ももう少し、面接のことについて書きたいと思います。

 

↓日本ブログ村に参加しています。クリックのご協力をお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代男性日記へ
にほんブログ村