あれこれライフ

転職や仕事や趣味などあれこれ語ります(主に40代男性に送る)

転職先はやりがいで選ぶ!?

前回は前職への出戻りについて書きました。

今回は「転職先はやりがいで選ぶ!?」について書きます。

 

私はこれまで営業をやったり、総務をやったり、他にも様々な職種を経験し、職種に関しては一貫性のない転職をしてきました。 「これがやりたい!!」というのが、なかった証拠です。


それでも20代、30代の時は仕事のやりがいやスキルアップを求めていました。「俺はもっとできる!もっと上を目指す!」とがむしゃらに思っていました。 40代になり、その想いがなくなった訳ではないですが、やりがいやスキルアップだけを考えて、転職して良いのだろうか、、という想いが大きくなってきました。

 

その一方で想いが強くなったのは

1、嫌なことはもうやりたくない!

2、何をやるかではなく、誰とやるか!
以上の2点です。

 

嫌なことはもうやりたくない!

40歳を超え、年齢を重ね、人生も折り返し地点。
「あと何年、嫌なことをしないといけないんだろう、、」と思うと気が滅入っていました。

 

若い頃であれば、「嫌なことをやるのも経験!」と思ってましたけど、これから限られた時間の中で「嫌なこと不得意なことをやってる暇はない」と強く思うようになりました。

 

「自分の人生に責任を持つから好きなことをやらせてくれ!」という心境です。


先程も書きましたが、「これがやりたい!」というのはなかった分、様々な職種を経験した中で、「これはやりたくない!」というのはあったので、やりたくないことは経験やスキルがあっても、直近の転職では候補から除外しました。

 

何をやるかではなく、誰とやるか!

仕事はある程度の給与をもらうためには、何をやってもきついです。しんどいです。。 給与が低くても良いのであれば、楽で責任のない仕事もあるとは思いますが、家族やローンを抱えている40代は稼いでこなければいけません。。

どうせきついのきついであれば、少しでも楽しくするために「仕事を誰とやるか」に重点を置きました。

 

どうせきついんだから、気の合う仲間と楽しくやろうぜ!!」というノリです。

 

もちろん転職先の人間関係などはわかりづらい部分もありますが、「年齢の近い人は何人いるか?」 「中途の人が多いか?」などは聞けば教えてくれます。

 

仕事で困ることはどこに転職しても出てきます。その時に協力し合えたり、グチを聞いてくれるだけでも、良いのですが、そういう仲間って大切ですよね。

 

同じ方向に向かって話し合える仲間を作るためにも、自分が手が空いた時は、積極的に他の人の手伝いをしたり、「こちらから仲間を作っていく意識」も大切だと思います。

 

自分のことだけ考えていては、仲間はなかなかできません。当たり前と言えば、当たり前ですが、重要なことです。

 

さらに言えば、1人でも良いので、自分の味方になってくれる人がいれば、心強いですよね。これは年齢が近かったり、入社時期が近かったり、そういう共通したものがある人とは共感できることも多くなるので、味方になってくれやすいです。

 

総括としては、転職はやりがいだけでなく、

☆自分の好きなことを選ぶ ⇒できることじゃなくて好きなこと

☆一緒に協力し合える仲間が作れそうかも見ていく

 

以上を考えると、その転職も成功に近づけるのではないかと思います。

 

↓日本ブログ村に参加しています。クリックのご協力をお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村