あれこれライフ

転職や仕事や趣味などあれこれ語ります(主に40代男性に送る)

仕事の名言・格言 【心に響く言葉】【第2弾】

私がこれまで仕事をしてきて、とても役に立っている「名言・格言」を紹介する【第2弾】になります。

 

【第1・3~7弾】も合わせて、お読みください!(^^)!

www.grateful-feelings.com

www.grateful-feelings.com

www.grateful-feelings.com

www.grateful-feelings.com

www.grateful-feelings.com

www.grateful-feelings.com

 

テレビで偶然見た言葉かもしれませんし、本の中の言葉かもしれません。

または上司や先輩から言われた言葉かもしれませんし、正直、言葉の出所は覚えておりません。。

 

ただ、仕事をする上で必ず役に立つ言葉であることは、間違いないですので、1つでも心に響く「名言・格言」がありましたら、明日から実践してみてください!

仕事の名言・格言

負けに不思議の負けなし

プロ野球の野村克也さんの言葉として有名ですね。

この言葉の詳しい考察は記事にまとめています。

www.grateful-feelings.com

仕事でもプライベートにおいても、非常に役立つ言葉だと思います。

 

結果が出ないときや調子が悪いとき、何かしらうまくいかないときには「必ず原因がある」と考え、行動することが大切です。

散歩のついでに富士山を登った人はいない

「目標を持たずに漫然と歩いていても、目標は達成されない」という意味だそうです。

 

目の前のことを必死に頑張ることは大切なことです。

しかし、その中で「自分がどこに向かって頑張っているのか」は明確にしておかなければいけません。

 

仕事は誰もが毎日忙しいです。

明確な目標や目的地を定め、それに向かって毎日の仕事を進めていけば、何年後、何十年後に出てくる結果が、漠然と仕事を進めていたものとは雲泥の差になっていると思います。

 

どうせ頑張らないといけないのであれば、自分の富士山を見つけて、山頂に向かっていきましょう。

変化に対応できるものが生き残る

進化論で有名なダーウィンが言った言葉とされていますが、本当にそう言ったのかは諸説あるみたいです。

 

ダーウィンが言ったかどうかは置いておいて、仕事上でこの言葉は大変、大切な言葉だと思います。

 

年齢を重ねれば重ねるほど、変化に対応できなくなります。

正確に言うと、変化に対応することがしんどくなります。

  • この年から新しいことを覚えるのはしんどい
  • この年からパソコンを覚えるのはしんどい
  • これまでこのやり方でやっていたのだから、新しいやり方はしたくない

新しいやり方の方が間違いなく効率化されるのに、頑なにこれまでやり方に固執するのは「新しく覚えるのがしんどい」からです。

 

仕事のやり方もそうですが、ビジネスにおいても「これまでの常識はこれからの非常識」になることも多々出てくると思います。

 

時代は急激に変化しています。

これまでは「このビジネスモデルで結果を出してきた」ものが、1年後には通用しなくなっているかもしれません。

 

変化に対応できないということは、仕事上の細かいやり方から会社のビジネスモデルまで、致命的なダメージになるということです。

 

私自身も40歳を超えて、

「新しいこと覚えるのはしんどいよ、、若い時みたいに覚えも早くないし、明らかに忘れっぽくなっているし、体力も落ちているし、、」と言い訳したくなります。

 

そんなときもグッとその気持ちを抑え、

「この年齢になってもまだ新しいことを覚えることができるなんてラッキー!」

「こんな新しい考え方ややり方があるんだ!知ることができてラッキー!」

意識的にこう思うようにしています。

 

結局は能力が重要なのではなく、柔軟な思考と年齢を重ねてもフットワークを軽く持ち続け、変化に対応し続けることが大切だと思います。

具体的に動けば 具体的な答えが出るから

相田みつおの言葉ですね。

 

何か問題が起きたとき、頭の中でいろいろ考えても、誰かに愚痴っても言い訳しても、その問題は解決しません。

問題を解決するための行動を取らなければ、問題は解決しません。

 

私たちのこれまでの人生は自分が行動してきた結果です。

 

行動でしか結果は生まれません。

2ヶ月ぐらい前にホリエモンが「手取り14万?お前が終わってんだよ」と言って話題になりました。

 

その通りだと思います"(-""-)"

厳しいことを言うかもしれませんが、その人が行動をしてきた結果が「手取り14万」なのです。

 

例えば「手取り30万」もらいたいのであれば、「手取り30万」もらえる行動をしなければいけません。

 

ここからは私の個人的な意見ですが、、

給与が安定している公務員の方を悪く言う人がいます。

 

ひどいときには「公務員の給与は税金だからもっと減らせ」とか、仕事をしていない公務員は「税金ドロボー」などと言われます。

 

公務員になった方はもちろん全ての方ではないですが、給与のことだけを考えると「安定している」から公務員を選んだ方もいると思います。

 

給与面やよっぽどのことがない限りリストラもない「安定」を求めるために、公務員を選び、公務員になるための行動を取ってきたのだと思います。

 

その方に向かって「公務員はいいよな、黙っていても給与は上がるし、リストラもないし、一般企業の大変さを知らないんだよ」と言うのは、全くの見当違いです。

 

そう思うのであれば、あなたが公務員になればよかっただけの話しです。

頑張って自分が求める結果を出すために行動してきた人を批判するのは、本当におかしいと思います。

 

話しが脱線してすみません。。

公務員や給与が高い人を批判する人たちにどうしても腹が立ってしまって( ゚Д゚)

 

その人たちはそうなるために頑張ってきた行動が結果として表れているだけです。

「行動しないで結果を出していない人」が「行動して結果を出している人」を批判したり、妬んだりするのは見苦しいと思います。

まとめ

自分が仕事でピンチになったときや生きていく指針みたいなものが欲しいときに、このような「名言・格言」を思い出していただけたらと思います。

 

世の中には「名言・格言」が溢れていますが、自分に合った「名言・格言」を探してみてくださいね!(^^)!