あれこれライフ

転職や仕事や趣味などあれこれ語ります(主に40代男性に送る)

仕事で人間関係に疲れた時の気持ちが楽になる考え方【第1弾】

職場での人間関係について、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

悩み過ぎると、身体も心も疲れてしまい、仕事にも支障が出てきます。

 

人間関係については考え方を変えることで、気持ちが楽になることもあります。

 

今回は人間関係に疲れた時に、気持ちが楽になる考え方をご紹介していきます!

最後までご覧ください。

相手は変えれない、自分が変わる

 大前提として、まずはこの考え方です。

  • 相手が悪い!
  • 相手の考えがおかしい!
  • 相手の言い方が悪い!
  • 自分は悪くない!
  • 自分は正しい!

このように思う気持ちをグッと堪えて、相手を変えようとするのではなく、自分を変えるように心掛けましょう。

 

理由としては、

「人を変える労力より、自分を変える労力の方がはるかに楽だからです」

 

特に年齢を重ねた人ほど、変わらないです。

変わらない人を変えようとするのは限りなく不可能に近いですし、自分がしんどくなるだけです。

 

もちろん、人間関係がこじれた時はお互いが話し合って「ごめんね。これからはこうしようね」と解決できれば、問題ないですよね。

 

しかし、そう中々一筋縄ではいかないのが、人間関係の難しいところです。

 

良い悪いは置いておいて、まずは「自分の考え方を変えよう」と思うことを前提にして、これからの文章を読んでみてください!

気にしない

相手が言ったことをいちいち気にしないことです。

自分を守るためにも大切なことです。

 

相手に悪意があろうとなかろうと関係ないです。

相手の何気ない一言で、ずっとこちらが悩む必要はないですよ。

言った相手も忘れていることを、こちらが覚えていてもしょうがないです。

 

相手の一言でこちらはずっと悩んでいるのに、相手はその事を言ったことすら忘れていたら、腹が立ちますよね!

 

「相手に無理して好かれる必要はない」と割り切って、気にしないようにしましょう。

仲良くなろうと思わない

無理に仲良くする必要もありません。

特にやさしい人は「仲良くなろう!」という気持ちが強いかもしれません。

 

冷たい言い方になるかもしれませんが、あくまで仕事上の付き合いです。

 

「仲良くなろう」とする考え方が間違いという訳でないです。

「仲良くなろうとすること自体がストレス」であれば「仲良くなろう」ということ自体から、自分自身を解放してあげて下さい。

 

仕事に支障をきたさなけければ、仲良くなる必要は全くありません。

自分に原因はないか

上記でご紹介した

  • 自分が変わる
  • 気にしない
  • 仲良くなろうと思わない

この3つは「相手が悪い」前提です。

 

人間関係が上手く行かない人は、職場を変えても上手く行かない場合があります。

 

その場合は、自分に原因があるかもしれません。

 

「えっ!私は悪くない!、まわりが悪いのよ!」と思った方は、あなたに人間関係を悪くする原因があると疑って下さいね、、( ・∇・)

 

「常識」や「当たり前」や「正義」の価値観は人それぞれ違います。

 

人間関係をこじらせる人でありがちなことが「そんなの当たり前でしょ!」という人です。

その人が思っている「当たり前」と他の人の「当たり前」は違うのです。

そこを勘違いして「あの人はおかしい!」と言う人がいます。

 

自分と人は違うのです。

その当然なことから認識をしていきましょう。

 

どの職場に行っても、人間関係で悩む人は、

相手も自分も認めてあげることから、始めてみてはどうでしょうか。

まとめ

仕事上の人間関係は「良くする」というより「困らないようにする」ことが大切ではないでしょうか。

 

気が合う人もいれば、合わない人もいるのが自然なことです。

 

職場の人とは家族より過ごす時間が長い場合もあります。

その中で「みんなと仲良し!100点満点!」を目指すと気持ちもしんどくなります。

 

みんなと取り敢えずは、衝突せずにやっている。

苦手な人はいるけれど、嫌いな人はいない。

信頼して相談できる人もいるから、まあ、このぐらいでいいか!

 

このような人間関係で良いのではないでしょうか。

あまり「人間関係を良くしよう!」と頑張り過ぎないことが気持ちを楽にする第一歩です。

 

※合わせて、下記の記事もお読みください!(^^)!

www.grateful-feelings.com

www.grateful-feelings.com