転職を6回経験した45歳男性会社員。転職や仕事の悩みを全身全霊で解決するブログです!!

円満退職するために上手な退職理由の伝え方と大事なポイント

転職をする場合は、円満退職をすることもプランの一つとして考えるべきです。

お互い気持ちよく辞めることが、勤めた会社に対する礼儀です。

 

将来的に、かつての会社の人と接点ができる場合もあります。

自分のためにも会社のためにも、円満退職をするために上手な退職理由の伝え方と大事なポイントをご紹介します。

 

記事を読み終えると、あなたは円満退職をすることができ、気持ち良く新しいスタートが切れるはずです。

ぜひ最後までご覧ください。

 

円満退職するために上手な退職理由の伝え方と大事なポイント

2か月ほど前に退職を伝えるのがベスト

いつぐらい前に退職を伝えるのがベストでしょうか。

 

答えは2か月前です。

 

円満退職をするために、2か月ほど前に直属の上司へ退職の意向を伝えましょう。

 

  • 会社も2か月あれば、あなたが抜けることで後任の人選など、慌てることなく今後の見通しを立てることができます。
  • あなた自身も1か月で引継ぎの準備を行い、残り1か月で引継ぎを行うことができます。
  • あなたも後任者もムリないスケジュールで引継ぎをすることができます。

 

円満退職とは次の3つが困らないようにすることです。

  1. 会社・上司
  2. 引継ぎを受ける人
  3. あなた自身

この3つのウチ一つでも迷惑をこうむれば、円満退職になりません。

 

そのために2か月前に退職意向を、直属の上司に伝えましょう。

 

必ず直属の上司に退職を伝えること

円満退職をするために、直属の上司に退職の意向を伝えることが社会人に求められる行動です。

直属の上司を飛び越して、社長や部長に話してしまうと直属の上司の管理能力が問われてしまう場合があります。

 

上司の顔を潰さないためにも、直属の上司に退職の意向を伝えましょう。

 

退職の意向を受けた上司は、退職の段取りを決めるために、さらに上の役職者と話をまとめてくれます。

 

上手な退職理由の伝え方

退職を決定事項という形にしないで、相談という形で話しをもちかけてください。

 

あなたの心の中では退職は決定事項ですが「もう決めましたから!」みたいな形で伝えると、やはり失礼にあたります。

心の中では決定事項ですが「退職を考えているのですが、、」という形で上司には話しましょう。

 

場合によっては何回か上司と話しをすると思います。

何回か話しをしていくうちに「しつこいな」と思うかもしれません。

 

しかし何回話しをしても誠実な対応に心掛けましょう。

 

上司があなた(部下)の退職を止める理由は2つだけです。

  • あなたが退職することで仕事が滞る可能性があるため
  • あなたが退職することで上司の評価に下がったり、管理不行き届きになるため

上司があなたのいた「職場のこと」を考えて止めているか「自分のこと」を考えて止めているかどちらかです。

大半は前者ですが、自分のことしか考えていない上司は後者の場合もあります。

 

ただものは考えようで、、

あなたが「退職を考えているのですが、、」と相談をもちかけたときに、一発で「うん、OK!退職日はいつ?」となったら、言いにくいですが、あなたはその職場で必要とされていないです。。( ;∀;)

 

普通は退職を止められて、何回か面談するのが一般的です。

人材が余っていれば別ですが、昨今そんな企業の方が少ないです。

何回か退職を引き留められても「しつこいな」と思わず、誠実に対応しましょう。

関連記事

退職の意向を上司に伝えても、次のように言われたことがありませんか? 「考え直してみて」 「またゆっくり話そう」 「何とか残ってくれないか」このように退職を引き止められることがあります。 […]

 

有給消化も考えて退職日を決めよう

有給休暇の残り日数なども考慮し、上司と退職日を相談しましょう。

 

よくトラブルになる原因がこの有給消化です。

 

ここで有給休暇を使わせてもらえないのは論外です。

まだ古い体質の企業で、有給休暇を使わせてもらえない企業もあるかもしれません。

有給休暇は労働者の権利なので、退職するときは心置きなく使ってください。

 

ただここで注意することは、企業側から退職するときに「有給休暇使う?どうする?」と親切に聞いてくれる企業ばかりではないということです。

自分から退職時に「有給休暇を使う」意思表示することが大切です。

 

そこで退職日を伝えるときも「有給休暇込みなのか」が重要になってきます。

 

よくあるトラブルは以下の通りです。

あなた:上司に「11月末で退職します」と伝える。⇒ 有給が1か月ぐらいあるから、それを使ってあなたは最終出勤は10月までのつもり。

上司:11月末退職だから、11月末まで出勤してくれると思っている。

 

ここでもう食い違いが発生しています。

 

有給消化込みの退職日なのか、あくまで最終出勤日の退職日なのか、はっきりさせておく必要があります。

上司とあなたがお互いで確認し合って、食い違いを防ぎましょう。

 

有給休暇の買取は法律で決まっている?

有給休暇の話しが出たので、おまけのお話しです。

 

たまに私も退職する社員から「有給休暇買い取ってもらえますか?」と聞かれます。

企業によっては「有休休暇の買い取り」をしている企業はあると思います。

 

ただ法律的に有給休暇の買い取り義務はありません。

有給休暇というのは本来「休んでもらう」ための制度です。

「お金に変える」ための制度ではありません。

 

上司や総務部に聞いたり、就業規則などであなたの会社に「有給休暇の買い取り」があるか確認してください。

基本的には転職先の入社日を調整して、有給を全て消化して次の会社に行くことを考えましょう。

 

直属の上司以外に退職の話しを漏らさない

円満退職のためには、正式な退職の決定がされるまでは、退職の話を社内の人に漏らさないことがとても重要です。

 

退職決定後に「周りの社員にいつ伝えるか」も上司に相談しましょう。

よくあるのが、上司に退職意向を伝えた後、ベラベラ他の社員に「私、退職するから」と言っている人がいます。

 

これは上司に失礼です。

 

会社や上司に失礼な言動や態度を取っていると、当然円満退職はできません。

ひどい人だと、直属の上司に退職意向を伝える前に、周りに「私、退職するから」と言っている人もいます。

 

社内の誰かに「退職の相談」をしたい気持ちはわかります。

退職が決定ではなく相談であれば、相談相手には必ず口止めしてください!

退職話しがあなたの口からではなく、周りの社員から上司の耳に入ると、相談だけだったのにあなたが会社に居づらくなる可能性があります。

 

退職が決定ならなおさら、周りの社員に言う前に直属の上司に退職意向を伝えてください。

退職話しだけでなく、誰かが間に入ると話しが大きくなったり、ややこしくなることがほとんどです。

自分の中で退職が決定したら、まず直属の上司に伝え、周りにいつ伝えるかも上司と相談するのが鉄則です。

 

退職まで会社の不平不満を言わない

円満退職を望むのであれば、たとえどんな理由があろうとも会社の不平不満や愚痴を述べるのは避けましょう。

円満退職をするためには、多少会社や上司に言いたいことがあったとしても、自分の希望など、周りの人が納得できそうな事情で辞めるといいでしょう。

 

「この会社が嫌だから辞める!」気持ちはよくわかります。

ただ、その会社に残って頑張る人が必ずいることも忘れないでください。

会社の不平不満を言うことは、その残って頑張る人にも失礼になります。

 

円満退職をするために「立つ鳥跡を濁さず」が基本中の基本です。

退職するまでは給料を貰い、お世話になった会社だと考え、不平不満や愚痴は言わないようにしてください。

 

引継ぎを粛々と行う

上司と相談して退職日まで決定したら、あとは周りに迷惑がかからないように引継ぎをしっかり行いましょう。

 

目安は退職1か月前になったら業務の引き継ぎを行いましょう。

(もちろん会社の都合もあるので、これも上司との相談です)

 

引き継ぎをしっかりすることが、円満退職をするためにはとても大事です。

後に仕事を引き継ぐ人がわかりやすいように資料作成をしましょう。

 

退職する方は口頭での引継ぎがラクですが、後任者のことを考えて資料や文書にして引継ぎしましょう。

これもよくあるのが、

「私が入社したときはロクな引継ぎがなかったわよ!」という問題です。

 

ブラック企業ほど、社員が逃げるように辞める場合も多いので、後任者がロクに引継ぎを受けていないケースも多くあります。

あなたもその当事者になったかもしれません。

 

ただここは大人になって「自分が人にやられて嫌だったことは、人にはしない」精神でいきませんか?

気持ちはわかりますが、後任者が困らない引継ぎを行うことが円満退職の最低条件とも言えます。

 

会社の人の手をできるだけ煩わせないようにする

あくまで目安ですが、10日前になったら、あいさつ状を関係者に出しましょう。

円満退職をするなら、取引先会社に後任者を連れてあいさつにいくことも重要です。

 

また会社から借りていた備品を返したり、パソコンのデータをわかりやすく整理することも大事です。

デスク周りを整理することは退職者も後任者も忘れないのですが、退職時にパソコンのデータがぐちゃぐちゃというのも「あるある」です。

ファイル名も自分しかわからないものではなく、誰が見てもわかるファイル名にしましょう。

例)ファイル名「管理業務2」→ファイル名「顧客管理表一覧」など

 

保険証もきちんと返却しましょう。

有給消化をする場合は退職日に会社訪問して保険証を返却するか、郵送で返却するか総務の方と話しをしておいてください。

 

当日までにしっかりと担当業務を処理して、やり残しがないようにするのも円満退職のために大事なことです。

円満退職を目指すためにも、今まで勤めていた会社の人の手をできるだけ煩わせないようにすることがとても大切です。

 

退職を伝えるのは転職先を決めてからしよう

もし退職してから、ゆっくり転職先を探そうと考えているのであれば、その考えは要注意です。

「あと2年ぐらい何もしなくても食べていける」のであれば別です。

そうでなければ、転職先を見つけてから退職することを強くおすすめします。

 

理由は収入がなくなることで焦ってしまい、余裕がなくなり妥協して転職先を決める人がとても多いからです。。

詳細は次の記事を参考にしてください。

関連記事

あなたは転職活動は「在職中に始める」「退職後に始める」どちらが正解だと思われますか?実際にどちらが良いのか迷われている方も多いと思います。 私は6回転職を経験しました。その経験から「転職活動は在職中[…]

関連記事

転職活動を在職中に始めたときに、いくつか抑えておきたいポイントがあります。また、在職中は会社にバレないように転職活動を進めていきたいですよね。 本サイト「転職ミチシルベ」では「在職中」に転職活動を始めること[…]

 

ただ在職中は時間も限られるので、自分の希望の転職先を探すのが正直難しいです。

そこで、転職エージェントのサポートを受けることをおすすめします。

  • あなたの希望の合う求人をあなたに代わり探してくれます。
  • あなたが不利にならない退職理由も一緒に考えてくれます。

 

また転職エージェントのサポート受けながら、自分の性格や「強み・弱み」を理解することも、後悔しない転職をするために必要なことです。

 

自分自身で強みを見つけるのはなかなか難しいので、客観的に強みを知りたいという方は、リクナビが提供している「グッドポイント診断」を使って自己分析をしてみましょう。

リクナビNEXT
5

グッドポイント診断は「30分間・293問」の本格的な診断を行います。
診断を受けると、18種類の資質からあなたの強みを知ることができます。
診断後はトップページの「各種設定」から簡単に退会できますので、転職予定がない方も安心して利用してください。

 

さらに転職成功の為には、転職エージェントを活用することが重要です。

転職エージェントを活用する主なメリットは次の通りです。

  • 履歴書・職務経歴書の書き方サポート
  • 非公開の特別な求人紹介
  • あなたの経験やスキルに合う求人紹介
  • 企業別の面接対策
  • 条件面や給料面の交渉

 

転職において自分一人ではできない部分を、転職エージェントがサポートしてくれます。

これだけでも希望の転職先から内定を貰える可能性が上がり、転職のミスマッチも未然に防ぐことができます。

 

しかも登録は無料で簡単です。

 

私の転職6回の中で、実際に活用したおすすめ転職サイトと転職エージェントのご紹介です。

次の転職サイトや転職エージェントのサポートを受けて、転職を成功させました。

<おすすめ転職サイトはこちら>

 

<おすすめ転職エージェントはこちら>

転職エージェントを活用することネガティブに捉えるのではなく、次こそは後悔しない転職をするための手段と考えてみてください。

「在職中に転職活動を行い、転職を成功させたい」思ったら、転職エージェントの登録をおすすめします。

 

まとめ

円満退職するために上手な退職理由の伝え方と必要なポイントをご紹介しました。

 

次にポイントをまとめます。

  1. 退職意向は大体2か月前に、直属の上司に相談という形で伝える
  2. トラブルを避けるため、有給消化も考えて退職日を決める
  3. 直属の上司以外に退職の話しを絶対漏らさない
  4. 退職まで会社の不平不満や愚痴を言わない
  5. 引継ぎを丁寧に粛々と行う
  6. 会社の人の手を煩わせないようにする

 

大切なのは「立つ鳥跡を濁さず」精神とベラベラと自分の退職の話しや会社の悪口を言わないことです。

あなたはその会社を辞めますが、その会社に残る人も必ずいることを忘れないでください。

 

どんなに憎い会社や上司でも、後任者には関係ない場合が多いですよね。

憎い会社に復讐をしたいため、後任者にきちんと引き継がないとかは止めましょうね( ;∀;)

 

因果応報でいつか自分に返ってくると考え、どんなに会社が嫌いでも、引継ぎはしっかり行いましょう。

 

とんでもないブラック企業を除いては、円満退職することは社会人として必要なスキルだと思います。

いつも会社と揉めて辞めていく人もいます。

 

円満退職をできる人は次の転職先でも活躍できる人です。

 

このことを忘れずに、本記事を参考にして円満退職を目指してくださいね!

 

最後に今度こそは「ミスマッチの転職」にならないために、転職エージェントを活用することをおすすめします。

<おすすめ転職サイトはこちら>

 

<おすすめ転職エージェントはこちら>

どこに登録するか迷ってしまう方は「DODA」が私の経験では一番おすすめです。

次こそはあなたが満足できる転職を目指してくださいね!

 

ただ転職エージェントに登録したからと言って、ムリに転職する必要はありませんよ。

相談してから転職するか、現職に留まるか判断すれば良いと思います。

相談は無料ですし、気軽に登録してみてくださいね!(^^)!

最新情報をチェックしよう!
>あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

転職は一人で悩むより、あなたに合う求人紹介や面接対策をしてくれる転職エージェントの無料サポートを受けましょう。自分の夢ややりたいことを叶えるための手段として活用してください。

CTR IMG