これまで転職を6回経験「営業→エンジニア→SV→事業統括→人事・総務」様々な職種を渡り歩く。 転職を成功させる方法や本当に仕事に役立つ情報を発信!

HSPの特徴と生きづらさをなくす対処法

あなたは「HSP」についてどれぐらいご存じですか?

 

「HSP」とは「Highly Sensitive Person)」(ハイリー・センシティブ・パーソン)の略で「非常に感受性が強く敏感な気質もった人」のことを指します。

HSPは後天的なものではなく、生まれ持ったものであり生涯変わることはないそうです。

 

今回はこの「HSP」の特徴や生きづらさをなくす対処法をご紹介します。

  • 人の言動や行動に気持ちが左右されやすい
  • 人と接するととても疲れてしまう
  • 一度に多くの指示をされるとパニックになる

 

上記の項目に当てはまり、仕事や日常生活の中で「生きづらい」と悩んでいる方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

記事を読み終えると、あなたはHSPの特徴と対処法がわかり、生きづらさが少しでも軽減されるはずです。

 

HSPとは

HSPとは、生得的な特性として、高度な感覚処理感受性を持つ人のこと。

テッド・ゼフの著書「The Highly Sensitive Person’s Companion」による定義では「産まれたときから幼少期に渡り説明のつかない体験を繰り返し、HSPではなく生まれた人より五感が鋭く、精密な中枢神経系を持ち、良い刺激にも、悪い刺激にも強く反応する感受性の強い人達」とされる。

HSPは生まれ持った気質であり、生涯、変わることはない。

人口の約15~20%を占め、男女によって偏りは見られない。

同様の性質は、人間以外にも100種以上の生物にも見られる。

Wikipediaより引用

 

もしかして自分はHSPではないか?

私は専門的な医療の知識がある訳ではありません。

その中で、この記事を書くきっかけは「自分がHSPではないか?」と考えた過去があるからです。

 

その時に読んだ本はこちらです。

 

  • 周りの何気ない言動が気になったり、傷ついたりする
  • 人と会ったり話しをすると気疲れする
  • 人込みや大きな音が苦手
  • 他人が怒られているのに、自分のことのように感じてしまう
  • アートや音楽、映画などの芸術作品に触れるのが好き

本を読んだり、ネット検索をしている中で、自分にHSPの特徴に当てはまる点が、いくつもあることに気が付きました。

 

病院に行って「あなたは間違いなくHSPです!」と言われた訳ではないですが、、おそらく「自分はHSPなんだな」と今は認識しています。

 

HSPの人が生きづらいのはなぜか?

HSPの特徴を短所として受け止める

HSPの人は自分の敏感さ、繊細さ、感受性の強さを「短所」として受け止めてしまう傾向があります。

  • そんな細かいこと気にするなよ!
  • いつまでもくよくよするなよ!
  • 何でそんな風にマイナスに考えるの?
  • 気にし過ぎだよ!

HSPの人がよく言われる言葉です。

 

このように言われると「自分は間違っている」「自分は弱い人間なんだ」と思ってしまいます。

「自分はもっと強くならなければ」「心の弱さを克服しなければ」と無理に頑張ってしまいます。

 

しかし、冒頭でもご紹介したようにHSPは先天的なものであり、簡単に克服できるものではありません。

克服しようと頑張る

克服できない自分を責める

精神的に落ち込んでしまう

 

このような悪循環のループになります。

 

関連記事

自己責任という言葉を聞いてどんな印象を受けますか?意味としては、自分の行動や過失に対して自分で責任を負うことです。 ネットの普及に伴い、あまりにも厳しく過剰な自己責任論が叫ばれ過ぎている感じがします。[…]

 

刺激や情報があり過ぎる

街を歩いていても、家庭の中でも現代は「刺激と情報」で溢れています。

 

日常生活の何気ない点でも、HSPの人にとっては気になる場面が多くあります。

  • テレビの音が大きい
  • テレビやゲームの画面が明るい
  • 部屋にモノが多い
  • SNSの返信内容

このように普通の人にとっては何でもないことが、HSPの人は気になるのです。

 

私は静かな場所がとても心が休まります。

 

落ち着くというか、刺激がないのでとてもリラックスできるのです。

誰とも話さず、外音もない状況が落ち着くのもHSPの人の特徴です。

 

HSPの対処法

短所ではないことを認識する

HSPは病気でもなく、性格とも違います。

その人の1つの個性に過ぎません。

 

欠点や短所ではなく、1つの個性であることをまずは自分が認識しましょう。

 

刺激や情報をコントロールする

「テレビを見ない、音を小さくする」など日常生活で刺激や情報が入り過ぎないようにコントロールしましょう。

 

プライベートではまだコントロールしやすいです。

しかし、仕事上で一気に複数の仕事を頼まれたり、指示をされたりするとHSPの人はパニックになりがちです。

 

あれもこれも一気に来るとパンクしてしまいます。

 

私もそうなので、一気に仕事を頼まれたり指示があった時は心の中で「1つ1つ」と唱えるようにしています。

 

1つ1つの頼まれごとや指示をメモを取りながら、わざとゆっくり話しをして、その間に自分を落ち着かせます。

 

指示を口頭で繰り返したりして、いわゆる「時間稼ぎ」をして自分を落ち着かせるのです。

頼まれごとや指示が終わった後も「1つ1つ」と心の中で唱えながら、メモを自分が理解できるものに清書します。

 

私も昔は大量に指示が来たときはよくパニックになっていました。

 

相手のペースに合わせるのではなく、自分がわざとゆっくり喋るなど自分のペース引きずり込むことで、パニックになることが少なくなりました。

 

早め早めに身体を休める

HSPの人は敏感なので、普通の人より疲れやすいです。

 

特に初対面の人と話した後や慣れない仕事の後はどっと疲れが出ると思います。

普通の人より疲れやすいことを認識して、早め早めに身体を休めましょう。

 

関連記事

あなたは「結果を出す」ためや「誰かの期待に応えるため」に頑張り過ぎてしまうタイプですか?真面目で責任感が強い人ほど、頑張り過ぎてしまう傾向があります。 心身共に充実している時は、少々頑張り過ぎても人は疲れま[…]

 

周りの理解を得る

仕事仲間や家族に話しをして理解を得ることも大切です。

家族には素直に話しても問題ないですが、仕事仲間、上司などには「HSPなんです!」と言っても、充分な理解は得られないかもしれません。

 

HSPという名前を出す必要はなく、下記のように伝えてみましょう。

  • 一度に複数の指示があると、整理し切れないので、1つ1つメモを取ります
  • 誰かが怒られていると、自分も怒られている感覚になるので、あまり大きな声で怒らないで下さい

2番目は上司にはなかなか言えないですが、、

 

大切なことは「私はこのような特徴があります」ということを相手にインプットさせることです。

「1度に複数の指示を受けるのが苦手」と上司にインプットしてもらえれば、指示を小出しに出してくれるかもしれません。

 

仕事上でも飲みの席でも良いので、サラッとでも相手に自分のHSPのことを伝えたいですね。

 

1番勘違いしてはいけないのは、

「言わなくても私のHSPの特徴を理解してよ!」という身勝手な言い分です。

「人は言わなきゃわからない」

 

この大前提だけは忘れないようにして下さい。

 

関連記事

あなたは職場でうまくコミニュケーションが取れていますか?  仕事を円滑に進めるため 人間関係で困らないようにするため 自分が思った通りにものごとを進めるためこれらを実現させるために、上[…]

 

HSPに向いていない仕事

ここではHSPに向いていない仕事をご紹介します。

 

HSPは刺激に敏感で繊細、感受性が強い特徴があります。

HSPの人に共通して言える、避けた方がよい不向きな仕事は次の通りです。

  • 多くの人と関わる仕事
  • スピードを求められる仕事
  • 多くのスキルを必要とする仕事

 

具体的な職種で言うと

  • 営業全般
  • 接客業
  • 販売業

人との関わりが多いほど、HSPの人は疲れてしまいます。

 

人との関わりやスピードや変化を求められる業界や職種は避けましょう。

 

もしあなたが「今の職場は自分には向いていない」「自分に合う職場を見つけたい」と

少しでも転職を考えたら、転職エージェントに無料登録して「転職のプロ」に相談することをおすすめします。

 

転職エージェントを利用する主なメリットは次の通りです。

  • 履歴書・職務経歴書の書き方のアドバイス
  • あなた一人では見つけきれない非公開求人の紹介
  • あなたの経験やスキルに合う求人紹介
  • 企業別の面接対策
  • 条件面や給料面の交渉

 

自分一人ではできない部分を、転職エージェントがカバーしてくれます。

これだけでも転職先から内定を貰える可能性が上がり、転職のミスマッチも未然に防ぐことができます。

 

しかもサポートは無料です。

 

私の転職経験6回の中で、実際に利用したおすすめの転職エージェントをご紹介します。

私も転職エージェントを活用して、役職も年収も上がり、職場環境の良い職場へ転職しました。

 

<おすすめ転職サイトはこちら>

リクナビNEXT/転職サイト求人数や実績NO1。まずは登録して求人を探してみてください。

ビズリーチ/年収600万以上の方は登録しておいて、あなたに合うスカウトを待ちましょう。

 

<おすすめ転職エージェントはこちら>

DODA/転職サイトと転職エージェント両方のサービスが受けられる。一番のおすすめです。

パソナキャリア/長期的支援を求める人におすすめ。転職が決まるまでサポートしてくれます。

JAC Recruitment/30代以上で年収アップのハイクラス求人を求める人におすすめです。

リクルートエージェント/転職支援実績No1。多くの求人を紹介してもらいたい人におすすめ。

 

【関連記事】

【転職6回】実際使って役に立った、おすすめ転職サイトと転職エージェント

 

転職や転職エージェントを活用することをネガティブに捉えるのではなく、「自分の人生を好転させるための手段」と考えてみてはどうでしょうか。

 

「HSPの自分に合った職場に転職したい」と少しでも思ったら、転職エージェントに気軽に相談してみてくださいね。

 

まとめ

HSPの特徴と生きづらさをなくす対処法についてご紹介しました。

本に書いてあることや実体験を交えながら、お話ししました。

 

自分の短所だと思っていたものを

「それはHSPというものなんだよ。しかも先天的なものだよ」と教えてもらった時は、正直気が楽になりました。

 

HSPで悩んでいる方もまだまだ多いと思います。

また「自分もHSPではないか?」と思っている方もいらっしゃると思います。

 

ここで大切なことは、HSPかどうかではないと思います。

HSPでも、それを自分の個性として受け入れ、上手にコントロールをして対処していくことが大切です。

 

1つの個性ですから、そこまで悲観することも神経質になることもないのです。

 

「自分はそういうもんなんだ」と受け入れることができれば、HSPの大部分は対処したも同然です。

逆に1つのことに集中できるなど、HSPの特徴が世間一般の長所になることもあります!

 

ご紹介した対処法を参考にして「生きづらさ」を少しでも失くしてもらえたら幸いです。

最新情報をチェックしよう!
>あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

転職は一人で悩むより、あなたに合う求人紹介や面接対策までしてくれる転職エージェントの無料サポートを受けましょう。自分の夢ややりたいことを叶えるための手段として活用しましょう。

CTR IMG