40代以上の方が楽しく、充実した生活を送るために作ったサイトです!

HSPの特徴 -敏感過ぎて生きづらい-【生きづらさをなくす対処法】

皆さん 「HSP」とは何か聞かれたことはありますか?

 

「HSP」とは「Highly Sensitive Person)」(ハイリー・センシティブ・パーソン)の略で、「非常に感受性が強く敏感な気質もった人」のことを指します。

HSPは後天的なものではなく、生まれ持ったものであり生涯変わることはないそうです。

 

今回はこの「HSP」についてご紹介をしていきます。

  • 「人の言動や行動に気持ちが左右されやすい」
  • 「人と接するととても疲れてしまう」
  • 「一度に多くの指示をされるとパニックになる」

このように仕事や日常生活の中で「生きづらい」と悩んでいる方はぜひ参考にして下さい。

HSPとは

HSPとは、生得的な特性として、高度な感覚処理感受性を持つ人のこと。

テッド・ゼフの著書「The Highly Sensitive Person’s Companion」による定義では「産まれたときから幼少期に渡り説明のつかない体験を繰り返し、HSPではなく生まれた人より五感が鋭く、精密な中枢神経系を持ち、良い刺激にも、悪い刺激にも強く反応する感受性の強い人達」とされる。

HSPは生まれ持った気質であり、生涯、変わることはない。

人口の約15~20%を占め、男女によって偏りは見られない。

同様の性質は、人間以外にも100種以上の生物にも見られる。

Wikipediaより引用

もしかして自分はHSPではないか?

私は専門的は医療の知識がある訳ではありませんが、この記事を書くきっかけは自分が「HSPではないか?」と考えた過去があるからです。

 

その時に読んだ本はこちらです。

  • 周りの何気ない言動が気になったり、傷ついたりする
  • 人と会ったり話しをすると気疲れする
  • 人込みや大きな音が苦手
  • 他人が怒られているのに、自分のことのように感じてしまう
  • アートや音楽、映画などの芸術作品に触れるのが好き

本を読んだり、ネット検索をしている中で自分がHSPの特徴に当てはまる点が、いくつもあることに気が付きました。

 

病院に行って「あなたは間違いなくHSPです!」と言われた訳ではないですが、、おそらく「自分はHSPなんだな」と今は認識しています。

HSPの人が生きづらいのはなぜか?

HSPの特徴を短所として受け止める

自分の敏感さ、繊細さ、感受性の強さを「短所」として受け止めてしまう傾向があります。

  • そんな細かいこと気にするなよ!
  • いつまでもくよくよするなよ!
  • 何でそんな風にマイナスに考えるの?
  • 気にし過ぎだよ!

HSPの人がよく言われる言葉です。

 

このように言われると「自分は間違っている」「自分は弱い人間なんだ」と思ってしまいます。

「自分はもっと強くならなければ」「心の弱さを克服しなければ」と無理に頑張ってしまいます。

 

しかし、HSPは先天的なものであり、簡単に克服できるものではありません。

そうすると、次は克服できない自分を責めてしまいます。

克服しようと頑張る

克服できない自分を責める

精神的に落ち込んでしまう

このような悪循環のループになります。

刺激と情報があり過ぎる

街を歩いていても、家庭の中でも現代は刺激と情報で溢れています。

 

日常生活の何気ない点でも、HSPの人にとっては気になる場面が多くあります。

  • テレビの音が大きい
  • テレビやゲームの画面が明るい
  • 部屋にモノが多い
  • SNSの返信内容

このようにHSPではない人にとっては何でもない事がHSPの人は気になるのです。

 

私は静かな場所がとても心が休まります。

落ち着くというか、刺激がないのでとてもリラックスできます。

 

誰とも話さず、外音もない状況が落ち着くのもHSPの人の特徴です。

HSPの対処法

短所ではないことを認識する

HSPは病気でもなく、性格とも違います。

その人の1つの個性に過ぎません。

 

欠点や短所ではなく、1つの個性であることをまずは自分が認識しましょう。

刺激や情報をコントロールする

「テレビを見ない、音を小さくする」など日常生活で刺激や情報が入り過ぎないようにコントロールしましょう。

 

プライベートではまだコントロールしやすいですが、仕事上で一気に複数の仕事を頼まれたり、指示をされたりするとHSPの人はパニックになりがちです。

あれもこれも一気に来るとパンクしてしまいます。

 

私もそうなので、一気に仕事を頼まれたり指示があった時は心の中で「1つ1つ」と唱えるようにしています。

1つ1つの頼まれごとや指示をメモを取りながら、わざとゆっくり話しをして、その間に自分を落ち着かせます。

 

指示を口頭で繰り返したりして、いわゆる「時間稼ぎ」をして自分を落ち着かせるのです。

頼まれごとや指示が終わった後も「1つ1つ」と心の中で唱えながら、メモを自分が理解できるものに簡単ですが清書します。

私も昔は大量に指示が来たときはよくパニックになっていました。

 

相手のペースに合わせるのではなく、こちらがゆっくり喋るなど自分のペース引きずり込むことで、パニックになることがかなり少なくなりました。

早め早めに身体を休める

HSPの人は敏感なので、普通の人より疲れやすいです。

 

特に初対面の人と話した後や慣れない仕事の後はどっと疲れが出ると思います。

普通の人より疲れやすいことを認識して、早め早めに身体を休めましょう。

周りの理解を得る

仕事仲間や家族に話しをして理解を得ることも大切です。

家族には素直に話しをしても問題ないですが、仕事仲間、上司などには「HSPなんです!」と言っても、充分な理解は得られないかもしれません。

 

HSPという名前を出す必要はなく、下記のように伝えてみましょう。

  • 一度に複数の指示があると、整理し切れないので、1つ1つメモを取ります
  • 誰かが怒られていると、自分も怒られている感覚になるので、あまり大きな声で怒らないで下さい

2番目は上司にはなかなか言えないですが、、

 

大切なのは「私はこのような特徴があります」ということを相手にインプットさせることです。

「1度に複数の指示を受けるのが苦手」と上司にインプットしてもらえれば、指示を小出しに出してくれるかもしれません。

 

仕事上でも飲みの席でも良いので、サラッとでも相手に自分のHSPのことを伝えたいですね。

 

1番勘違いしてはいけないのは、

「言わなくても私のHSPの特徴を理解してよ!」という身勝手な言い分です。

「人は言わなきゃわからない」

この大前提だけは忘れないようにして下さい。

まとめ

HSPの特徴と対処法についてご紹介しました。

本に書いてあることや実体験を交えながら、お話ししました。

 

自分の短所だと思っていたものを

「それはHSPというものなんだよ。しかも先天的なものだよ」と教えて貰った時は随分気が楽になりました。

 

HSPで悩んでいる方もまだまだ多いと思います。

また「自分もHSPではないか?」と思っている方もいらっしゃるでと思います。

 

ここで大切なことは.

HSPかそうではないことが大切なのではなく、自分の個性として受け入れ、上手にコントロールをして対処していくことです。

1つの個性ですから、そこまで悲観することも神経質になることもないのです。

 

「自分はそういうもんなんだ」と受け入れることができれば、HSPの大部分は対処したも同然です。

逆に1つのことを集中してできるなど、HSPの特徴が世間一般の長所になることもあります!

 

ご紹介した対処法を参考にして「生きづらさ」を少しでも失くしていきましょう!

 

※合わせて下記の記事もぜひご覧ください。

www.grateful-feelings.com

www.grateful-feelings.com

最新情報をチェックしよう!