これまで転職を5回経験「営業→エンジニア→SV→事業統括→人事・総務」様々な職種を渡り歩く。 転職を成功させる方法や本当に仕事に役立つ情報を発信!

【採用担当者必読】中途採用を失敗させない方法!成功する採用とは?

これまで転職に関することについて、成功のポイントや心構えなど「転職する側」の方に向けて、記事を発信してきました。

 

今回は視点を変えて「採用する側」の方に向けて、中途採用を失敗させないためのポイントをご紹介します。

人事部など採用担当者の方に取って有益な内容なので、ぜひ最後までご覧ください!

 

採用する目的からブレないようにする

人を新規に中途採用する目的は会社の状況によって異なります。

 

新卒採用と中途採用でも目的が大きく異なります。

中途採用(転職)について、大きく2つのパターンに分けてご紹介します。

 

「なぜ、人を採用するのか?」

この一点にフォーカスを当てて考えることがとても大切です。

採用の目的が人員補充の場合

  • 退職する社員が出た
  • 事業拡大のために人員不足になった

 

単純に数的な人員補充の場合です。

数的な人員補充の場合は、ある程度の欲しい人物像やスキルは固まっていると思います。

総務部で退職が出れば、総務経験がある人を採用するのが一般的ですよね。

 

スキルも前任者と同等レベルか、それ以上のスキルを持った人が採用出来ればOKです。

事業拡大による採用も、足りない部分を採用する訳なので、ピンポイントで求人が出せると思います。

採用の目的が会社の体制や組織強化・立て直しのため

マネジメント職を複数人採用しない!

  • 営業が弱いから、営業を強化したい
  • 管理部門が機能していないから立て直したい
  • 経営分析ができる部署を立ち上げたい

 

会社の体制や組織の体制強化、もしくは立て直しのために採用を行う場合があります。

 

この場合にあなたはどんな人を採用しますか?

 

まず思い浮かぶのは、

その道のエキスパートで経験豊富な人を採用しませんか?

年齢で言うと40代〜50代といったところでしょうか。

 

しかし、、、

この考え方は危険です!!

 

もし採用部署にマネジメントをする人が不在で、プレイヤーばかりであれば、40代~50代のマネジメント職を採用しても問題ありません。

 

しかし、既にマネジメントをする人が1人でもいる場合は、同じマネジメント職を採用をするべきではありません。

 

スキルがあり、経験が豊富な人が1人でも多くいた方が良いのではないか?

この考え方は間違いです!!

 

理由は2つあります。

ここでは「船頭」と「船員」に分けて説明します。

  • 「船頭」→スキルも高く経験豊富な人(マネジメント職)
  • 「船員」→一般の社員(プレイヤー職)

指示が複数になるとプレイヤーは混乱します!!

 

「船頭多くして船山に登る」という言葉があります。

「指示をする人が多過ぎると、かえって統率が取れず、とんでもない方向へ向かっていく」という意味です。

 

「あの上司」と「この上司」で言っていることが違うと、現場は混乱するだけです。

 

指示する人は1人がベストです。

「その指示する人が指示を誤ったらどうする?」と言われることがありますが、指示が誤っていれば、やり直せば良いだけです。

 

複数の指示があれば、どの指示が誤りだったかわからなくなり、責任に所在が曖昧になります。

指示が1つであれば、その指示が誤りなので、再度練り直せば済む問題です。

実行するプレイヤー職を増やせ!

お伝えした通り「あーしろ!」「こーしろ!」と指示する船頭は1人で充分です。

 

その指示を末端まで実行→徹底させる船員の採用に力を入れましょう。

 

例えば、年収700万の船頭を雇うのあれば、年収350万のプレイヤーを2人採用した方が、絶対に組織のためになります。

 

採用する側は船頭を複数人雇えば年収も高いし、何とかしてくれると思いがちです。

しかし、船頭が何人もいても船は動きません。

 

体制強化や立て直しに必要なのは、実際に船を動かす船員なのです。

ここが採用する側というか、経営陣がよく勘違いするところです。

 

体制強化や立て直しができないのは、それに対する具体案が出ないからではありません。

 

その具体案を実行する人員が足りていないだけです。

 

日々やらないといけない仕事に追われ、やればもっと良くなる仕事に時間を割けていないのです。

 

どの会社でも言えることですが、誤解を恐れずに言えば「ああしたら良くなる」「こうしたら良くなる」というのは、大抵の人がわかっています。

 

ただ実行が難しいのです。

「言うは易し、行うは難し」です。

 

とにかく手を動かし、実行する人をたくさん雇うようにしてみてください。

組織は船頭と船員のバランスが大切です。

 

ここを経営陣が履き違えて、船頭ばかり雇って結果が出ないと嘆き「船頭に能力がないからだ!」と見当違いの結論に至ります。

 

船員がいるから船頭が活きるのです!

 

どんなに優秀な船頭でも身体は1つで手は2本しかありません。

仮に優秀な船頭が船員になり下って、いくら頑張ったとしても、身体は1つで手は2本しかないので、精々プレイヤーの1.5人分の仕事をするのが精一杯です。

 

組織や部署の体制強化や立て直しを行うためには、船頭は1人、船員を多く雇うことが大原則です。

 

市場の転職情報を集めよう

採用担当者は中途採用を行う際に、市場の転職情報が気になりますよね。

特に今は新型コロナの関係で、転職市場の動きも以前とは変わってきています。

 

そこで転職エージェントに登録して、キャリアドバイザーから転職に関する情報収集を行うのも一つの手段です。

 

私は自分が転職するためもありますが、採用する立場として転職エージェントに登録して市場調査していました。

 

けっこうリアルな市場の生の声が聞けて勉強になりますよ!(^^)!

もちろん自分が少しでも転職を考えていれば、転職エージェントに登録しておいて損はないです。

 

「全く転職する気がないのに、転職エージェントに登録するのは気が引ける」と考えるかもしれません。

しかし、キャリアドバイザーと気が合えば、逆にその人から自社に良い人を紹介してもらいましょう。

 

ちょっと変わったやり方かもしれませんが、どういう形でも「縁を繋いでおくこと」は大切です。

特に人材不足に悩んでいる採用担当者は、転職エージェントと仲良くしておいて縁を繋いでみましょう。

 

私は今もですが、介護関係の採用を長くしてきました。

介護関係はご存じの通り、常に人材不足でなかなか人が集まりません。

 

この方法で私は市場調査だけでなく、良い人を転職エージェントから紹介してもらい採用したこともあります。

 

おすすめの転職エージェントをご紹介しますので、気になった転職エージェントがあれば登録は無料なので、登録だけでもしてみて下さいね。

 

【DODA】

doda

 

DODAは求人数の量も質も非常にバランスの取れた転職サイトです。

20代~50代まで幅広い年齢層で、様々な業界や職種にも対応してくれるので、初心者の方に特におすすめです。

 

転職サイトDODAで求人を見つけて、転職エージェント経由で応募することをおすすめします。

私も一番頼りにした転職サイトです。

 

転職を考えたら、まずは転職サイトのDODAに登録すれば間違いないです。

 

【パソナキャリア】
パソナキャリア

長期的に根気強く支援をしてくれるのがパソナキャリアの特徴です。

 

私も専属の担当の方がずっと変わらず手厚いフォローをしてくれました。

「転職のことは全然わからない!」という初めての転職の人にも自信を持っておすすめできます。

 

全国区の転職エージェントですが、私が住んでいる地元の企業も数多く紹介してくれました。

 

【JAC Recruitment】

JAC Recruitment

JAC Recruitmentは30代以上で年収アップのハイクラス求人を探している場合は必ず登録したい転職エージェントです。

 

実際、私も年収やキャリアアップの求人を紹介してもらいました。

ハイキャリア案件については間違いなくNO1のエージェントです。

 

外資やグローバル転職に強く、管理職や技術系のスペシャリスト求人にも精通しています。

30代以上でさらなる年収とキャリアアップを目指す人は登録しておきましょう。

 

【マイナビエージェント】
マイナビエージェント

マイナビエージェントは20代向けの案件が多いので、20代や第二新卒におすすめしたい転職エージェントです。

また中小企業の案件に強いことが特徴です。

 

キャリアやスキルが浅くても丁寧にフォローしてくれます。

新卒で入社した会社が「ブラック企業だった」「思っていた会社と違った」など自分が描いていた会社ではなく、転職を考えたらマイナビエージェントに登録して下さい。

 

【リクルートエージェント】
リクルートエージェント

30代のときの転職でリクルートエージェントは大変お世話になりました。

超有名企業から地場の中小企業まで幅広く紹介をしてくれました。

 

転職サイトのリクナビNEXTと連携して活用することをおすすめします。

 

よく耳にするのが担当者によってサービスの質にバラつきがあるのと、取り扱い案件が多いため絞り切れない場合があるので、他にご紹介したパソナキャリアJAC Recruitmentマイナビエージェントと並行して活用することをおすすめします。

 

まとめ

中途採用を失敗させない、成功する採用方法についてご紹介しました。

 

会社運営の中で必ず問題は起きます。

問題を解決するのは、船頭ではなく船員です。

  • 船頭は知恵を出す。船員はそれを実行する。
  • 知恵を出す人間は1人。実行する人間は複数。

これがベストの形です。

 

採用担当者はご紹介したように組織や体制の人員配置のバランスを考えて、採用活動を行なってみてください。

 

スキルがあり、経験豊富な優秀な人材ばかり集めても上手くいくとは限りません。

プロ野球で言うと、一時の某〇人軍のように、4番打者ばかり集めても打線が機能しないのと同じことです!!( ;∀;)

 

適材適所の人員配置を考えて、採用活動を行えば必ず会社は良い方向へ向かいます。

今回の記事を参考にしていただき、採用担当者の方は、誇りと責任を持って頑張ってくださいね!(^^)!

最新情報をチェックしよう!
>【趣味サイト「エンタメらいふ」】

【趣味サイト「エンタメらいふ」】

私の別の趣味サイト「エンタメらいふ」のご紹介です。
どんでん返しのミステリー小説や映画が好き。
ボーカル・ベースのバンド経験から音楽のうんちくを語る。
あなたの人生が豊かになるエンタメ情報を発信!
おすすめの本(主にミステリー小説)や映画や音楽や漫画やゲームを紹介します。

CTR IMG