これまで転職を6回経験「営業→エンジニア→SV→事業統括→人事・総務」様々な職種を渡り歩く。 転職を成功させる方法や本当に仕事に役立つ情報を発信!

面接で緊張しない効果的な方法【自分も相手を面接する】

あなたは面接を受けるときに緊張するタイプですか?

よっぽど場慣れしているか、鈍感な人ない限り、、面接で緊張するのは普通のことだと思います。

 

「面接で緊張していつもの自分を出せなかった、、」

このような話しもよく聞きます。

 

本記事では面接で緊張しない効果的な方法をご紹介します。

 

「心構え」次第で面接結果は大きく左右されます。

記事を読み終えると、あなたは面接で緊張しない方法がわかり、転職を成功させることができるはずです。

 

ぜひ最後までご覧ください。

 

面接で緊張しない効果的な方法【自分も相手を面接する】

面接はお互いが同等の立場である

大前提として、面接はする方もされる方も同等の立場です。

これって当たり前と言えば当たり前なのですが、結構忘れがちな重要なことなんです。

 

面接時に横柄な態度や失礼な言動はもちろん論外ですが、必要以上に下手に出ることはありません。

 

この気持ちが前提として持っておかないと、どんなテクニックを使っても緊張すると思います。

堂々と自然体で面接に臨みましょう。

 

面接は相性やタイミングにも左右される

面接は面接官との相性や面接時のタイミングにも大きく左右されます。

 

やはり人対人なので、相性で「合う、合わない」はどうしてもあります。

もしかしたら「他の面接官であれば、相性バッチリで話しが合って内定をもらえた」ということも実際にあると思います。

 

合わせて、面接時のタイミングもこちらではどうしようもできないことです。

私も経験があるのですが、社長との最終面接で散々待たされた挙句、明らかに社長が機嫌が悪いんですよね。

 

質問に対して、私が何を答えても否定的に捉えられました。

 

最終的にその場で面接不合格を言い渡されました( ゚Д゚)

隣にいた取締役の方が、申し訳なさそうにしていたのが印象的でした。。

 

私の実力不足や質問に対する回答が、社長に響かなかったのは、もちろんあると思います。

しかし、別の日に面接していたら、違った結果になっていたかもしれないと考えることもあります。

 

面接は相性やタイミングもあるので、、必要以上に身構える必要はありません。

相性とタイミングは本当にこちらではどうしようもできないことです。

 

面接は運にも左右されるものなので、開き直りましょう。

その考えが緊張を和らげてくれることに繋がります。

 

代表的な質問の回答と質問することは準備しておこう

やはり面接は準備がとても大切です。

 

「質問されることの回答」と「質問すること」は準備して臨みましょう。

 

【よく質問されること】

  1. なぜその企業を志望したか
  2. これまでの退職理由
  3. これまでの経験やスキル
  4. あなたができること
  5. あなたが今後したいこと
  6. あなたが仕事で重要視していること
  7. 内定後の入社時期

 

【代表的な質問すること】

  1. 仕事内容
  2. その企業の今後のビジョン
  3. 求める人物像

 

【関連記事】

転職面接での効果的な逆質問の仕方【この一言でOK】

 

予想される質問の回答と質問することを準備しておけば、安心して面接に臨むことができます。

 

これは転職エージェントを使って転職すれば、必ず転職エージェントからアドバイスがもらえるところです。

面接準備に不安を持っていたり、自分に合う求人を紹介してもらいたいと思ったら転職エージェントに無料登録してみましょう。

 

他にも転職エージェントを利用する主なメリットは次の通りです。

  1. 履歴書・職務経歴書の書き方のアドバイス
  2. あなた一人では見つけきれない非公開の求人を紹介
  3. あなたの経験やスキルに合う求人を紹介
  4. 条件面や給料面をあなたに代わって交渉

 

しかもサポートは無料ですので、利用しない手はないと思います

 

私の転職経験6回の中で、実際に利用したおすすめの転職エージェントをご紹介します。

サポートを受けて、あなたの転職を成功させましょう。

 

<ひとまず、転職サイトに登録して様子をみたい方はこちら>

リクナビNEXT/転職サイト求人数や実績NO1。まずは登録して求人を探してみてください。

ビズリーチ/年収600万以上の方は登録だけしておいて、スカウトを待つのもおすすめです。

 

<筆者も登録したおすすめ転職エージェントはこちら>

DODA/転職サイトと転職エージェント両方のサービスが受けられる。一番のおすすめです。

パソナキャリア/長期的支援を求める人におすすめ。転職が決まるまでサポートしてくれます。

JAC Recruitment/30代以上で年収アップのハイクラス求人を求める人におすすめです。

リクルートエージェント/転職支援実績No1。多くの求人を紹介してもらいたい人におすすめ。

 

【関連記事】

転職エージェントの賢い使い方・付き合い方をわかりやすく解説!

 

面接対策はどうしても一人では難しい部分があります。

その「難しい部分」をサポートしてもらうと、あなたの転職活動はもっとラクになるはずです。

 

こちらも相手を面接するスタンスで臨む

面接はされるものだけではなく「こちらが面接するんだ」というスタンスで臨みましょう。

 

このスタンスで面接に臨むと、心の余裕を持つことができます。

 

「面接される」と思ってしまうから「失敗したらいけない」という考えが働き、萎縮したり緊張したりします。

逆に「こちらが面接するんだ」と考えると、精神的にも優位に立つことができるので、萎縮や緊張が和らぎます。

 

その会社の面接に落ちても、頑張っていればチャンスは必ずあります。

会社なんて世の中にはたくさんある訳です。

 

ブラック企業で「面接で落ちてラッキーだった。入社しなくて良かった、、」となるかもしれません。

横柄な態度はいけないですが、精神的に優位に立つために「こちらが面接するんだ!」という気持ちで面接に臨んでください。

 

精神的に優位に立つことで、普段のあなたが出せるはずです。

 

【関連記事】

転職面接で受かるコツ!合格するための5つの対策方法

 

面接はブラック企業かどうか見極める場所でもある

「こちらも相手を面接する」ことをお伝えしました。

面接はお互いを「見極める場所」です。

 

話しは少し逸れますが、面接でブラック企業かどうか見極めることも大切です。

誰しも、ブラック企業に入社したくないですよね、、( ;∀;)

 

就業条件(給与や勤務時間、休日など)は事前に求人票を確認すればわかります。

もちろん、入社してみないとわからない部分はありますが、その企業の雰囲気や環境は面接で確認できる部分もあります。

 

ブラック企業かどうかを判断するために、ストレートに「残業の有無」や「離職率」などを質問をすることは難しいかもしれません。

しかし、直接的な質問でなくても、業務内容の話しなどから「あれ、ブラックかな、、」という雰囲気を読み取るように心掛けてみて下さい。

 

具体的に次のキーワードが出たら「ブラックかも・・」と疑ってみて下さい。

 

  • 今の職場環境や仕事内容をあまり語らず、将来のビジョンや経営者の夢ばかり語る
  • 今は給料は低いけど、頑張ったら給料を上げると言ってくる
  • 頑張ったらすぐに出世して管理職になれるチャンスがあると言ってくる
  • 面接官が疲れているように見える

 

起業したばかりのベンチャー企業であれば、まだ実績がないので将来の夢ばかりを語ることはあります。

そういうベンチャー企業で「バリバリ働いて経験を積みたい!」と思われる方は、少々のブラックでも飛び込んでみるべきだと思います。

 

私がお伝えしたいのは、

ある程度の規模の会社で、現状を語らずに夢ばかり語る企業は要注意だということです。

関連記事

私は6回の転職経験があります。転職活動をする中でたくさんの面接を受けて、様々な転職エージェントと接してきました。 また逆に面接をする側としても10年以上の間、何百人と面接をしてきました。その中で「給[…]

 

慣れないうちは難しいかもしれませんが、まずは「相手の言葉の意図を読み取ろう」という意識してみてください。

面接官の話し方や態度からでも、その企業の雰囲気や風土が読み取れることもあります。

 

意識してブラック企業かどうか見極めるためにアンテナを張ることです。

 

そうすることで言動や雰囲気に敏感になり「入社して大丈夫な会社」かどうかを見極める判断材料を得ることができます。

 

転職エージェント経由の転職であれば、リクルートエージェント、パソナキャリア、DODA転職エージェント、JAC Recruitmentなどは求人先の詳細な情報を把握しています。

こちらが質問をしにくい「離職率」や「残業時間」などもあなたに代わって、求人先に質問してくれるので、ブラック企業かどうか見極めるときに役に立ちます。

 

まとめ

「面接で緊張しない効果的な方法」についてご紹介しました。

 

ご紹介した内容を次にまとめます。

  1. 面接はお互いが同等の立場であることを認識する
  2. 面接は相性やタイミングにも左右されるので開き直る
  3. 代表的な質問の回答と質問することは準備しておく
  4. 精神的優位に立つため、こちらも相手を面接するスタンスで臨む

 

面接で「不合格」になると、自分の不甲斐なさや情けなさに心が落ち込むこともあると思います。

しかし、会社は1つではありません。

 

自分が諦めない限り、きっと自分に合う会社に出会えるはずです。

 

私なんて、そんな感じで転職を6回もしていますよ、、(‘ω’)

 

最後に面接はある程度「場慣れ」も大切です。

 

何回か経験することで、余裕も出てきて緊張もしなくなります。

(面接なんて何回もしたくない!というのはありますが、、)

 

転職活動は諦めたり、妥協したりすると後から後悔する結果になります。

自分の理想の転職をするために、本記事を参考にしていただければ幸いです!(^^)!

 

もし面接準備にどうしても不安がある場合は、転職エージェントDODAへ無料相談することをおすすめします。

「面接対策」を親切丁寧にサポートしてくれます。

最新情報をチェックしよう!
>あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

転職は一人で悩むより、あなたに合う求人紹介や面接対策までしてくれる転職エージェントの無料サポートを受けましょう。自分の夢ややりたいことを叶えるための手段として活用しましょう。

CTR IMG