転職を6回経験した45歳男性会社員。転職や仕事の悩みを全身全霊で解決するブログです!!
転職

面接で退職理由を質問されたときの考え方と回答例

面接で「退職理由」は必ずと言っていいほど質問されます。

 

退職理由については、面接官が納得する回答を準備することがとても大切です。

本記事では、退職理由を質問されたときの考え方と回答例をご紹介します。

 

面接は『言葉一つ』で合否が決まります。

 

記事を読み終えると、あなたは面接で退職理由を質問されても、印象良く答えることができるはずです。

ぜひ最後までご覧ください!

 

なぜ面接時に退職理由を質問するのか?

面接官は退職理由からその人を考察する

まず「なぜ面接時を退職理由を質問するのか」考えてみましょう。

 

面接官は次のことを考えて、退職理由を質問します。

  • 困難や問題が起きたとき、すぐ退職を考える人か?
  • 退職理由から本人のタイプ、考え方を把握する

 

面接官は「すぐに退職を考える人か」と「本人のタイプ、考え方」この2点を見極めるために、退職理由を質問します。

 

会社はすぐ退職されると大変困る

会社は「すぐ退職される」と大変困ります。

  • 採用までに費やしたお金や時間や労力がムダになる。
  • 「なんですぐ辞める人を採用か」面接官や配属された部署の責任問題に発展する。

 

すぐ辞められたら、これまでその人に費やした「労力(時間)、コスト」の苦労が全て水の泡ですよね、、( ;∀;)

また退職によって、後任の選定など、また調整が必要になります。

 

その人が普通に頑張っている人であれば、会社は基本的には「辞められたら困る」のです。

これらの理由から「すぐ退職しないか」を懸念して、面接官は退職理由を質問します。

 

本人の考え方を見極める

また退職理由を質問することで、その人の考え方や責任感などもある程度わかります。

  • 上司が嫌で退職した
  • 人間関係で揉めて退職した
  • キャリアアップできなかったから退職した

 

退職理由を他責にして「自分は悪くない」スタンスは印象が非常に悪いです。

 

『ウチの会社に入社しても「何かのせい」にするのかな』と面接官に思われてしまいます。

 

どの会社にも大なり小なり問題があります。

「給料も良くて、上司も信頼できて、仕事もラクで、、」こんな完璧に揃っている会社はなかなかありません。

 

仕事なので、困難や問題に対応しないといけないこともあります。

「問題や困難から逃げ出す人」か見極めるために、退職理由を質問するのは大変効果的なのです。

 

誰が聞いてもブラック企業で「それは退職しても仕方ない、、」と面接官が判断すれば、在籍期間が短い退職でも問題ありません。

 

退職理由を質問するだけで、その人が「自責」か「他責」かなど、タイプや考え方がわかるので、退職理由を質問します。

関連記事

誰でも面接は緊張しますよね。よっぽど場慣れしているか、鈍感な人でない限り、、面接で緊張するのは普通のことです。 面接で緊張していつもの自分を出せなかった、、 このような[…]

 

面接で退職理由を質問されたときの考え方や回答例

前職の不満や悪口を言わない

前職を退職したということは、やむを得ない事情以外は、何かしら不満があって退職したのだと思います。

 

その前職への不満や悪口ばかりを言うと、先程もお伝えしましたが「会社や人のせいにする人」と思われて、印象が悪くなります。

 

誰が聞いてもドン引きするような、ブラック企業であれば別です。

しかし、これもお伝えしましたが、多かれ少なかれ、どの会社も問題や困難なことを抱えています。

 

不満や悪口に終始していると「この人に入社してもらっても、会社の不満を言い続けるのだろうな」と判断されて、良い結果にはなりません。

 

「自分が何をしたか」を伝える

大切なのは「前職の実態」をそのまま説明することではありません。

 

その中で「自分が何をしたか」を伝えることが大切です。

  • 残業が多かったので、業務の効率化の具体案を提案しました。
  • 会社の評価基準があいまいだったので、評価基準を作成し導入を試みました。

 

大きなことでなくても大丈夫です。

 

大切なのは「自分がアクションを起こした」事実を伝えることです。

「不満や問題に対し、アクションを起こし解決を図ろうしたがダメだった」という話しに持っていきましょう。

 

そうすれば「この人は自分で考えて行動ができる人」という好印象を持ってもらえます。

 

前向きな表現に終始する

面接で退職理由を質問されたときの考え方と回答方法

面接では終始「前向きな表現」を使うことがとても大切です。

 

残業が多かった

残業が多くつらかったが、多くの仕事をしてきたので成長できた。

 

上司と揉めた

上司の圧力やプレッシャーがあったが、人間関係について良い人生勉強になった。

 

理不尽なことが多くあった
多くの困難を経験し、人間的成長ができた。

 

どんな状況でも、あった出来事を前向きに捉える発言をしましょう。

 

会社側から見れば、あなたを「採用する」ということは「一緒に仕事をする」ということです。

誰でも後ろ向きで不満や愚痴を言う人より、前向きな人と一緒に仕事をしたいですよね。

 

面接官はその人を採用して、一緒に仕事をする姿も想像して合否を決めます。

起きた事実が大切ではなく、起きた事実を前向きに捉えて話しをすることが大切です。

 

実際に前向きに捉えれなくても、、演技でも、、面接時は前向きに捉えたように話しをしてください!

 

退職した目的をはっきり伝える

「退職した理由」があるのと同時に「退職した目的」が存在するはずです。

 

<例>

【退職理由】

  • 給料が安いから退職した

 

【退職目的】

  • 次は給料が高い会社に転職したい

 

「退職理由」があれば、それを解決する「退職目的」があります。

 

この「退職目的」を上手に伝えると、面接官にかなり好印象を持ってもらえます。

 

前職より給料の高い会社に転職する

前職は仕事内容は満足していましたが、これからの子供の養育費を考えると、どうしても前職の給与では生活が厳しかったです。御社に入社することができましたら、給与に見合う成果を出すよう努力します。

 

スキル・キャリアアップのために転職する

前職でも様々な勉強をさせていただきましたが、自分の将来を考えた時に御社で〇〇についてのスキルを習得したいと考えております。

 

「スキル・キャリアアップ」のことは40代以上の方には通用しませんが、20代から30代前半までは言っても大丈夫です。

 

40代以上の転職は下記の記事を参考にして下さいね。

関連記事

一般的に40代の転職は厳しいと言われています。 その為、40代でブラック企業で働いていても「会社にしがみつくしかない」と考える方も多いのではないでしょうか。 私は40歳を超えて[…]

 

上司との関係が上手くいかなかったので転職する

前職では上司との関係を含め、人間関係について多く勉強しました。御社では謙虚な気持ちを忘れず、感謝の心を持って人間関係を構築します。

 

前職では何かあって退職したはずですし、転職して叶えたいことが必ずあるはずです。

 

「転職して叶えたい目的のために、御社に入社したいです!」という話しに持っていきましょう。

 

関連記事

面接で「何か質問はありますか?」と聞かれて困った経験がありませんか? いわゆる「逆質問」です。 面接は「質問されるだけ」の場所ではありません。面接はお互いが質問し合って[…]

 

まとめ

面接で退職理由を質問された時の考え方と回答例をご紹介しました。

 

次にご紹介した内容をまとめます。

  1. 前職の不満や悪口を言わない
  2. 「自分が何をしたか」を伝える
  3. 前向きな表現に終始する
  4. 退職した目的をはっきり伝える

 

前職が嫌で退職したとしても、不満や悪口を言うのは堪えて、その中で何をしてきたのかを伝えましょうね。

叶えたい夢や目標があって転職するのであれば、それをはっきりと伝えて「この夢を叶えるために入社したいんだ!」と堂々とアピールしましょう。

 

最後に基本的なことですが、面接では明るくハキハキと話しをしてください!

 

あなたが面接官だったら、どんな人と一緒に働きたいか想像してみて下さい。

暗く後ろ向きな人と一緒に働きたくないですよね。

 

「話す内容」も大切ですが「話し方」で印象は変わります。

 

面接は準備が全てです。

本記事を参考にしていただき、準備万端で面接に臨みましょう!

関連記事

面接に合格するためには「事前の対策」が必要です。対策せずに面接に臨むと、何を話していいのかわからず良い結果になりません。 ただ「どのように面接対策をすれば良いかわからない」という話しもよく聞きます。[…]

関連記事

転職を考えたときに転職先が「ブラック企業だったらどうしよう」と不安になりませんか? どんなに転職を焦っても、ブラック企業に入社してはいけません。また転職を繰り返してしまうか、心身ともに追い込[…]

 

最善の面接対策を行うために

最後に最善の面接対策を行うために、転職のプロである転職エージェントに登録して、面接対策を一緒に進めると良い結果に繋がります。

 

合わせて、転職エージェントは非公開求人も多く持っています。

あなたの夢や目標が叶う求人が見つかる可能性も高くなります。

 

まずは「ヘッドハンターや直接企業から話しを聞きたい」と思ったら、ビズリーチに登録して、あなたに合うスカウトを待ってみてはどうでしょうか。

 

さらに転職成功の為には、転職エージェントを活用すると効果的ですよ。

転職エージェントを活用する主なメリットは次の通りです。

  • 履歴書・職務経歴書の書き方サポート
  • 非公開の特別な求人紹介
  • あなたの経験やスキルに合う求人紹介
  • 企業別の面接対策
  • 条件面や給料面の交渉

 

転職において自分一人ではできない部分を、転職エージェントがサポートしてくれます。

これだけでも希望の転職先から内定を貰える可能性が上がり、転職のミスマッチも未然に防ぐことができます。

 

しかも登録は無料で簡単です。

 

私の転職6回の中で、役に立った厳選おすすめ転職サイトと転職エージェントです。

【登録だけでも価値あり転職サイト】

 

【相談だけでも価値あり転職エージェント】

 

どこに登録するか迷ってしまう方は「DODA」が私の経験では一番おすすめです。

 

面接対策はどうしても一人では難しい部分があります。

 

その「難しい部分」をサポートしてもらい、あなたの夢や目標を叶えてくださいね!(^^)!

 

関連記事

私はこれまで転職を6回経験し、数多くの転職サイトと転職エージェント活用しました。 転職サイトと転職エージェントを上手に活用することが、転職を成功させる近道になります。 しか[…]

関連記事

私は転職を6回経験し、数多くの転職サイトと転職エージェントを活用しました。 転職を成功させるには転職サイトと転職エージェントを上手に活用することが重要です。しかし、どの「転職サイト」と「転職[…]

関連記事

私は転職を6回経験し、数多くの転職サイトと転職エージェントを活用しました。 転職を成功させるには転職サイトと転職エージェントを上手に活用することが重要です。しかし、どの「転職サイト」と「転職[…]

転職
最新情報をチェックしよう!
>あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

転職は一人で悩むより、あなたに合う求人紹介や面接対策をしてくれる転職エージェントの無料サポートを受けましょう。自分の夢ややりたいことを叶えるための手段として活用してください。

CTR IMG