これまで転職を6回経験「営業→エンジニア→SV→事業統括→人事・総務」様々な職種を渡り歩く。 転職を成功させる方法や本当に仕事に役立つ情報を発信!

転職面接での効果的な逆質問の仕方【この一言でOK】

面接で「何か質問はありますか?」と聞かれて困った経験がありませんか?

いわゆる「逆質問」です。

 

面接は「質問されるだけ」の場所ではありません。

自分も「質問する」場所です。

 

面接はお互いが質問し合って「一緒に働きたいか」を確かめる場所です。

 

ではどんな逆質問をすると、相手に「一緒に働きたい」と思ってもらえるでしょうか。

そこで転職回数6回の私が面接時に最も効果があった逆質問をご紹介します。

 

面接で効果的に逆質問をすることで、相手に好印象を持ってもらうことができます。

逆質問を上手に使い、一緒に採用を勝ち取りましょう!

 

転職面接での効果的な逆質問の仕方【この一言でOK】

相手の「求める人物像」を質問する

転職面接ではこの質問を必ずしてみてください。

 

それは、、

「御社がそのポジションで求める人物像はありますか?」

 

これです!!

 

どのポジションでも、どの業界や職種でも万能に使える質問です。

 

言いたいことは「おたくの会社はどんな人が欲しいの??」ということです。

 

この質問の会社側からの返答として、代表的なものをご紹介します。

  1. 性格的なこと(協調性やリーダーシップなど)
  2. スキル的なこと(マネジメントスキルやPCスキルなど)
  3. 長く勤務してくれる人、変化に柔軟に対応できる人など、その会社の課題点(退職が多い、変化を嫌がる人が多い)を埋めてくれる

このように何かしらの「求める人物像」を会社側は答えてくれます。

 

「求める人物像」に対する模範回答

ここからが重要です。

「求める人物像」に対して、どんな回答が返ってきても、必ずこう答えてください。

 

「それ、私あります!(できます)」

 

このように言い切りましょう。

 

会社側から「リーダーシップを求めている」と言われたら、

「私はリーダーシップがあります!」と答えてください。

 

「変化に柔軟に対応できる人を求めている」と言われたら、

「私は変化に柔軟に対応できます!」と答えてください。

 

営業の基本原則と同じです。

「相手の求めていること」いわゆるニーズと一致した提案をする。

 

面接は「自分自身を売る」場所です。

 

例え話しをすると、

相手が「暑いからアイスクリームが食べたいな」と言っているところに、

「めちゃくちゃおいしい、めちゃくちゃ熱いおでんがあります!!」と紹介しても、

相手は「だから、、今、欲しいのはアイスクリーム!」ってなりますよね。

 

相手は「アイスクリーム」が欲しいんだから「ちょうど良かった!アイスクリームありますよ!」と言うのです。

難しく考える必要はありませんよ!(^^)!

 

次のようにオウム返しような回答でもOKです。

「粘り強く仕事ができる人を求めている」

→これまでどんな仕事に対しても、粘り強くしてきました。私にピッタリです。

 

「困難に立ち向かうことができる人を求めている」

→これまでどんな困難な仕事も逃げずにやってきました。私にピッタリです。

 

相手のニーズに答えることが大切なので、ほぼオウム返しのような回答でもOKです。

ポイントは語尾に「私にピッタリです」とつけることです。

 

【関連記事】

転職で第一希望の会社から内定をもらうために必ずやるべきこと

 

「求める人物像」がスキル的なものであった場合

スキル的なことは「できること」「できないこと」がありますよね。

 

「できないこと」を「できる」と言うと嘘になります。

ただ、ものは言いようです。

  • そのスキルは今はないですが、御社に入社して必ず身につけます。
  • ちょうど、そのスキルを自分は身につけようと思っていました。

 

決して嘘をつくのではありません。

 

これから入社して本当に身につければ良いのです。

繰り返しますが「ものは言いよう」です。

 

言葉は悪いですが、あまりバカ正直に「できる・できない」「合う・合わない」を言うのはやめましょう。

大人の礼儀として、言葉を上手く使いこなしましょう。

 

【関連記事】

「私、言いたいことは言うタイプなんで」と言う人は嫌われる

 

面接は婚活パーティーだ!

冒頭でも少し触れましたが、面接とはどんな場所なのでしょうか。

  • 面接とはお互いが「一緒に働きたいか」確認し合う場所。
  • その中で買い手(会社)から売り手(あなた)は気に入ってもらう必要がある。
  • そのためには買い手(会社)のニーズに売り手(あなた)は答えなければいけない

面接はお互いをマッチングさせる場所です。

婚活パーティと同じですね!(^^)!

 

「相手の求めるもの」対して「一致しているか」をお互いが確認し合う場所です。

 

だからこそ、その会社から内定をもらいたいのであれば、

会社側から何を求められても「それ!私にピッタリです!」と言うべきなのです。

 

面接は「できる・できない」ではなく「やるか・やらないか」で答える

面接で「できません」は禁句

私は転職を6回経験していますが、面接をする立場も10年以上経験してきました。

 

特に40代以上を面接する時に自分を守るためか、自信がないのか、次の言葉を堂々と言ってくる人に何回も遭遇しました。

  • それ、できません。
  • やったことがないのでわかりません。
  • 教えてもらえばできます。
  • 教えてもらわないとできません。

 

20代、30代ならまだ許される発言かもしれません。

しかし、厳しいことを言うようですが、40代以降でこの発言はもう通用しないです。

 

【関連記事】

40代の転職は難しい?リアルな現実と転職を成功させる方法

 

  • やったことはないですが、別のこの経験を生かしてやってみます。
  • 40代でも心は新卒の気持ちで何とかやってみます。
  • 仕事は自分で調べて身に付けるものだと認識していますので、調べながら身に付けます。

 

せめて気を利かして、上記のような発言をしたいですよね。

 

バカ正直に「できません・やりません」と言ったら、面接官の印象は当然悪くなります。

面接時は言葉を変えて、必ず前向きな発言をしましょう!

 

面接官は採用したくて面接をしている

大切なポイントです。

 

面接官は「不採用にしよう」と思って、面接をしている訳ではありません。

何とか「採用しよう」と思って、面接をしています。

 

面接には時間と手間がかかります。

会社側からすると、できるだけ早く良い人を見つけて採用したいのです。

 

キャリアやスキルが少々足りなくても「やる気」があれば、採用されるケースもたくさんあります。

逆にキャリアやスキルがあっても「あれはできない、これは嫌だ」という人は採用されないですよね。

 

「やる気」をアピールすることを「恥ずかしい」思ってはいけません。

 

「やる気」のない人はどの業界でもどの職種でも採用はされません。

 

特に年齢を重ねて転職するのであれば、なおさら「がむしゃらさ」が必要です。

本当に転職を成功させたいのであれば、スマートさは必要ありません。

 

相手が引かない程度で、、やる気アピールは積極的に行ってください!

これは40代でも50代でも共通して言えることです。

 

まとめ

「転職面接での効果的な逆質問の仕方」と最後は少し話しが逸れましたが、面接に対する心構えをご紹介しました。

 

効果的な逆質問は次の一言です!

「御社がそのポジションで求める人物像はありますか?」

 

「求める人物像」を質問して「それ自分にピッタリです!」と言いましょう!

 

面接で嘘をついてはいけないですが「ものは言いよう」で自分を売り込むことは大切です。

 

面接で良い印象を持ってもらわなければ当然「採用」にはなりませんよね。

ご紹介した逆質問と心構えを参考にして、あなたの面接が成功するように応援しています!

 

最後に転職を成功させる確率を少しでも上げるために、ご紹介させてください。

お伝えしたように転職を成功させるためには、面接対策を万全にする必要がありますよね。

 

ただ、面接対策を一人で行うのは正直困難です。

 

そこで転職エージェントに無料登録して、一緒に面接対策を行うことをおすすめします。

「転職のプロ」である転職エージェントのサポートを受けて、面接対策を万全にしましょう。

 

しかもサポートは無料ですので、利用しない手はないと思います

 

他にも転職エージェントを利用する主なメリットは次の通りです。

  • 履歴書・職務経歴書の書き方のアドバイス
  • あなた一人では見つけきれない非公開求人の紹介
  • あなたの経験やスキルに合う求人紹介
  • 条件面や給料面の交渉

 

<ひとまず、転職サイトに登録して様子をみたい方はこちら>

リクナビNEXT/転職サイト求人数や実績NO1。まずは登録して求人を探してみてください。

ビズリーチ/年収600万以上の方は登録だけしておいて、スカウトを待つのもおすすめです。

 

<筆者も登録したおすすめ転職エージェントはこちら>

DODA/転職サイトと転職エージェント両方のサービスが受けられる。一番のおすすめです。

パソナキャリア/長期的支援を求める人におすすめ。転職が決まるまでサポートしてくれます。

JAC Recruitment/30代以上で年収アップのハイクラス求人を求める人におすすめです。

リクルートエージェント/転職支援実績No1。多くの求人を紹介してもらいたい人におすすめ。

 

転職をネガティブに捉えるのではなく「自分の夢を叶える手段」と考えてみてはどうでしょうか。

 

目的は転職を成功させることです。

その目的を達成させるために、転職エージェントを活用してみてはどうでしょうか。

最新情報をチェックしよう!
>あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

転職は一人で悩むより、あなたに合う求人紹介や面接対策までしてくれる転職エージェントの無料サポートを受けましょう。自分の夢ややりたいことを叶えるための手段として活用しましょう。

CTR IMG