40代以上の方が楽しく、充実した生活を送るために作ったサイトです!

尾崎豊の曲に共感できなくなった自分は大人になった

あなたが「大人になったな~!」と思う瞬間はありますか?

一般的には20歳(今は選挙権が18歳になったので、18歳からですかね!?)を超えると大人と言われます。

今回は年齢的な大人ではなく、精神的な面で「大人になったな~」と思うことについて書きたいと思います。

大人になっていないところ

私は40代前半の男性です。

「大人になったと思う瞬間」の記事を書きながらですが、、基本的には「中2ぐらいから変化していないな」と思うこともあります。

変化していないことは「趣味、好きなもの」についてです。

  • ゲーム
  • 漫画
  • 音楽
  • 将棋
  • マラソン

自分の子供のころから好きだったものを挙げました。

ゲームはファミコン世代なので、今も昔も変わらず好きです。

ゲームをする時間はさずがに減りましたが、ドラクエは1~11までリアルタイムにやっています。

漫画もジャンプ黄金世代なので、その頃の漫画や最新の漫画も読みます。

ちなみに自分も小学生のときに読んでいた「コロコロコミック」を今は小学生の息子が読んでいます。

感慨深いです。。

ふと息子のコロコロコミックを見ると、あの変わらなさ(う〇こ、ち〇ち〇で大爆笑みたいな、、)が嬉しいですね。

余談ですが、コロコロコミックで素晴らしい話しを聞いたことがあります。

編集部宛てに「なぜコロコロには恋愛漫画がないのですか?」という読者の質問に編集部は「恋愛に興味を持ち始めたら、コロコロは卒業だ!おめでとう!」と答えたそうです。

ターゲットの小学生男子に対してブレずに真摯に取り組んでいるからこそ、出てきた愛情溢れる言葉だと思います。

音楽に関しては中学生ぐらいのときに聴いていたものが、その後も一生影響することを聞いたことがあります。

漫画ほど最近の音楽には興味がなく、どうしても昔に聴いていたものをよく聴きます。

私と同じような方が多いので、テレビも40代以上に向けた「あの頃の名曲、一気に見せます!」みたいな1980年代~2000年代ぐらいの映像を流す番組が多いんですかね。。

もちろん、大人になって好きになったものもありますが、根っこの部分で趣味や好きなものは子供の頃と変わっていないところが多いかなと思いました。

大人になったところ

では、大人になったところは何でしょうか。

私は大まかにいうと「考え方」だと思います。

大人になるにつれて、様々な経験を経て「考え方」が変わってきます。

よく年齢を重ねて「考え方が丸くなった」と言いますよね。

ざっくり言うと、

  • 優しくなった
  • こだわりがなくなってきた
  • 〇〇してもしょうがないと思ってきた(悟ってきた)
  • どうでもよくなってきた( ゚Д゚)

こんな感じですかね。。

尾崎豊の曲に共感するか?しないか?

ここまでは一般的なことを書きました。

ここからは私が今回持ってきた説になります。

ズバリこれです!

「尾崎豊の曲に共感できなくなったら、あなたは大人になりました!」説になります。

早速、検証していきましょう!(^^)!

僕が僕であるために

【歌詞】

「僕が僕であるために勝ち続けなきゃならない」

10代の頃は確かにそう思っていました。

自分を証明するため、自分の存在価値を認めてもらうためには「勝ちつづけないといけない」と思っていました。

40代の現在は「別に人生は勝ったり、負けたりなんだから、勝ちつづけなくても自分は自分だよ。まっ勝ち続けることなんて土台無理なことだし、、」と達観(諦め??)するようになりました。

シェリー

【歌詞】

「シェリー ひとりで生きるなら 涙なんか見せちゃいけないよね」

40代の現在ならば、、

「いいよ!いいよ!そんなに思い詰めなくても、泣きたいときは泣けばいいし、そもそもひとりで生きようとしなくていいよ!よーし、じゃあ今日は飲みに行こう!パーッっと騒げば、気分も晴れるよ!」

と思ってしまう自分がいます。。

書いていて俺はバカになったのかと思ってきました( ;∀;)

Forget-me-not 

【歌詞】

「時々僕は無理に君を 僕の形に はめてしまいそうになるけれど」

10代の頃は付き合っていた彼女に対して好きだからこそなのですが、自分の理想の女性論を押し付けたり「こうあってほしい」「こうしてほしい」とよく思っていたなあ。

40代の現在は「別に自分好みにならなくても、その人の好きにすればいいんじゃないか、、」と思ってしまっています。

15の夜

【歌詞】

「盗んだバイクで走り出す~」

40代の現在は「バイク盗んだらいかんだろう!」そうしか思いません。

卒業

【歌詞】

「夜の校舎 窓ガラス壊してまわった」

40代の現在は「窓ガラス壊したらいかんだろう!」そうしか思いません。

まとめ

私の話しになりますが、あれだけ10代の頃は尾崎豊の歌詞に共感して熱中していましたが、ふとした瞬間に尾崎豊の曲を聞いて「なんか甘えてんな。。」と本当にふと思ってしまったのです。

もちろん尾崎豊を批判している訳ではなく「自分の考え方が変わったんだ、、」と思った瞬間でした。

コロコロコミックの「恋愛に興味を持ったら卒業」について先程書きましたが、尾崎豊の歌詞も一定の年齢の、例えは悪いですが「賞味期限」みたいなものがあるのだと思います。

まあ40代になって、盗んだバイクで走り出したら、ただのたちの悪い犯罪者ですよね!

人それぞれ「大人になった」と思う瞬間はあると思います。

特に10代の頃は「早く大人になりたい」半面「つまらない大人にはなりたくない」(佐野元春 ガラスのジェネレーションより)など、様々な感情が入り混じっていた気がします。

40代になった今は、あの時の10代の自分に言いたいことは「大人になるのも悪くない」ということです。

※合わせて、下記の記事もお読みください”(-“”-)”

www.grateful-feelings.com

最新情報をチェックしよう!