40代以上の方が楽しく、充実した生活を送るために作ったサイトです!

【転職】第一希望合格のためにまず行うこと

12月にボーナスが支給され、来年の4月に向けて年明けから転職活動を考えている方もいらっしゃると思います。

1月〜3月は転職活動も活発になり、転職市場が動くときです。

せっかく転職をするのであれば、第一希望の会社に合格したいですよね。

第一希望合格の為にやるべきことやその他の注意点などについて書きます。

4月入社を目指すべきか

まずは時期的なお話しから。

年明けから転職活動を行うと、入社は4月を目途に考えるのが一般的だと思います。

4月は転職による中途採用だけでなく、新卒の新入社員も入社します。

人事部としては「どちらも新人だから、まとめて新人研修をしてしまえ!」という考えの会社もあると思います。

転職をして中途入社する場合に、他にも同期入社の仲間がいた方が心強いかもしれません。

もちろん入社時の役職や年齢にもよるので、新卒と一緒は嫌だという方もいらっしゃると思います。

合わせて、4月1日付で組織の変更や人事異動も多くあります。

年明けから転職活動を行い、タイミングが合えば4月に入社した方がキリが良いことは間違いないです。

ただこれはあくまで「4月入社できれば良いかな」ぐらいで考えた方が良いと思います。

4月入社を目指すあまり、焦って転職先を決めることはしないようにして下さい。

1月〜3月は求人数は多くなると思いますが、自分に合う求人があるとは限りません。

転職で中途入社する場合は4月入社だったら「キリが良いな」ぐらいの感覚で、基本的には何月に入社してもさほど変わりはないと思います。

第一希望の会社を見つけるために

以前の記事で転職活動は在職中に行うのがベストだと書きました。

www.grateful-feelings.com

納得がいく転職を行うためにも、心に余裕を持てる在職中に行うべきです。

退職後に転職活動を行うと「早く決めないといけない」という焦りから、第一希望の会社どころか、とにかく内定をもらった会社に入社しがちになります。

在職中に転職活動を行い「自分の希望の会社が見つかるまで転職しない」と気長に長期戦と考えるのが良いと思います。

ブラック企業過ぎて、早く転職しないと身体を壊してしまうなどの緊急時を除き、気長に考えましょう。

転職は「現職と転職先の比較」「転職先同士の比較」など「比較」して決定するものです。

比較対象が増えれば、増える程、迷ってしまうということは言えますが、これは嬉しい悩みです。

比較対象が少なければ、納得いかなくても選択肢がないので、決めざるを得なくなります。

現職を含め、様々な会社を比較することでまずは「第一希望」の会社を見つけることから始めましょう。

第一希望の会社が見つかったら

転職は「転職先」という相手がいることなので、こちらの都合だけでは話しを進めることはできません。

しかも、内定をいただいた後の入社するかの返答は1週間以内ぐらいに出さなければいけないところが多いと思います。

第一希望のA社ではなく、第二希望のB社が先に内定が出てしまった。

内定の返事を早くしないといけないから、A社に行きたかったけど諦めるか、、

ということは、よくある話しです。

これは本当にもったいない話しですよね。

転職はタイミングや時期など運に左右されることがあるのは確かです。

ただ、面接日程など時期的なことは自分のちょっとした工夫で変えることができます。

面接日程は調整しよう

このようにA社とB社など複数の転職先候補がある場合は、内定が出てからの返答を遅らせることは難しいので、面接日程の段階で調整をしましょう。

第一希望の会社が一番先に結果がわかるように調整するのです。

つまり、第一希望の会社の面接を出来るだけ早く、第二希望以降の会社の面接は忙しいなどの理由をつけて遅くするのです。

言葉は悪いですが、バカ正直に順番通りに転職活動や面接をするのではなく、第一希望の会社をどんどん優先させて行いましょう。

第一希望の会社から内定が出れば、その場で転職活動は終わりです。

しかし、調整も何もせずに第二希望の会社の方が先に内定が出たら、第一希望は諦めるか、内定に対しての返答を待ってもらうお願いをしなければいけません。

最悪の場合は返答を遅らせることで、第二希望の内定も取り消され、第一希望の会社も不合格であれば、どちらも失うことになります。

正に「二兎を追う者は一兎をも得ず」の状態です。

まとめ

ハローワーク経由で転職をするにしても、転職エージェント経由で転職をするにしても、面接の日程調整は大切なことです。

下記に第一希望合格のための流れをまとめます。

  1. まずは焦って転職先を決めないで良くするために、在職中に転職活動を行う。
  2. 転職先の比較対象を増やし、理想の「第一希望」を見つけるために転職活動は長期戦で考える。
  3. ある程度の転職先候補が固まってくると、第一希望の会社から結果が出るように、逆算して面接日程調整を行う。

在職中に転職活動をすれば、面接日程も「現職の仕事が忙しい」という理由もでき、日程調整がしやすいです。

退職してからの面接になると、無職な訳なので、面接日程もこちらの都合は伝えにくいと思います。

合わせて、第一希望合格のための面接のテクニックや考え方は過去の記事を参考にしていただければ幸いです”(-“”-)”

www.grateful-feelings.com

www.grateful-feelings.com

www.grateful-feelings.com

www.grateful-feelings.com

www.grateful-feelings.com

www.grateful-feelings.com

皆さんが納得が行く転職ができるために、これからもブログを通してお手伝いさせていただきますので、引き続きよろしくお願いします!(^^)!

最新情報をチェックしよう!