40代以上の方が楽しく、充実した生活を送るために作ったサイトです!

最高に面白いおすすめミステリー小説!【綾辻行人 館シリーズ】

「最高に面白いおすすめミステリー小説!」【綾辻行人 館シリーズ】をご紹介します。

 

これまで書いた「どんでん返しが凄いミステリー! おすすめベスト10」も合わせて、お読み下さい!

www.grateful-feelings.com

www.grateful-feelings.com

www.grateful-feelings.com

 

綾辻行人の「館シリーズ」はミステリーが大好きな私がかなりの自信を持っておすすめする作品です!

まだ読んでいない人が正直羨ましいです。

 

是非、この面白さと衝撃を堪能してください!!

綾辻行人 館シリーズとは

寺の三男坊(後に推理作家)の素人探偵・島田潔が、今は亡き建築家・中村青司が建築に関わった奇怪な建物に魅せられ、訪ねていく。

すると、そこでは決まって凄惨な殺人事件が起こる。

あえて用いる「秘密の抜け道」「隠し部屋」という本格ミステリの禁じ手、単なる謎解きだけではない、幻想怪奇趣味満載の、綾辻行人特有の世界観、そして叙述トリックを駆使したストーリーによる終盤での大胆などんでん返しが特徴である。

特に、第1作『十角館の殺人』は新本格ムーブメントの嚆矢となった、日本ミステリ史上の傑作の一つとされる。

綾辻本人は、エラリー・クイーンの『国名シリーズ』のひそみに倣って、最新作『奇面館の殺人』の次の作品をもって本シリーズは完結するとしている。

「Wikipedia」より引用

十角館の殺人

十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の7人が訪れた。館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したという。やがて学生たちを襲う連続殺人。ミステリ史上最大級の、驚愕の結末が読者を待ち受ける!

日本のどんでん返しミステリーのレジェンド!読んだら最後、どんでん返しのトリコから抜けられない!

水車館の殺人

仮面の当主と孤独な美少女が住まう異形の館、水車館。1年前の嵐の夜を悪夢に変えた不可解な惨劇が、今年も繰り返されるのか? 密室から消失した男の謎、そして幻想画家・藤沼一成の遺作「幻影群像」を巡る恐るべき秘密とは……!?

現在と過去を繰り返し「幻影群像」が放つ、驚愕の運命!

迷路館の殺人

奇怪な迷路の館に集合した四人の作家が、館を舞台にした推理小説の競作を始めたとたん、惨劇が現実に起きた。完全な密室と化した地下の館で発生する連続殺人の不可解さと恐怖。逆転また逆転のスリルを味わった末に読者が到達する驚愕の結末は?

綾辻ワールド炸裂!アンフェアだとか野暮なことは言わないで!

人形館の殺人

父が飛龍想一に遺した京都の屋敷――顔のないマネキン人形が邸内各所にむ「人形館」。街では残忍な通り魔殺人が続発し、想一自身にも姿なき脅迫者の影が迫る。彼は旧友・島田潔に助けを求めるが、破局への秒読み(カウントダウン)はすでに始まっていた!? シリーズ中、ひときわ異彩を放つ第4の「館」

館シリーズの突然変異!あなたはこの異形に足元をすくわれる!

時計館の殺人

鎌倉の外れに建つ謎の館、時計館。角島(つのじま)・十角館の惨劇を知る江南孝明は、オカルト雑誌の“取材班”の一員としてこの館を訪れる。館に棲むという少女の亡霊と接触した交霊会の夜、忽然と姿を消す美貌の霊能者。閉ざされた館内ではそして、恐るべき殺人劇の幕が上がる!

館に閉じ込められた江南たちを襲う、仮面の殺人者の恐怖。館内で惨劇が続く一方、館外では推理作家・鹿谷門実が、時計館主人の遺した「沈黙の女神」の詩の謎を追う。悪夢の3日間の後、生き残るのは誰か? 凄絶な連続殺人の果てに待ち受ける、驚愕と感動の最終章!

殺人と共に時を刻め!2つの世界が交わった時に衝撃の結末を迎える!

黒猫館の殺人

大いなる謎を秘めた館、黒猫館。火災で重傷を負い、記憶を失った老人・鮎田冬馬の奇妙な依頼を受け、推理作家・鹿谷門実と江南孝明は、東京から札幌、そして阿寒へと向かう。深い森の中に建つその館で待ち受ける、“世界”が揺らぐような真実とは!? シリーズ屈指の大仕掛けを、読者(あなた)は見破ることができるか?

黒猫館はいずこへ??こんなオチは見たことない!!

暗黒館の殺人

蒼白い霧に峠を越えると、湖上の小島に建つ漆黒の館に辿り着く。忌まわしき影に包まれた浦登家の人々が住まう「暗黒館」。当主の息子・玄児に招かれた大学生・中也は、数々の謎めいた出来事に遭遇する。十角塔からの墜落者、座敷牢、美しい異形の双子、そして奇怪な宴…。著者畢生の巨編、ここに開幕。

食したまえ、この肉を……浦登家の面々が唱和する。〈ダリアの宴〉に参加した中也の身には何が? 激しい嵐で外界と途絶された中で、ついに勃発する不可解な連続殺人。その被害者は? その犯人は? その動機とは? ……謎は複雑怪奇に絡み合い、暗黒館の闇とともに、ひたすらに深まりゆく!!

恐ろしき浦登家の秘密がついに語られる。18年前の〈ダリアの日〉に起こった不可解な事件――初代当主・玄遙の殺害。幼少の玄児が目撃した怪人物は、不可能状況下で忽然と姿を消した!? 死に抗う妄念が産んだ館。その深奥で謎はいよいよ縺れ深まり……美しき双子姉妹を、信じがたい悲劇が襲う!

血塗られた浦登家の系譜を受け継ぐ者は誰? 漆黒の館を包み込むのは断罪の炎か。逆転に次ぐ逆転の果て、とうとう事件の真相は明らかになったかに見えたが……。空前の本格&幻想ミステリ巨編2600枚、ここに堂々の完結!

「館」シリーズのエピソード0 圧倒的なボリュームを読み終えた者だけが味わえる最高の爽快感を堪能せよ!

びっくり館の殺人

少年の日の思い出のなかに建つ館、それは「お屋敷町のびっくり館」。…不思議な男の子トシオとの出会い。囁かれる数々の、あやしいうわさ。風変わりな人形リリカと悪魔の子。七色のびっくり箱の秘密。そして…クリスマスの夜の密室殺人!鬼才・綾辻行人が紡ぎ出す、終わりなき悪夢の謎物語。

子供向けの館シリーズ!あの頃へ戻って不思議な冒険へスタートだ!

奇面館の殺人

奇面館主人・影山逸史が主催する奇妙な集い。招待された客人たちは全員、館に伝わる“鍵の掛かる仮面”で顔を隠さねばならないのだ。季節外れの大雪で館が孤立する中、“奇面の間”で勃発する血みどろの惨劇。発見された死体からは何故か、頭部と両手の指が消えていた!

関係者の大半が仮面を被らされ、素顔が見えない! 前代未聞の異様な状況に疑心暗鬼が渦巻く中、名探偵・鹿谷門実が解き明かす「奇面館の秘密」の数々。果たして真相はどこに!? 本格ミステリの醍醐味に満ちた、圧倒的迫力の推理&解決編。名手・綾辻行人が技巧の限りを尽くし、読者を未曾有の驚愕へと誘う。

名探偵の圧倒的な推理を感じろ!吹雪の中に閉じ込められた洋館の設定で面白くないはずがない!

まとめ

綾辻行人の「館シリーズ」はこの順番で刊行順に読んで下さい。

単独作品でも読めないことはないですが、刊行順に読むと細かい設定やセリフも楽しむことができます。

 

次作10作目で「館シリーズ」は完結とのことですが、最新作「奇面館の殺人」の発売が2012年。

8年経ちましたが、未だ10作目は発売されず、、気長に待ちましょう!

 

1作目の「十角館の殺人」が発売が1987年。

30年以上経過していますが「館シリーズ」は色焦ることなく、その世界観に引き込まれます。

 

私がミステリーにどっぷり嵌るきっかけを作ってくれたのがこの「館シリーズ」です。

文句なしにおすすめです!

さあ、ミステリーの魅力に嵌る覚悟はできましたか?

 

「どんでん返し」映画版の記事も合わせて、ご覧下さい!

www.grateful-feelings.com

www.grateful-feelings.com

最新情報をチェックしよう!