これまで転職を5回経験「営業→エンジニア→SV→事業統括→人事・総務」様々な職種を渡り歩く。 転職を成功させる方法や本当に仕事に役立つ情報を発信!

自分のために相手を許そう【許した人が幸せになれる】

突然ですが、、あなたは「許せない人」がいますか?

 

信じていた人に裏切られた、騙された、いじめられたなど「許せない」理由は人それぞれです。

心が楽になるために「自分のために相手を許そう」と題して「許す」ことについて考えていきます。

自分のために相手を許そう

「許さない」感情を持つとどうなるか

「許す」ことについて考える前に「許さない」ことを続けると、どうなるかを考えてみましょう。

「許さない」という感情は「憎しみや怒り」を持っています。

 

この「憎しみや怒り」の感情を持ち続けるとどうなるでしょうか。

イライラすることが多くなりますし、ネガティブな思考にもなります。

 

また潜在的に「許せない自分」を責めてしまい、自己嫌悪にも陥ります。

こうした負の感情で身体も心も疲弊してしまうと、自分の人生が決して良い方向には向かわないのではないでしょうか。

「許す」ことの効果

「許す」ことの効果は、先程書いたような負の感情や罪悪感が無くなるということです。

「許す」ことで自分自身が癒されます。

 

身体も心も疲弊しなくなるということは、生きる活力が増し、思考もポジティブに変化していきます。

相手を許すことで、罪悪感が無くなれば、それは自分も許したことになります。

 

これらの理由から「許す」ことは相手のためではなく、自分の人生を良くするためにするべきだと考えます。

「許す」ためにどうすれば良いか

では「許す」ためにどのような考えを持てば良いでしょうか。

口で言うのは簡単ですが、なかなか「許す」ことは難しい行為です。

 

相手への怒りや憎しみが大きければ大きい程「許す」ことは困難になってきます。

時間が解決してくれると考える

これまで許せなかった相手を急に「よし!許そう!」と感情を180度変えることのできる人は問題ありません。

そのように許してあげて下さい。

 

ただ人の感情はなかなか急には変わらないので、あまり考えないようにして、時間と共に「怒りや憎しみ」が消えていくのを待つことも一つの方法です。

「時間」は怒りや憎しみだけでなく、悲しみや苦しみも解決してくれます。

どうしようもない怒りや憎しみ、悲しみの感情があり「一生この感情は消えない!」とその時は思うのですが「時間」が必ず解決をしてくれます。

 

急に無理矢理「許す」ことはできないと思えば「時間」に身を任せてみましょう。

相手も事情があったのだと考える

許せない行為をした相手の気持ちになって考えてみましょう。

  • やむを得ない事情があったのかもしれません。
  • 相手も苦しかったのかもしれません。

全てを共感することは難しいかもしれませんが、少し第三者的な立場に立って冷静に相手の気持ちになってみましょう。

 

もしかしたら自分の思い込みも見えてくるかもしれません。

人に話す

私は人生最大の「許せない」ことがあった時に人に話しまくりました。

「許す」ためにとか、そこまで考える余裕はなく、誰かに話さないと自分の心が持たなかったためです。

 

振り返ると、自分の心を保つために、ほぼ無意識で行った行動です。

そこで話しを聞いて貰えるだけでも、心は大分楽になりました。

自分だけでは感情が処理できない時には、とにかく信用できる誰かに聞いて貰いましょう。

 

できれば話しを聞いてもらう時は、お酒は入らない方が良いと思います。

お酒が入ると、感情が高ぶって、通常の感情時と同じではなくなるためです。

紙に書き出す

  • なぜ、許せないのか
  • なぜ、許せない感情になったのか

紙に書き出して、頭の中を整理してみましょう。

 

そこで客観的に考えることができ、許すことができれば、それでOKです。

それでも許すことができなければ、逆に感情の赴くままに思いついたことを書きましょう。

 

相手に対する悪口でも罵倒でも良いです。

  • 「こうして欲しかった」という要望でも良いです。
  • 「私はこんなに悲しかったんだ」という主張でも良いです。

とにかく感情の赴くままに書いてみて下さい。

 

そして最後にこの一行だけを付け加えて下さい。

「それでも私はあなたを許します」

一回やっても許すことができなければ、繰り返しやってみて下さい。

 

「紙に書き出す」ことは、自分の感情を変えるために、とても効果的な方法です。

まとめ

「許せない」期間が長ければ長いほど、自分自身の苦しみも長く続きます。

だからと言って、簡単に「許す」こともなかなか難しいことです。

 

考えの根本で大切なことは、繰り返しになりますが「相手」のためではなく「自分」のために「許す」ということです。

相手を許して、自分が幸せになる権利を自分で与えてあげましょう。

少しスピリチュアル的な話しになったかもしれないですが、、人生生きていたら「許せない人」の一人や二人どうしても出てくるものです。

これは避けては通れないんです( ̄▽ ̄)

 

その時に今回ご紹介した話しを参考にしていただければ幸いです。

 

※合わせて、下記の記事もご覧ください!(^^)!

www.grateful-feelings.com

www.grateful-feelings.com

最新情報をチェックしよう!