40代以上の方が楽しく、充実した生活を送るために作ったサイトです!

プライドが高い人の特徴と対応方法

あなたのまわりにも「プライドが高い人」がいませんか?

 

プライドが高い人はどのような心理で、どのように接していけば良いのでしょうか。

「プライドが高い人の特徴と対応方法」と題して、考察をしていきます。最後までご覧ください。

プライドが高い人の特徴

こだわりが強い

  • このやり方は絶対こうだ!
  • これをやるためにはこれが絶対必要!
  • ここまでは絶対にやらないと気がすまない!

職人気質の方は、こだわりが強い傾向にあります。

 

こだわりが強いことは「仕事を最後まで遂行する」「求めていたもの以上の成果物ができる」など良い面ももちろんあります。

 

しかし、あまりにも強いこだわりで周りの意見を聞かず「頑固」が行き過ぎると、人間関係のトラブルの元になります。

弱みを見せたくない

プライドが高い人は、心が強いのではなく、どちらかと言うと弱いです。

 

人に弱みを見せてしまうと、

  • 馬鹿にされるのではないか
  • 言うことを聞いてもらえなくなるのではないか

このように考えてしまいます。

 

「弱みを見せる」=「自分が下に見られる」と捉えています。

負けず嫌い

負けず嫌いなことも、もちろん悪い面ばかりではありません。

 

ただ「負けたくない」理由が「負けてしまう」と「自分が下に見られる」という理由のことが多いので、その点が問題です。

「弱みを見せる」「負ける」ことで、自分が下に見られ、主導権を握れなくなることを恐れます。

傷つきたくない

プライドが高い裏側には「傷つきたくない」という想いが隠れています。

これまで怒られたり、失敗したり挫折したことのない、いわゆるエリートの人にありがちです。

 

自分が少しのことで傷つきやすいことを理解しているので、自己防衛本能でプライドを高く持っていると考えられます。

自分が正しいと思い込みがち

  • 俺は間違っていない
  • 俺が言うことが正しい

特に年配の男性に多いですね。

 

自分と違う意見は全て「正しくない」と認識してしまう人です。

ただ解釈や考え方が違うだけなのに、人の意見を認めることができない。

 

これも認めてしまうと「負けた」感覚に陥るのだと思います。

プライドが高い人は弱い

プライドが高い人の特徴をまとめて考察してみると、総じて「弱い」印象を受けます。

プライドを高く持たないと、

  • 人から見下される
  • 人から馬鹿にされる
  • 人から傷つく言葉を言われる

常にこのような「恐怖」と闘っています。

 

外から見ると「別に弱みを見せたって、人から馬鹿にされないよ」と思うのが普通ですが、プライドが高い人はそのような考えができません。

自分を守るために「プライドを高く持たざるを得ない」というのが真理なのではないでしょうか。

プライドが高い人への対応方法

ひたすら立てる

相手と自分の関係性にも寄りますが、上司がプライドの高い人であれば、ひたすら立てることも一つの手です。

 

「立てて、おだてて」自分の仕事がやりやすくなったり、自分の意見や稟議が通るのであれば、割り切ってひたすら立ててみましょう。

安心させる

家族や身近な人がプライドが高い場合は、何故プライドが高いのか見極めることが大切です。

大体の理由はこれまで書いたように「プライドを高く持たざるを得ない」出来事やトラウマ、育ってきた環境があるはずです。

 

聞けるのであれば「何故あなたはそんなにプライドが高いのか?」ストレートに聞いてみましょう。

「プライドを高く持たざるを得ない」理由が見えてくるはずです。

 

理由が分かれば、理由を同調し認めてあげて

「大丈夫だよ。プライドを高く持って自分を守らなくても、みんはあなたのことを嫌わないよ。見捨てないよ」

このように安心させてあげることで「プライドを高く持たなくても大丈夫なんだ」と認識をしてもらうことが大切です。

まとめ

先程も書きましたが、

プライドが高い人は好きでプライドを高いのではなく、高く持たざるを得ない理由がある場合が多いです。

プライドが高い人でも、周りに危害や迷惑、トラブルを起こす人でなければ、無理にプライドが高いことを矯正する必要はないと思います。

 

自己肯定感が強く「俺はできる!!」と思っている「プライドの高さ」は悪いことではなく、むしろ日本人に足りない部分です。

ただプライドが高いことで周りと衝突をしてしまう人に対しては、ご紹介した対応方法を実践してみて下さい。

 

「プライドが高い」こと自体が全て悪いということではありません。

「プライドが高い」ことで、周りとの関係が上手くいっているかそうでないかが、矯正しなければいけない判断基準になってくるのではないでしょうか。

 

※「〇〇な人」シリーズも合わせて、お読みください!(^^)!

www.grateful-feelings.com

www.grateful-feelings.com

www.grateful-feelings.com

www.grateful-feelings.com

www.grateful-feelings.com

最新情報をチェックしよう!