これまで転職を5回経験「営業→エンジニア→SV→事業統括→人事・総務」様々な職種を渡り歩く。 転職を成功させる方法や本当に仕事に役立つ情報を発信!
転職

面接で転職理由(退職理由)を質問された時の上手な答え方

転職理由(退職理由)は転職活動の中でよく聞かれる質問です。

 

面接官は次のことを懸念して、転職理由(退職理由)を質問します。

  • せっかく入社してもらってもすぐに辞めないか?
  • 何か本人に問題があって転職(退職)をしたのではないか?

 

転職理由については、面接官が納得する回答を準備しておくことがとても重要です。

今回は転職理由を質問されたときの上手な答え方をご紹介します。

 

面接は『言葉一つ』で採用されるかどうか決まります。

 

この記事を参考にしていただき、しっかりした面接対策を行いましょう!

なぜ面接時に転職理由(退職理由)を質問するのか?

まずは「なぜ面接時に転職理由(退職理由)を質問するのか」を考えてみましょう。

 

冒頭でも触れましたが、面接官は「入社してすぐに辞めないか」「本人に問題があり転職(退職)をしたのではないか」この二点を心配します。

 

『入社してすぐ辞める』と単純に会社は大変困ります。

採用までに費やしたお金や時間や労力が無駄になります。

「なんですぐ辞める人を採用したの?」と面接官や配属された部署の責任問題にも発展します。

 

なぜすぐに辞めるかと言うと、会社側と本人の間にミスマッチが生じるからです。

  • 『絶対に転勤をしたくない人」が転勤の多い会社に入社したら、すぐに辞めてしまいますよね。
  • 『自分で考えて行動したい人』がガチガチのトップダウンの会社に入社しても合わないですよね。

 

このミスマッチを防ぐために面接官は転職理由(退職理由)を質問します。

本人の性格や信念と会社の考え方や習慣が一致するか見極めるために、転職理由(退職理由)を質問します。

 

また転職理由(退職理由)を質問することで、その人の考え方や責任感があるのかも判断できます。

  • 上司が嫌で退職した
  • 人間関係で揉めて退職した
  • キャリアアップできなかったから退職した

 

基本的に転職理由(退職理由)をあまりにも他責にして「自分は悪くない」というスタンスは印象が悪いです。

『ウチの会社に入社しても「何かのせい」にして逃げだすのかな』と面接官に思われてしまいます。

 

どの会社にも問題や困難に思えることはあります。

その『問題や困難から逃げ出す人」かどうか見極めるためにも、転職理由(退職理由)を質問するのは大変効果的なのです。

面接で転職理由(退職理由)を質問された時の上手な答え方

前職の不満や悪口で話しを終わらせない

前職を退職したということは、やむを得ない事情以外は、何かしらの不満があって退職したのだと思います。

 

その前職への不満や悪口ばかりだと、先程もお話ししましたが「会社や人のせいにする人」と思われて、印象が悪くなります。

 

誰が聞いてもドン引きするような実態のブラック企業であれば別ですが、多かれ少なかれどの会社でも問題や理不尽なことを抱えています。

 

不満や悪口に終始していると「この人に入社してもらっても、会社の不満を言い続けるのだろうな」と判断されて、良い結果にはなりません。

自分が『何をしたか」が大切

大切なことは前職の実態を説明することではなく、その中で『自分が何をしたか』を伝えることです。

  • 残業が多いので、業務の効率化を提案したが採用されなかった。
  • 会社の評価基準があいまいだったので、自分で評価基準を作成し導入を試みた。

 

大きなことでなくても大丈夫です。

大切なことは『自分がアクションを起こした』という事実を伝えることです。

 

『不満や問題に対して、自分がアクションを起こし解決を図ろうしたがダメだった』という話しに持っていけば、「この人は自分で考えて行動ができる人」という好印象を持ってもらえます。

前向きな表現に終始する

前向きな表現を使うことも好印象を持ってもらう有効的な手段です。

  • 残業が多かった

→残業が多く辛かったが、多くの仕事をしたので他の人より成長できた。

 

  • 上司と揉めた

→上司のパワハラもあったが、人間関係について良い人生勉強になった。

 

どんな状況であったとしても、そのあった出来事を前向きに捉える。

 

その人を『採用する』ということは『一緒に仕事をする」ということです。

誰でも後ろ向きで不満や愚痴を言う人より、明るく前向きな人と一緒に仕事をしたいですよね。

 

面接官はその人を採用して、一緒に仕事をする姿も想像して合否を決めます。

起きた事実が大切なのではなく、起きた事実を前向きに捉えてた話しをしましょう。

 

実際に前向きに捉えれなくても、面接時は前向きに捉えたように話しをして下さいね!!

転職(退職)した目的をはっきり伝える

なぜあなたは転職しようとしているのですか?

転職する理由を明確にしましょう。

 

  • 給料が安いから、給料の高い会社に転職したい!

→『前職は仕事内容にも満足しておりましたが、これからの子供の養育費を考えると、どうしても前職の給与では生活が厳しかったです。御社に入社することができましたら、給与に見合うかそれ以上の成果を出します。』

 

  • スキル・キャリアアップのために転職する

→『前職でも様々なことを勉強させていただきましたが、自分の将来を考えた時に御社で〇〇についてのスキルを習得したいと考えております。』

 

スキル・キャリアアップは40代以上の方には通用しませんが、20代から30代前半までは言っても大丈夫です。

 

40代以上の転職については下記の記事を参考にして下さいね。

関連記事

一般的に40代の転職は難しいと言われています。その為、40代でブラック企業で働いていても「会社にしがみつくしかない」と思われている方も多いのではないでしょうか。 私自身、40歳を超えて2回転職をしました。[…]

 

あなた自身が転職理由があいまいだと、絶対に面接官には伝わりません。

何か理由があって転職をするはずですし、転職して叶えたいことが必ずあるはずです。

 

『転職して叶えたいことのために、御社に入社したいのです!』という話しに持っていきましょう。

 

合わせて、自分の叶えたいことだけではなく、自分が入社することで御社にどんな利益をもたらすか面接官に想像させたらベストですね。

  • 私は自分の叶えたいことのために御社に入社したい!
  • 御社は私が入社するとこんなメリットがある!

 

『お互いがwinwinの関係になりますよ!』という話しに持っていけたら、採用になる可能性がグーンと高まりますよ!

まとめ

面接で転職理由(退職理由)を質問された時の上手な答え方についてご紹介しました。

 

前職が嫌で退職したくて、転職する場合でも前職の不満や悪口を言うのは堪えて、自分がその中で何をしてきたのかを伝えましょう。

 

何か叶えたい夢や目標があって転職をするのであれば、それをはっきりと伝えて「この夢を叶えるために入社したいんだ!」と堂々とアピールしましょう。

 

そして共通して言えることは、明るく前向きな話しをすることです。

あなたが面接官だったら、どんな人と一緒に働きたいか想像してみて下さい。

 

面接は準備が全てです。

下記の記事も参考にしていただき、準備万端で面接に臨みましょう!

 

最善の面接対策を行うために

最後に最善の面接対策を行うために、転職のプロである転職エージェントに登録して、面接対策をして一緒に進めることをおすすめします。

 

合わせて、非公開求人も多く持っているので、あなたに合う、あなたの夢や目標が叶う求人も見つかる可能性が高まります。

 

私も5回の転職経験の中で全て転職エージェントを活用してきましたが、その中で特におすすめは「DODA」です。

求人数自体も多く、幅広い業界や職種を紹介してくれました。

 

年齢も20代~50代まで、どの業界や職種でも対応してくれるので、転職エージェント活用初心者の方にもおすすめです。

転職サイトはdoda

 

その他のおすすめ転職エージェントです。

登録は無料なので、1社だけではなく複数登録をして自分に合う転職エージェントを見つけて下さいね。

 

【転職支援実績で選ぶなら】

リクルートエージェント

【長期的な支援が魅力】

パソナキャリア

【年収600万円以上の転職に強い】

JAC Recruitment

【20代の転職に強い】

ネオキャリア

【関東エリアの転職に強い】

マイナビエージェント

 

一人で抱え込むのではなく、転職エージェントと二人三脚で転職を成功させるイメージが大切ですよ!

転職
最新情報をチェックしよう!
>【趣味サイト「エンタメらいふ」】

【趣味サイト「エンタメらいふ」】

私の別の趣味サイト「エンタメらいふ」のご紹介です。
どんでん返しのミステリー小説や映画が好き。
ボーカル・ベースのバンド経験から音楽のうんちくを語る。
あなたの人生が豊かになるエンタメ情報を発信!
おすすめの本(主にミステリー小説)や映画や音楽や漫画やゲームを紹介します。

CTR IMG