これまで転職を5回経験「営業→エンジニア→SV→事業統括→人事・総務」様々な職種を渡り歩く。 転職を成功させる方法や本当に仕事に役立つ情報を発信!

転職エージェントとの賢い付き合い方を解説!【二人三脚が成功の鍵】

転職エージェントとの賢い付き合い方を徹底解説します!

 

前回の記事の続きでご覧いただければ幸いです!(^^)!

www.grateful-feelings.com

 

前回の記事で「転職エージェントのキャリアアドバイザーとは必ず会って、良いお付き合いをしましょう」と書きました。

大前提はもちろんそうですが、キャリアアドバイザーも人間です。

 

やはり、しっかりしている人やいい加減な人など様々な人がいます。

今回は転職エージェントとの賢い付き合い方について詳しくご紹介します!

転職エージェントに全てをまかせてはいけない!

転職エージェントと関わる中で、私の体験談からご紹介します。

 

内定をいただき、入社の意思を伝えた時のことです。

現職の引き継ぎの関係で、最初に伝えていた入社日より1ヶ月伸ばしてもらうお願いをしました。

 

転職エージェントのキャリアアドバイザーからは「わかりました!良いですよ。しっかり引き継いで下さいね〜。」と軽い感じで言われました。

自分も「あっさりオッケーなんだな、、」と思いながらも、それ以上は気に止めませんでした。

 

しかし、、

約1ヶ月後、転職エージェントが内定先に入社を伸ばすことを伝えておらず「話しが違う!」と転職先が激怒し、内定取消し寸前までいったのです( ゚Д゚)

 

そこからは転職エージェントを通さず、内定先と直接やり取りを行い、何とか入社までこじつけました。

現職も退職の意向を出していたので、内定取消しになっていたら、危うく無職になるところでした。。

こんな思いは二度としたくありません。。

 

この経験から、、

「全て転職エージェントに任せておけば大丈夫!」と考えてはいけないことを学びました!

転職エージェントとの賢い付き合い方を解説!

転職エージェントとの連絡はできるだけメールで行う

「言った言わない」を防ぐためです。

 

転職エージェントは忙しく、1人で何十人も担当しています。

我々はその中の1人です

 

口頭では転職エージェントも言葉の取り間違いや勘違いがあります。

 

特に下記の事項はできるだけメールでやり取りし、残しておきましょう。

  • 求人先へ伝えてもらいたいことや質問事項
  • 面接日程

間違いが不採用に直結するものはメールでやり取りをすることが原則です。

 

もし内定をいただいたら、文面で「雇用通知書」(言い方は少し違うものもあるかもしれません)をもらいましょう。

  • 入社日
  • 給与(賞与)条件
  • 公休数
  • 各種加入保険
  • 退職金の有無
  • 有給付与数

これらを記載した「雇用通知書」をもらい、話しが違ったり、納得いかない点、質問点があれば、メールで転職エージェントに問い合わせをしましょう。

転職エージェントの返事が遅い場合は問い合わせをする

いわゆるレスポンスが遅いというやつです。

これは遅い人はずっと遅いです。

 

仕事があまりできない人なのかな、、と失礼ながら思ってしまいます。

転職エージェントも仕事だから忘れないだろうと思わず、レスポンスが遅い場合は積極的に問い合わせしましょう。

 

結構、忘れている場合が多いです。。

転職エージェントに希望条件やゆずれない条件ははっきり伝える

当たり前と言えば当たり前ですが、ここが曖昧な人も多いみたいです。

転職エージェントには最初はある程度「わがままかな」と思う希望条件も言ってみましょう。

ブラック企業に浸かり過ぎて、世間では当たり前の要求が「そんなことできないだろう」と勝手に決めつけていることもあります。

 

例えば「残業代が支給される」とか、、( ;∀;)

法令上、当たり前のことなのですが「〇〇手当」に含まれているとか曖昧にして、支払われていないブラック企業も存在します。

確認したいことははっきり確認しましょう。

 

転職エージェントも希望をはっきり言ってもらった方が求人とあなたの希望が合致するか見極めやすいです。

結果的にミスマッチを防ぐことになります。

 

その中であまりにも今の自分のスキルと希望条件がかけ離れていれば、転職エージェントが「その希望条件は難しいですよ!!」ときちんと言ってくれます。

それは付き合っていく中で、転職エージェントと擦り合わせをしながら、希望条件は精査していきましょう。

 

内定をいただいた後、入社後に「こんなの聞いていたのと違う!」ということを防ぐためにも納得行くまで、転職エージェントとは話し合いをしましょう。

まとめ

「転職エージェントに全て任せておけば大丈夫!」とは決して思わないようにしてください。

 

これは「いい加減な転職エージェントもいる」ということでもありますが、

あくまで転職をするのは自分であり、転職エージェントはサポートしてくれるものと考えた方が良いです。

 

「転職エージェントと一緒に転職活動を成功させる!」というスタンスで臨むと、転職も成功する可能性が高くなるということです。

 

求人先に給与や条件面を質問するのは「印象が悪くならないか」と懸念して、なかなか自分からはできないですよね。

そういう時には転職エージェントから質問してもらったり、給与交渉もお願いできるので「自分ができないところを補ってもらえる存在」であることは間違いないです。

 

転職エージェントと二人三脚で転職を成功させるイメージだと転職が上手くいく可能性がグッと上がりますよ!(^^)!

 

※大手の転職エージェントは非公開求人を多く持っています。

あなたの希望に合う求人を紹介してもらえる可能性も高いので無料登録をして相談してみましょう。

DODA
5

転職サイトはdoda

dodaの専門スタッフが、あなたの希望や適性に合った求人のご紹介や、転職活動のサポートをさせていただくサービス。
非公開求人を含む約10万件の求人からあなたに合った求人を紹介。専門スタッフが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポートします。

パソナキャリア
5

パソナキャリア

各業界・職種毎に専門特化したキャリアアドバイザーが、様々な角度からキャリアコンサルティングを実施し、求職者の方の強みやキャリアプランについて一緒に考えていきます。
パソナグループとしての幅広いネットワークも当社の特徴。
業界・業種を問わず、約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人の中から、あなたのキャリアプランを実現する求人をご紹介。

リクルートキャリア
5

リクルートエージェント

転職支援実績は累計41万1,000名以上
・各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザーが、求職者の希望やスキルに沿った求人を、厳選してご紹介。
・職務経歴書・履歴書などの書類の添削、独自に分析した業界・企業情報の提供、志望企業への推薦など様々な転職サポートします。

ネオキャリア
4

第二新卒エージェントneo

正社員での就職・転職を希望する18歳~28歳の方々。
・公務員試験からの民間企業就職への切り替え、短期離職、第二新卒(就業後3年以内の離職)、中途、キャリアアップの転職など幅広い経歴の方を完全無料でサポート。
・豊富な経験を持つのキャリアアドバイザーがあなたの将来像や希望、適正を踏まえて求人をご紹介。

JAC Recruitment
5

JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)は管理・専門職、ミドル・ハイクラス向けの高年収層に特化した転職エージェント。
・企業を熟知したプロが、無料であなたを“内定”までサポート! あらゆる業種・職種の求人を完全無料でご紹介!
・非公開求人50% スピーディーなレスポンス・ハイレベルのサービス。

最新情報をチェックしよう!