これまで転職を5回経験「営業→エンジニア→SV→事業統括→人事・総務」様々な職種を渡り歩く。 転職を成功させる方法や本当に仕事に役立つ情報を発信!

転職後すぐに退職をしないために気をつけること

「やっとの思いで転職をしたのに、新しい職場に馴染めずにもう辞めたい・・・」

このように転職後すぐに退職を考えた時に気をつけてもらいたいポイントをご紹介します。

 

明確な目的があったり、どうしても納得できない、我慢できない理由がある場合は転職後すぐに退職をすることも仕方がないですが、できれば今後の自分のキャリアも考えて、転職後すぐの退職は避けたいですよね。

転職後すぐに退職をしないために気をつけること

新しい職場に慣れないことは当たり前

転職後すぐに退職の「すぐ」を仮に1か月~3か月ぐらいとします。

結論から先に言うと、1か月~3か月ぐらいで新しい職場に慣れない、馴染めないことは当たり前です。

 

慣れなくて普通です。

馴染めなくて普通なのです。

 

新しい職場に慣れないことで、

  • 自分にはこの職場は合っていないのではないか
  • 自分にはもっと他に合う職場があるのではないか

このように考えるかもしれないですが、そんなことではなく「最初は慣れなくて馴染めてなくて当たり前だ」と現状を受け入れるようにしましょう。

過度の期待やプレッシャーをスルーする

転職をしたばかりなのに「過度の期待やプレッシャー」「やってもらわないと困る」感を出してくる会社や上司がいます。

まともに受けてはいけません。適度にスルーしましょう。

 

そのように言ってくる会社や上司の気持ちがわからないでもありません。

 

あなたが入社した背景を考えてみましょう。

「求人を出した」ということは当たり前のことですが「人が足りない」から求人を出しますよね。

人が足りていて、一人当の仕事量が少ないのに求人は出しませんよね。

 

会社側は人が足りないので求人を出して、面接を重ねてあなたが入社してくれました。

「やっと人が入ってくれた!今までできなかった、あれもこれもやってもらおう!」と会社や上司は悪気なくこのように考えます。

 

それが「過度な期待やプレッシャー」に姿を変えて、あなたに降りかかっているのです。

 

会社や上司が考えている背景を読み取り、適度にスルーしましょう。

スルーしても本当に大丈夫です!

あなたが入社後すぐ退職をされることが自体が、会社や上司に取って一番の痛手になるのです。

 

だからと言って「さっぱり言う事を聞かない」のはいけないですが、自分が潰れないためにスルーすることは、会社に取っても自分に取っても必要なことだと認識しましょう。

状況は変わる

どの職場でも言えることですが、自分の周りの状況や環境は変わります。

【仕事が向いていない】

部署異動できるかもしれません

 

【人間関係が悪い】
元凶の人が退職するかもしれません

 

【会社の未来がない】
新規事業が始まるかもしれません
経営陣が変わるかもしれません
このように『時間』が勝手に解決しれくれる場合もあります。

 

すぐに退職したい理由が『状況の変化』により解消できるものならば、しばらく様子を見ることも一つの手です。

問題を回避できないか相談する

「状況が変わるのを待ってられない!』という場合は、やはり率直に上司や人事に問題点を相談することをお勧めします。

 

先程もお話ししましたが、転職後すぐに退職をすることは自分に取ってもマイナスですが、会社に取っても大きなマイナスです。

あなたを採用するまでにかかった時間や費用が全てムダになるわけですよね。

これは会社に取っても避けたいことです。

 

あなたが素直にすぐに退職したいと思っている理由を相談してみて下さい。

相談をすることでその問題が解決してくれるかもしれません。

退職をする前にやれることは絶対に全て行って下さい。

 

ただ注意していただきたいのが、攻撃的や反抗的な態度で相談はしないで下さいね。

ムカつくことやどうしても納得できないことがあって退職を考えたのかもしれないですが、冷静になって謙虚に相談をするべきです。

 

理由は年齢は関係なく、あなたはまだその会社では新入社員だからです。

新しく入ったばかりの社員に攻撃的や反抗的な態度で話しをされると、多くの人は感情的になってしまいます。

 

「新入りが何を言ってるんだ!まだウチの会社のこともよくわからないくせに!」

こう思われるのが普通です。

あくまで謙虚に「この会社で長く働きたいから相談した」というスタンスが大切です。

転職をすることは最終の最終手段

すぐに転職をすることは、やはり最終の最終手段と捉えて下さい。

  • またすぐに転職先が見つかるだろう
  • まだ若いから大丈夫だろう
  • 次に良い転職先を見つければいいだろう

このような気持ちを持っていたら、すみません危険です。。

今後の転職活動で在籍期間が短い転職はかなり不利に働くことが通常です。
誰が聞いても「それは退職をしても仕方がない」という理由であれば別ですが、

 

通常はやはり「これだけすぐに退職をしたのであれば、ウチが採用をしてもすぐに辞めるのはないか」と思われます。

 

様々な理由や状況があるので「絶対にすぐに退職をしてはいけない!」とは言えないですが、安易にすぐに退職をすることだけは止めて下さいね。

まとめ

「転職後すぐに退職しないために気をつけること」をご紹介しました。

 

転職をして新しい環境に飛び込むと、自分が思っている以上に精神的にも身体的にも疲弊します。

 

その疲弊でマイナスの感情になり「やっぱりダメかな」とか「もう辞めてしまいたい」と考えてしまいます。

最初は慣れなくて馴染めないものだと割り切り、時間が経てばいつかは慣れるだろう

このぐらい楽観的に考えて良いと思います。

 

人間は時間が経てば環境に慣れていくものです。

 

せっかく縁があって入社でした会社なので、すぐに退職をすることだけを考えるのではなく、

「この会社で長く働くためにはどうしたらいいだろう?」という視点で考えてみてはいかがでしょうか。

それが「自分を変える」成長にも繋がるのではないでしょうか。

 

最後にそれでもどうしようもないブラック企業に転職をして身体を壊したら元も子のありません。。

どうしてもダメだったら、すぐに退職をして下さい。

自分のことは自分にしかわかりませんし、自分を守るのも自分しかいません。

 

すぐに退職をした後は1人より、転職サイトに無料登録してエージェントと一緒に転職先を探すことをおすすめします。

面接時に必ず聞かれる「在籍期間が短い」理由も一緒に考えてくれるはずです

DODA
5

転職サイトはdoda

dodaの専門スタッフが、あなたの希望や適性に合った求人のご紹介や、転職活動のサポートをさせていただくサービス。
非公開求人を含む約10万件の求人からあなたに合った求人を紹介。専門スタッフが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポートします。

パソナキャリア
5

パソナキャリア

各業界・職種毎に専門特化したキャリアアドバイザーが、様々な角度からキャリアコンサルティングを実施し、求職者の方の強みやキャリアプランについて一緒に考えていきます。
パソナグループとしての幅広いネットワークも当社の特徴。
業界・業種を問わず、約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人の中から、あなたのキャリアプランを実現する求人をご紹介。

リクルートキャリア
5

リクルートエージェント

転職支援実績は累計41万1,000名以上
・各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザーが、求職者の希望やスキルに沿った求人を、厳選してご紹介。
・職務経歴書・履歴書などの書類の添削、独自に分析した業界・企業情報の提供、志望企業への推薦など様々な転職サポートします。

最新情報をチェックしよう!