転職を6回経験した46歳男性会社員が運営中。転職や仕事の悩みを解決する情報を発信しています。お気軽にお立ち寄りください。

「退職代行」は甘え?使って良いケースと悪いケースを紹介!

あなたは 「退職代行サービス」をご存じですか?

 

「退職代行を使って退職の申し出を受けた」もしくは「退職代行を使って退職した」という方もいらっしゃるかもしれません。

 

本記事では「退職代行」を使って良いケースと悪いケースを解説します。

使い方を間違えると、あなた自身が後悔したり、トラブルに発展することもあります。

 

記事を読み終えると、あなたは「退職代行」を使って良いケースと悪いケースがわかり、正しく使うことができるはずです!

ぜひ最後までご覧ください。

 

退職代行サービスとは

ブラック企業や人手不足を背景に、会社を辞めたくてもやめられないという現代の労働者のニーズに応えることで2017年ごろから複数の業者がインターネットで話題となり、2018年にNHKがクローズアップ現代で取り上げたことで急速に認知度が高まった。

名前のとおり、退職を代行するサービスではあるが、交渉は一切行わず、あくまでも退職の連絡の仲介のみを行うものがほとんどである。

退職代行サービスは大きく弁護士、労働組合、それ以外が行うものの3つに分類される。

この3つは基本的に退職の意思を会社に伝えることに変わりはないが、弁護士や労働組合が行う退職代行サービスではこれとは別に会社との交渉が法律によって認められている。

 

Wikipediaより引用

 

「退職代行」を使って良いケース

会社が辞めさせてくれない

  1. 退職の申し出をしても会社、上司が話しを聞いてくれず話しが前に進まない
  2. 退職の申し出をするとパワハラされる、脅される

 

退職代行を使って良いケースは1つだけです。

「最大限の退職するための努力」をしても、退職ができない場合は退職代行を使ってください。

あなたが退職の意思表示をしているのに辞めさせてくれない。

 

これは明らかに会社側の問題です。

 

このような会社にいても、あなたの人生が良い方向に行くとは思えません。

 

「人手不足」や「後任者がいない」のは会社の問題であって、あなたの問題ではありません。

お世話になった会社であれば、もちろん礼儀を尽くすことは大切です。

 

ただ会社のために、あなたの人生計画を狂わされてはいけません。

このケースはあなたは全然悪くないので、遠慮なく退職代行を使って退職してください。

 

もし「退職代行サービスはどれを利用すればいいの?」と悩んでいる方は「退職代行ガーディアン」がおすすめです。

東京労働経済組合が運営する退職代行サービスです。

 

労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を”唯一”合法的に可能としてます。

なかなか辞めさせてもらえず難易度が高い場合でも、組合が団体交渉して依頼者を守ります。

 

特におすすめできる点が労働組合が運営するサービスなので、有休消化の請求やサービス残業・退職金などの金銭の請求行為も代行してくれます。

 

これは他の退職代行サービスではやってくれません。

 

相談のみであれば、料金もかからないのでまずは相談してみてはどうでしょうか。

利用料金アルバイト、パート共に一律29,800円

 

退職代行ガーディアンに無料相談する

 

 

「退職代行」を使ってはいけないケース

「退職代行」は甘え?使って良いケースと悪いケースを紹介!

「退職したい」と言いづらいだけ

新卒など年齢も若く、知識があまりない状況で、ただ「退職したいと言いづらいから」という理由で退職代行を使うのはやめましょう。

会社はあなたを採用するまでも、採用してからも多大なコストや教育に時間をかけています。

 

きちんと自分の退職の意思を伝え、引き継ぎも滞りなく行うのが退職時のマナーです。

 

通常の会社でただ「言いづらい」という理由で退職代行を活用するのはNGです。

 

厳しいことを言うかもしれませんが、、

自分の意思を自分の口で言うことができなかったら、正直これからどの会社に入社しても難しいと思います。

 

自分の人生の選択を他人に委ねるのではなく、自分で責任を持ちましょう。

 

退職を引き止められるから

普通に勤務していたら、普通に退職は引き止められます!

 

「退職します!」

「了解!お疲れ様!」

 

もしこれで会話が終わったら、会社はその人に退職してほしかったとしか考えられません。。

 

この「引き止められる」度合いが常識を超えると問題になるということです。

 

「辞めるとどうなるかわかるだろうな!」と脅されたり「人手不足だから、後任者が見つかるまで辞めさせないぞ!」と言われたのであれば、話しは別です。

そうでなければ、引き止めにあっても丁重にお断りして、退職時期を相談するのが一般的です。

 

関連記事

入社3年以内で退職を考えると、必ず次のように言われます。 最低3年は働いてみないとわからない 石の上にも3年だ 「どんなに仕事がきつくても、3年は我慢して働くことが大切だ」と一般的に言われて[…]

 

退職は2週間前に申し出れば成立する

無期雇用の労働者は2週間前に退職を申し出れば、法的には退職できるようになっています。

 

「退職する」ことに関しては労働者が優位です。

 

退職代行を使わなくても、2週間前に退職を申し出れば退職は成立するということです。

会社によっては就業規則で「1か月以上前に退職を申し出る」と記載があるかもしれません。

しかし、2週間前の法的根拠が勝ちます。

 

ただ「退職は2週間前に言えばいいんだ!」だけを捉えられると、引き継ぎ期間などで会社や周りの人に迷惑をかけるので、あくまで「法的には」と解釈してください。

 

やはりどの会社も1ヶ月~2ヶ月前に退職を申し出て、余裕を持って引継ぎを行うのがベストです。

関連記事

あなたは職場での人間関係に悩んでいませんか?あまりに悩み過ぎると、身体も心も疲れてしまい、仕事にも支障が出ます。 職場での人間関係が最悪過ぎて「もう退職したい!」と思っているあなたへ向けて送ります。[…]

 

まとめ

「退職代行」を使っても良いケースと悪いケースをご紹介しました。

 

「本当に退職代行を使わないと退職できないのか」を見極めることが大切です。

確かに退職代行の認知度は上がってきています。

 

ただ、普通の会社の上司や人事部は、退職代行を利用して退職されたら「普通に退職したいって言ってくれればいいのに、、」と思います。

新卒で大型連休明けなどに、何気に退職代行を活用して退職するケースも多いとのことです。

 

自分の中で退職を決めたら、そのこと自体は問題ないです。

そこから「自分の口」で退職を伝え、お世話になった会社や周りの人に迷惑をかけないように退職しましょう。

 

「立つ鳥跡を濁さず」の精神が社会人生活では大切です。

 

自分の努力だけではどうしようもできない場合に退職代行を利用して、次のステップに進むのが良いのではないでしょうか。

 

あなたはこれまでその会社で頑張ってきたはずです。

次は会社のことではなく、自分のことを最優先に考えてください。

 

あなたの人生を「誰かの都合」で邪魔されるのはおかしいです。

 

「退職代行サービスはどれを利用すればいいの?」と悩んでいる方は「退職代行ガーディアン」がおすすめです。

なかなか辞めさせてもらえず難易度が高い場合でも、組合が団体交渉して依頼者を守ります。

 

特におすすめできる点が労働組合が運営するサービスなので、有休消化の請求やサービス残業・退職金などの金銭の請求行為も代行してくれます。

 

もし会社がどうしても辞めさせてくれない場合は、自分のために退職代行を使ってくださいね。

退職代行ガーディアンに無料相談する

 

関連記事

退職を考えたら、できれば円満退職したいですよね。円満退職することが、勤めた会社に対する礼儀ですし、退職した後もどこでどう繋がるかわかりません。 あなたと会社のためにも、円満退職するためにすべきことと、迷惑を[…]

関連記事

面接時に退職理由を聞かれたとき「どう答えていいかわからない」人も多いのではないでしょうか。 基本的には退職理由は正直に答えるべきです。ただ退職経緯によっては、表現や伝え方には注意が必要です。&nbs[…]

関連記事

あなたは今の仕事を辞めようと思ったことはありますか? やはり仕事を辞める決断は勇気がいるものです。 私は転職を6回経験しています。その経験から、仕事の辞め時がわかる[…]

最新情報をチェックしよう!
>あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

転職は一人で悩むより、あなたに合う求人紹介や面接対策をしてくれる転職エージェントの無料サポートを受けましょう。自分の夢ややりたいことを叶えるための手段として活用してください。

CTR IMG