転職を6回経験した45歳男性会社員。転職や仕事の悩みを全身全霊で解決するブログです!!

「やりがい搾取」とは?なぜ起きるのか原因とあなたにできる対策

「やりがい搾取」という言葉を聞いたことがありますか?

会社が労働者の「やりがい」を悪い方に利用して、低賃金や長時間労働を強要することを意味します。

 

この「やりがい搾取」はなぜ起きるのでしょうか?

「やりがい搾取」が起こる原因と、もしあなたが「やりがい搾取」に出会ったときの対応策をご紹介します。

 

労働者側の立場から言うと、この「やりがい搾取」は会社に都合の良いように使われる詐欺行為とも言えます。

経営者の方にもご覧になってほしい内容です。

ぜひ最後までご覧ください。

 

やりがいの定義

やりがいとは、仕事を楽しんだり充実感や達成感、手応えを感じることです。

「ありがとう」「あなたがいてくれて助かった」など人から感謝されたり、自分が関わったプロジェクトが成功すると充実感や達成感を味わいますよね。

 

金銭(給与や賞与)ではない、報酬とも言えます。

仕事を通じて「自分が満たされる」ことは、モチベーションの向上や継続に直結する大事なものです。

 

やりがい搾取に陥りやすい業界

ではこの「やりがい搾取」に陥りやすい業界は何でしょうか。

 

【やりがい搾取に陥りやすい業界の特徴】

  • 人と関わりサービスを提供する業界
  • 若年労働者が多く集まる業界
  • 一定のスキルが身につくまで時間がかかる業界

 

【具体的なやりがい搾取に陥りやすい業界】

  • 飲食業界
  • 福祉・介護業界
  • 保育や教育業界
  • テーマパーク業界
  • アニメ・ゲーム制作業界

 

やりがい搾取が起きる原因

やりがいとは、他人が決めることではなく自分自身が決めるものです。

人によってやりがいの定義も異なります。

 

「やりがいの価値観」を労働者に押し付ける会社が、やりがい搾取が起きやすい職場と言えます。

 

会社の利益を出すため

会社で一番比重が高い経費は人件費です。

その人件費をカットすることで、利益を上げようとする会社が増えています。

 

正しい人件費のカット方法は、例えば「これまで2人でやっていた仕事を効率化するツールを入れて、1人で行うようにする」ということです。

 

「やりがい搾取」をしている会社はそもそもの人件費カットの考えが間違っています。

  • 本来2人で行う仕事を1人でさせる
  • 妥当な賃金を支払わず、安い賃金で働かせる

 

このように「やりがい」という言葉を巧みに使い、働かせるだけ働かせて人件費をカットしようとしています。

特に「成長したい」「スキルを身に付けたい」と願う若年労働者を「安い労働力」として悪用する会社が存在します。

 

「その人を育てる」ためという勘違い

会社や上司が若年労働者や「未経験」の労働者に対して「その人を育てる」という大義名分で「やりがい搾取」をするケースがあります。

 

もちろん「その人を育てる」こと自体を否定している訳ではありません。

指導や教育をして必要な経験やスキルを身に付けてもらうことは、会社と上司の大切な仕事の一つです。

 

ここで問題にしたいのは「その人を育てる」大義名分で、長時間労働させたり、低賃金で働かせることです。

 

「教育期間だから賃金は低くて当然だろ!」という声があるのはわかります。

ただ最低賃金を下回ったり、度を超えた低賃金や長時間労働がいけないのです。

 

経験やスキルが身につけば、将来その人の「やりがい」に繋がります。

だからと言って、それが身につくまで会社が「やりがい搾取」をして良い理由にはなりません。

 

やりがい搾取を防ぐためにするべきこと

経営者や上司が価値観を押し付けない

  • 昔はこうだった
  • 普通はこうだろう
  • これが当たり前だろう

経営者や上司が考え方を柔軟に持たなければいけません。

 

特に現在の日本は以前より多様な価値観が生まれていますし、世代的なギャップも存在します。

自分の普通や当たり前の価値感を労働者に押し付けては絶対にいけません。
関連記事

あなたの周りに自分の価値観を押し付ける方はいませんか?もしかしたら、あなた自身が自分の価値観を押し付けていないですか? 本記事では人それぞれ違う価値観について考察します。 あなたが[…]

 

会社と労働者は同等の立場

  • 雇ってやってるんだ!
  • 給料以上の成果を出せ!

「お前ら働かせてやってるんだ!」という傲慢な考えから「やりがい搾取」は生まれます。

 

また、20万の給料を支払ったら、30万の成果を求めてくる経営者もいます。

労働者は労働する義務はありますが、成果を出す仕組みを作るのは経営者です。

「何か利益を生む仕組みを考えろ!」と言ってくる無能な経営者や上司を見かけますが、それはあなたの仕事です。

 

「経営者がやるべき仕事」「労働者がやるべき仕事」やるべき仕事や役割は異なりますが、どちらが立場が上ということはありません。

関連記事

【ジョブシフト】に寄稿しました!「ジョブシフト」は下記のサイトから。https://success-job.jp/ 「ジョブシフト」とは「ジョブシフト」は「株式会社Agoora」様が運営するサイトです。[…]

やりがいや夢を理由に労働環境向上を怠らない

会社が従業員のやりがいにすがって、低賃金改善や長時間労働是正を放棄してはいけないのです。

 

やりがいでしか従業員のモチベーションを上げることができなかったり、長時間労働をさせて残業代を支払わず「タダ働き」の上に成り立っている利益は幻想です。

 

厳しいことを言うようですが、やりがいにすがる経営者は怠慢であり、無能であることをさらけ出しているだけです。

この現実に気が付かなければ「やりがい搾取」はなくなりません。

 

やりがい搾取に出会ったときの対策

では「やりがい搾取」に出会った場合、私たちがどのように対策を取れば良いのかご紹介します。

 

おかしいと声を上げる

まず従業員がこれは「おかしい」と声を上げることから始めてほしいです。

安易に残業代の未払いを受け入れないのも声を上げたことと同じです。

 

「現状がおかしい」ことを会社に知ってもらわないといけません。

従業員が意思表示をすることが大切です。

 

外部機関に相談する

自社の労働組合があれば、労働組合に相談しましょう。

労働組合がなければ、労基や専門弁護士など外部機関に相談しましょう。

 

特に中小企業で経営者の権力が強い場合は、外部機関に相談することが効果的です。

そのときは実態の勤務時間がわかるもの(自分で記録に残したものでもOK)や音声記録など、証拠になるものを準備しておきましょう。

 

今後のために転職先を探す

先程の対策を取りながら、転職先を見つける努力も並行して行いましょう

自分のために今の会社を辞めたら、次に新しい道を歩み出せるよう準備しておくことも大切です。

 

転職活動では、再び「やりがい搾取」に遭わないために慎重に会社選びをする必要があります。

面接で労働環境について曖昧な説明しかしない会社や、高圧的な面接官の場合も危険です。

ずっと求人が出ている会社やホームページと求人に「急成長」「社員の平均年齢が20代」などのキーワードが出ている会社も黄色信号です。

 

また転職を考えたら、自分の性格や「強み・弱み」を理解することも、後悔しない転職をするために必要なことです。

 

自分自身で強みを見つけるのはなかなか難しいので、客観的に強みを知りたいという方は、リクナビが提供している「グッドポイント診断」を使って自己分析をしてみましょう。

リクナビNEXT
5

グッドポイント診断は「30分間・293問」の本格的な診断を行います。
診断を受けると、18種類の資質からあなたの強みを知ることができます。
診断後はトップページの「各種設定」から簡単に退会できますので、転職予定がない方も安心して利用してください。

 

さらに転職成功の為には、転職エージェントを活用することも重要です。

なかなか自分一人では「やりがい搾取」している会社が見分けられないと考えたら、転職エージェントの力を借りましょう。

企業とあなたの間に入ってくれるので、聞きにくい質問や曖昧な回答にも突っ込んでリサーチしてくれます。

 

自分の希望やゆずれない条件を転職エージェントに伝えておけば、その条件に合った企業を探してくれます。

転職エージェントを活用する主なメリットは次の通りです。

  • 履歴書・職務経歴書の書き方サポート
  • 非公開の特別な求人紹介
  • あなたの経験やスキルに合う求人紹介
  • 企業別の面接対策
  • 条件面や給料面の交渉

 

転職において自分一人ではできない部分を、転職エージェントがサポートしてくれます。

これだけでも希望の転職先から内定を貰える可能性が上がり、転職のミスマッチも未然に防ぐことができます。

 

しかも登録は無料で簡単です。

 

私の転職6回の中で、実際に活用したおすすめ転職サイトと転職エージェントのご紹介です。

次の転職サイトや転職エージェントのサポートを受けて、転職を成功させました。

<おすすめ転職サイトはこちら>

 

<おすすめ転職エージェントはこちら>

「今度こそやりがい搾取されずに、職場環境の良い会社で働きたい」と思ったら、まずは転職エージェントに気軽に登録してください。

 

まとめ

「やりがい搾取」が起こる原因や防ぐために会社が行うこと、出会ったときの対応策をご紹介しました。

 

次に「やりがい搾取」についてまとめます。

  • やりがい搾取とは、労働者の「やりがい」を利用して、会社が不当な長時間労働や低賃金で業務を強いること
  • やりがい搾取が起こる背景には、会社が従業員を「労働力」としか扱わず、利益を搾取している
  • 経営者や上司が個人のやりがいを尊重せず、価値観を押し付けてくる
  • やりがいや夢を盾にして、労働環境・労働条件の整備や向上を怠っている

非常に腹立たしいですが、会社が「やりがい」という言葉を巧みに使い、働けるだけ働かしてダメになったら捨てるという横暴な考えが根本にあります。

 

会社が従業員の価値観を尊重し、労働環境・労働条件の整備や向上を行うことで、従業員は自発的にやりがいを見いだせるはずです。

もう会社が価値観を押し付ける時代ではないです。

 

会社は従業員がやりがいを持てる環境を作り、そのやりがいを搾取するのではなく、成果に結びつけて再び従業員に還元する仕組みを作ることが大切です。

このことに気がつく会社が増えれば、ブラック企業はなくなっていきます。

 

ネットやSNSの普及で以前より「やりがい搾取」をしている会社は、いずれ世間に知られてしまいます。

やはり従業員を大切にする会社が最後には生き残るのではないでしょうか。

 

最後にあなたが今「やりがい搾取」に悩んでいたら、転職エージェントを活用して転職することを考えましょう。

あなたの大切な人生を誰かに「搾取」される必要はありませんし、逃げと言われようが離れること大切です

<おすすめ転職サイトはこちら>

 

<おすすめ転職エージェントはこちら>

どこに登録するか迷ってしまう方は「DODA」が私の経験では一番おすすめです。

 

自分が楽しくモチベーション高く仕事をするためにも、転職という選択も視野に入れて行動していきましょうね。

 

ただ転職エージェントに登録したからと言って、ムリに転職する必要はありませんよ。

相談してから転職するか、現職に留まるか判断すれば良いと思います。

相談は無料ですし、気軽に登録してみてくださいね!(^^)!

最新情報をチェックしよう!
>あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

転職は一人で悩むより、あなたに合う求人紹介や面接対策をしてくれる転職エージェントの無料サポートを受けましょう。自分の夢ややりたいことを叶えるための手段として活用してください。

CTR IMG