これまで転職を6回経験「営業→エンジニア→SV→事業統括→人事・総務」様々な職種を渡り歩く。 転職を成功させる方法や本当に仕事に役立つ情報を発信!

中小企業に転職するメリット・デメリット【あなたは中小企業向き?】

  • 2021年7月26日
  • 2021年8月1日
  • 転職
  • 14view

転職を考える時に「自分の希望に合った職場に転職したい」と誰でも思いますよね。

自分の希望の中で、待遇面や環境も重要になりますが「会社の規模」も大切な要素です。

 

私は6回の転職の中で、大企業・中小企業どちらも転職経験があります。

 

本記事は転職を考えている方に向けて「中小企業に転職するメリット・デメリット」をご紹介します。

「大企業の当たり前」が「中小企業では当たり前ではない」ケースもたくさんあります。

 

自分の希望や性格などを考慮し「自分は中小企業に向いているか」確認しながら、最後までご覧ください。

 

大企業と中小企業の定義

まずは大企業と中小企業の定義をはっきりさせておきましょう。

大企業の定義

法律で「大企業」そのものが定義されているわけではなく、中小企業基本法第二条で定義された「中小企業」の反対解釈として「大企業」とみなすのが一般的である。

wikipediaから引用

 

大企業の定義ってもともとないんですね( ;∀;)

「中小企業ではない企業が大企業である」という定義のようです。

 

不思議な感じですが、、これはこれは飲み込みましょう。。

 

中小企業の定義

①製造業その他

資本金の額又は出資の総額が3億円以下の会社又は常時使用する従業員の数が300人以下の会社及び個人

②卸売業

資本金の額又は出資の総額が1億円以下の会社又は常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人

③小売業

資本金の額又は出資の総額が5千万円以下の会社又は常時使用する従業員の数が50人以下の会社及び個人

④サービス業

資本金の額又は出資の総額が5千万円以下の会社又は常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人

「中小機構」のサイトから引用

 

中小企業の定義は業種によって異なりますが、資本金と従業員数で決まります。

上記の条件に当てはまると中小企業ですし、当てはまらないと大企業になるわけです。

 

中小企業への転職のメリット

では中小企業へ転職するメリットはなんでしょうか。

中小企業の特徴となる部分を解説していきます。

 

出世できる可能性が高い

例えば大企業に転職して、一般職から部長を目指したとします。

どれだけの役職を経て、どれだけの人を追い越さないといけないでしょうか。

 

一般的な大企業の例だと、

『主任→係長→課長→次長→部長』

部長になるまで、これだけの役職があります。

 

もちろん会社によって名称が違ったり、もっと役職があるかもしれません。

大企業だと部長になるまでこれだけの役職を経て、それだけ競争に勝ち抜かないといけません。

 

中小企業だと役職も大企業ほど多くありません。

競争する人数自体も少ないので、出世できる可能性は大企業より中小企業の方が高いです。

 

自分のアイデアやスキルを活かせる

自分のアイデアやスキルが発揮しやすいことも中小企業に転職するメリットです。

 

社長にアイデアを認めてもらえれば、そのアイデアは即採用です。

 

最終決定者との距離が近いので、自分のアイデアやスキルを認めてもらえれば、自分のしたいことができやすいです。

 

スピード感のある仕事ができる

これも自分と最終決定者の間の人数が少なければ少ない程、スピード感がある仕事ができます。

早く決済や承認をもらえれば、仕事にもすぐ取り掛かることもできます。

 

もし決済や承認が「ダメ」になって、自分の意見が通らなかったとしても、軌道修正をすれば良いだけです。

 

大企業のように決済や承認が遅いと、その仕事に取り掛かること自体遅くなります。

そうなると、どうしてもスピード感は落ちますし、自分のしたいことがなかなかできません。

 

コミュニケーションが取りやすい

これも人数が少なければ少ないほど、コミュニケーションと意識統一が取りやすいです。

 

人数が増えれば増えるほど「この人にもあの人にも、伝えなければならない」となり、時間もかかります。

またこれも人数が増える程「Aという決定事項」を勝手に「Bという決定事項」に勘違いしたり、聞き間違えたりする人が出てきて、意識統一が難しくなります。

 

中小企業の方が簡単に言うと「人数が少ないから話しが早い」ということです。

 

【関連記事】

コミュニケーション能力が高い人が仕事を制する【相手を思いやる】

 

中小企業への転職のデメリット

大企業ほど給与・賞与が期待できない

給与・賞与面は正直、大企業より期待はできません。

 

中小企業でも1人当の売上・利益が高ければ別の話しですが、やはり大企業には劣るのが一般的です。

 

【関連記事】

ボーナス(賞与)とは何か?【正しい知識と考え方をわかりやすく解説】

 

福利厚生・研修も充実していない

これも大企業に比べるとどうしても劣ります。

 

福利厚生も研修も「ない」中小企業も多くあります。

「大企業→中小企業」に転職をする時は大企業と同様の福利厚生や研修を期待してはいけません。

 

福利厚生面については、大企業がいかに恵まれているか痛感するはずです。

 

事業の安定性に不安がある

やはり大企業と中小企業とでは持っている資金力が違います。

不況や現在の新型コロナという不測の事態が発生した時に中小企業は弱いです。

 

会社に事業の安定性を期待するのであれば、中小企業への転職はあまりおすすめできません。

中小企業に転職をするのであれば、会社に頼るのではなく、自分が「この会社を安定させるんだ!」という気概があった方が良いと思います。

 

少人数で業務を行うので業務過多が起きやすい

中小企業は大企業のように業務が細分化されていないケースが多いです。

 

1人が「あれもこれも」業務している感じです。

 

そうなると、どうしても「仕事が出来る人・仕事が早い人」に仕事がまわってきて、その人が業務過多に陥りがちです。

 

また「あの人しか、この業務が出来ない」というケースも中小企業ではありがちです。

これも業務過多になる原因の1つです。

 

社長との相性でほぼ全てが決まる

社長がワンマンであったり、絶対的な権力を持っている。

 

ワンマン経営の会社は社長が全てです。

社長に嫌われたら「終わり」ということも正直あります。

 

これは転職をする前に、出来るだけ「社長について」下調べをすることをおすすめします。

社長が良い方であれば問題ないのですが、社長にも様々な人がいます。

 

特に役員が全て社長の家族という、家族経営は要注意ですね。

 

公私混同があったり、どんなに頑張っても幹部になれなかったりします。

もちろん全ての家族経営の会社が悪い訳ではありませんが、、

 

私は家族経営の会社で痛い目に合った経験があるので、、あまりおすすめはできないというのが正直なところです。

 

【関連記事】

【ジョブシフト】に寄稿!中小企業ワンマン社長の暴君振り体験談!世間の常識なんか通じない!

 

まとめ

あなたの希望と中小企業の特徴を照らし合わせよう

中小企業に転職をするメリット・デメリットをご紹介しました。

 

メリットを次にまとめます。

  1. 出世できる可能性が高い
  2. 自分のアイデアやスキルが活かしやすい
  3. スピード感がある仕事ができる
  4. コミュニケーションが取りやすい

 

デメリットを次にまとめます。

  1. 大企業ほど給与・賞与が期待できない
  2. 福利厚生・研修が充実していない
  3. 事業の安定性に不安がある
  4. 業務過多になりやすい
  5. 社長との相性でほぼ全てが決まる

 

「大企業が良い!」「中小企業が悪い!」こんな簡単な問題ではないんですよね。。

 

大切なのは以下のことです!

転職する際に、あなたの希望や大切にしたいもの、譲れないものと中小企業のメリット・デメリットと照らし合わせること。

 

ご紹介した「中小企業のメリット・デメリット」をあなたの転職する際の判断基準として活用してください。

 

私の経験から大企業・中小企業の違い

最後に私の経験からお話しします。

 

自分で仕事を切り開いていくタイプは、中小企業で揉まれた方が早く経験やスキルが身に付きます。

特に20代・30代で中小企業を経験して「広く浅く」仕事に携わると知識が身に付き、将来自分の財産になります。

「あれもこれも」やることは大変ですが、その経験と知識は決してムダにはなりません。

 

「安定を求める方」や「言われたことを黙々とやりたい方」は大企業がおすすめです。

給与や研修面も中小企業より充実している場合が多く、比較的安心して仕事に打ち込めます。

 

仕事も細分化しており、特化したスキルは身に付きやすいです。

また、大きなプロジェクトの中で仕事をすると「コミュニケーション能力」「調整力」が身に付きます。

これは人数が多ければ多いほど、身に付けることができるスキルです。

 

転職を考えた際に、自分は「大企業向きか・中小企業向きか」あなたの希望や性格、大切にしたいものや将来のビジョン、あらゆる角度から照らし合わせましょう。

 

それが転職のミスマッチを防ぐために大切なことです。

 

本記事があなたの「転職を成功させるため」にお役に立てれば幸いです!(^^)!

 

失敗しない転職をするために

転職を考えたときに、一番不安に感じることは「転職に失敗したらどうしよう」ということですよね。

  • せっかく転職したのに自分に合わなかった
  • 転職先がブラック企業だった
  • 聞いていた話しと全然違った
  • 前職の方が良かった、、転職するんじゃなかった

 

こんな風に転職に失敗するのが怖くて、転職に踏み出せないことがあると思います。

この転職のミスマッチを防ぐためには、転職エージェントに無料登録して「転職のプロ」に相談することをおすすめします。

 

転職エージェントを利用する主なメリットは次の通りです。

  • 履歴書・職務経歴書の書き方のアドバイス
  • あなた一人では見つけきれない非公開求人の紹介
  • あなたの経験やスキルに合う求人紹介
  • 企業別の面接対策
  • 条件面や給料面の交渉

 

転職エージェントから転職先の情報をもらったり、入社前に聞きにくいことも聞いてもらったりできます。

自分一人ではできない部分をあなたに代わり、転職エージェントがやってくれます。

 

これだけでも転職のミスマッチをかなり防ぐことができ「転職するんじゃなかった、、」という失敗を防ぐことができます。

 

しかもサポートは無料ですので、利用しない手はないと思います

 

私も6回の転職全て転職エージェントを活用して、役職も年収も上がる転職を成功させました。

 

<おすすめ転職サイトはこちら>

リクナビNEXT/転職サイト求人数や実績NO1。まずは登録して求人を探してみてください。

ビズリーチ/年収600万以上の方は登録しておいて、あなたに合うスカウトを待ちましょう。

 

<おすすめ転職エージェントはこちら>

DODA/転職サイトと転職エージェント両方のサービスが受けられる。一番のおすすめです。

パソナキャリア/長期的支援を求める人におすすめ。転職が決まるまでサポートしてくれます。

JAC Recruitment/30代以上で年収アップのハイクラス求人を求める人におすすめです。

リクルートエージェント/転職支援実績No1。多くの求人を紹介してもらいたい人におすすめ。

 

【関連記事】

【転職6回】実際使って役に立った、おすすめ転職サイトと転職エージェント

 

転職エージェントを活用することをネガティブに捉えるのではなく、「自分の転職を成功させるための手段」と考えてみてはどうでしょうか。

 

あなたが「転職してよかった」と思えるために、転職エージェントを活用してみてくださいね。

 

【関連記事】

転職エージェントの賢い使い方・付き合い方をわかりやすく解説!

最新情報をチェックしよう!
>あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

転職は一人で悩むより、あなたに合う求人紹介や面接対策までしてくれる転職エージェントの無料サポートを受けましょう。自分の夢ややりたいことを叶えるための手段として活用しましょう。

CTR IMG