これまで転職を6回経験「営業→エンジニア→SV→事業統括→人事・総務」様々な職種を渡り歩く。 転職を成功させる方法や本当に仕事に役立つ情報を発信!

精神的に辛い時の対処法5選【やまない雨はない】

長い人生の中で、精神的に辛い状況に陥る時があります。

その時はこの辛い状況がいつまでも続く気がして、絶望に襲われる時もあります。

 

本記事では実体験も交えながら、精神的に辛い時の対処法をご紹介します。

やまない雨はありません。

そう信じて、最後までご覧ください。

 

精神的に辛い時の対処法5選【やまない雨はない】

具体的に5つの対処法をご紹介します。

順番にはこだわらず、自分ができそうなところからやってみてください。

 

人に話しを聞いてもらう

話すだけで気持ちが楽になる

自分の辛い状況を人に聞いてもらいましょう。

 

自分で抱え込まずに人に聞いてもらうだけでも、気持ち的に楽になります。

家族でも親しい友人でも良いです。

公的な機関でも良いと思います。

 

私なんて公民館におばちゃんが集まる「お悩み講座」的なところで愚痴を聞いてもらったことがありますよ。

 

辛い時にその辛い状況を話しするだけで本当に救われます。

私も自分の中だけに抱え込んでいたら、精神的に持たなかったと思います。

 

あなたの周りにも必ず話しを聞いてくれる人がいるはずです。

怖がらずに「迷惑かな」とも考えずに、話しを聞いてもらいましょう。

 

ここで大切なことは「相談」という形で問題解決のために話しを聞いてもらうのではなく、ただ「話す」ことだけを目的にして下さい。

話しをしているうちに、自分の中で解決策がまとまったり、自然に前向きになっていきます。

 

話しを聞く立場になったら

もし、逆に「話しを聞く」立場になった場合は、とにかく相手の話しを聞いてあげて下さい。

精神的に辛い人に対して、周りから解決策などをあれこれ言ってもダメです。

 

当人はその解決策を正常に聞き入れ、頭の中で処理できる状態ではありません。

いわゆる「頭がまわっていない」状況です。

 

とにかく相手の話しを聞いていけば、当人も少しずつ頭の中が整理ができて「頭がまわる」状態になってきます。

 

【話し手】

話しをまとめなくていいので、とにかく胸の内を話す

 

【聞き手】

解決策や意見は言わなくていいので、とにかく相手の話を聞く

 

このように徹してみて下さい。

 

関連記事

あなたは職場でコミニュケーションがうまく取れていますか? 仕事を円滑に進めるため 人間関係で円滑に保つため 自分が思った通りに物事を進めるため 職場では様々な場面で、上手にコミニュケー[…]

 

好転させようとせず受け止める

頑張って動かない

無理に今の状況を好転させようと頑張ったりしないでください。

 

起こった状況を受け止めましょう。

 

無理にあがくと今よりもっと良くない方向に行ったり、動くことで受けた傷が深くなる可能性があります。

現実の辛い状況を認めることはしんどいですが、これが現実だとまずは受け止めてみて下さい。

 

今の状況を受け止めたら

  • なるようにしかならない
  • なんとかなるさ
  • やまない雨はない

あまり真剣に考えるのではなく、他人事のように「いい加減」に考えてください。

 

本当に世の中「なるようにしかならない」ですし、悪いことばかりは続きません。

真面目な人ほど「何とかしないと」と思うのですが、何ともならないから今の状況なのです。。

 

あなたが悪いと責めているわけではありません。

自分を責めてもいけません。

 

繰り返しますが、なるようにしかなりません。

たまには「いい加減」になりましょう。

 

関連記事

生きるのがつらい時に本を読むことで救われることがあります。 つらい時は人に話しを聞いてもらうことも効果的ですが、24時間いつでも人に相談することはなかなかできないですよね。本は急につらくなったり、不安になっ[…]

 

お酒はできるだけ飲まないように

辛い状況を忘れるためにお酒を飲むこともあると思います。

適度であれば良いかもしれませんが、本当に辛い時はお酒を飲むことはおすすめできません。

 

これは単刀直入に言うと「自殺防止」のためです。

お酒を飲むことで気持ちが大きくなったり、どうでもよくなったりして、衝動的に自殺に走ることを防ぐためです。

 

例えば、辛い時に友人とお酒を飲みながら、話しを聞いてもらうこともあると思います。

その場では問題ないのですが、自宅に帰った後、1人になった時が危険です。

一気に孤独感や疎外感に襲われ、衝動的に自殺したくなる場合があります。

 

もちろん辛い状況の大小にもよりますので、お酒で適度に解消できるのであれば良いのですが、本当に心底辛い時はお酒はおすすめできません。

自ら未然に最悪のケースを防ぐことも大切です。

 

あるものに感謝する

全てを失った訳ではない

リストラや離婚など「これまであったものを失った」時も辛い状況を生み出します。

 

しかし、全てを失った訳ではありません。

  • リストラされても家族がいる
  • 離婚しても友人がいる
  • 裏切る人もいれば、裏切らない人もいる

そのときは「全て失った」と思っても、本当に全てを失った訳ではありません。

 

「捨てる神あれば拾う神あり」という言葉があるように、見限る人もいれば親切にしてくれる人も必ずいます。

 

辛い時は視野が極端に狭くなるので「全てを失った」と思いがちですが、そんなことは絶対にありません。

むしろ「失って良かった」と後から思えることもたくさんあります。

 

何でもない毎日にも感謝してみる

毎日の日常にも感謝してみましょう。

  • 3食ご飯が食べられる
  • あったかい布団で寝られる
  • 心配してくれる人がいる

これらを「当たり前」と思わずに「感謝」することで幸せな気持ちになります。

 

スピリチュアル的なことではなく、、「感謝」を「人」のためでなく「自分」のためにしてみて下さい。

「当たり前」と思っていた自分がいかに傲慢だったか気が付きます。

 

やるなら徹底的に自分に残っているものに「感謝」してみましょう!

自分が辛い状況から抜け出すために必要なことです。

 

今は休むときだと考える

前向きになるまで休もう

「好転させようとしない」に似ていますが、今は休むときだと思いましょう。

  • 睡眠をたっぷり取る
  • 適度な運動をする
  • 規則正しい生活をする

よく言われることですが、上記のことを守り休みましょう。

 

精神的な問題で会社を休職している方もおられると思います。

休めばまた「頑張ろう」という気持ちが自然に芽生えてきます。

 

その気持ちになるまで休めば良いのです。

 

関連記事

落ち込んだ時、悩んだ時に本を読むことで勇気づけられることがあります。 人に話しを聞いてもらうことも効果的ですが、24時間いつでも人に相談することはなかなかできないですよね。落ち込んだとき、悩んだ時に本はいつ[…]

 

時間が解決してくれる

休んで気持ちが少しでも前向きになり、日々を過ごしていれば、あとは「時間」が解決してくれます。

 

今の辛い状況も振り返れば「あの時の辛い状況があったから、今の自分がいる」と胸を張って言える時が来ます。

「時間」は誰にでも平等で、心に受けた傷も癒してくれます。

 

古い昭和歌謡ですが「時の流れに身をまかせ」って唄もありましたよね。

あのタイトル通り、時の流れに身をまかせてみましょう。

 

仕事で精神的に辛い時は

仕事で精神的に辛い時は、環境を変えることも考えてみてはどうでしょうか。

 

あなたの人生です。

辛ければ逃げても良いんです。

自分で自分を「逃げても良いんだ」と諭してください。

 

精神的に辛い職場にいても、疲弊していくばかりです。

勇気を出して、今後の自分の人生のために転職も視野に入れてみてください。

 

もし少しでも転職を考えたら、転職エージェントに無料登録して相談することをおすすめします。

 

転職エージェントを利用する主なメリットは次の通りです。

  • 履歴書・職務経歴書の書き方のサポート
  • 一般では非公開の求人紹介
  • あなたの経験やスキルに合う求人紹介
  • 企業別の面接対策
  • 条件面や給料面の交渉

 

転職において自分一人ではできない部分を、転職エージェントがサポートしてくれます。

これだけでも希望の転職先から内定を貰える可能性が上がり、転職のミスマッチも未然に防ぐことができます。

 

しかも登録は無料で簡単です。

 

私の転職6回の中で、実際に活用したおすすめ転職サイトと転職エージェントのご紹介です。

次の転職サイトや転職エージェントのサポートを受けて、転職を成功させました。

 

<おすすめ転職サイトはこちら>

 

<おすすめ転職エージェントはこちら>

 

転職をネガティブに捉えるのではなく「辛い状況を抜け出すための手段」と考えてみてはどうでしょうか。

 

「人間関係や職場環境の良い会社で働きたい」と思ったら、まずは転職エージェントに気軽に登録してみてください。

 

まとめ

実体験も交えながら、精神的に辛い時の5つの対処法をご紹介しました。

 

ご紹介した内容を次にまとめます。

  1. 人に話しを聞いてもらう
  2. 好転させようとせず受け止める
  3. お酒はできるだけ飲まないように
  4. あるものに感謝する
  5. 今は休むときだと考える

 

辛い状況の真っ只中にいる人は本当に毎日が苦しいと思います。

繰り返しますが「やまない雨はない」です。

また、振り返ると「あの時の辛い状況があって良かった」と思える日が必ず来ます。

 

悲観的になって、最悪自殺を考えたりしないで下さい。

あなたの周りには悲しむ人がたくさんいます。

あなたの味方になってくれる人も必ずいます。

 

人やものに対しての執着を手放して、日々を過ごしてみませんか?

肯定も否定もせずに、時の流れに身をまかせてみましょう。

 

ご紹介した方法が少しでもあなたの役に立ち、気持ちが前向きになって貰えれば幸いです。

頑張らなくていいので、今は生きるだけで充分だということも忘れないで下さいね。

 

※合わせて、次の関連記事も参考にしてください。

関連記事

中間管理職は抱える仕事も多く、上司と部下との板挟みによる悩みもあり、大きなストレスを感じている方も多いと思います。 最悪の場合はうつ病を発症して、会社を休職することになった中間管理職の方も大勢います。私も4[…]

関連記事

あなたは仕事のストレスやキャパオーバーで思考が止まってしまうことがありませんか? 思考が停止すると「仕事が手につかない」「考える仕事ができない」など仕事に支障が出てきます。仕事の生産性が下がり、仕事が山積み[…]

最新情報をチェックしよう!
>あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

転職は一人で悩むより、あなたに合う求人紹介や面接対策までしてくれる転職エージェントの無料サポートを受けましょう。自分の夢ややりたいことを叶えるための手段として活用しましょう。

CTR IMG