これまで転職を5回経験「営業→エンジニア→SV→事業統括→人事・総務」様々な職種を渡り歩く。 転職を成功させる方法や本当に仕事に役立つ情報を発信!

転職エージェントの賢い使い方・付き合い方をわかりやすく解説!

  • 転職エージェントの使い方がわからない
  • 転職エージェントとどうやって付き合えばいいの?
  • 転職エージェントは使わない方がいいと聞いたけど本当なの?

 

このように「転職エージェントを利用したいけど不安」と思っている方に向けての記事になります。

 

この記事で紹介する「転職エージェントの賢い使い方・付き合い方」を実践すると、誰でも転職エージェントを使いこなすことができ、転職を成功させることができます。

 

私は5回全ての転職で複数の転職エージェントを利用しました。

 

また、採用する側として多くの転職エージェントとお付き合いをさせていただき、転職エージェントの内情に詳しくなりました。

転職活動を進める上で、転職エージェントは使い方次第で大きな力になってくれます。

 

主に初心者の方に向けて、転職エージェントの賢い使い方・付き合い方をご紹介し、転職を成功させる方法をわかりやすく解説します。

記事を読み終えると、あなたは転職が成功する道筋をつかめることができます。

 

転職エージェントとは

まず最初に転職エージェントとは何かをご紹介しますね。

 

『転職を検討している方と、人材の採用を考えている企業をつないで転職支援する人材紹介サービス』のことです。

 

<転職エージェントから受けられるサポート>

  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 非公開を含む求人の紹介
  • 面接日程の調整と対策
  • 年収の交渉

 

これらの転職に関するサポートが全て無料で受けられます。

 

転職エージェントは求職者を求人先の企業に紹介し、入社してもらうことで企業から成功報酬を受け取っているので、求職者は無料でサポートが受けられます。

 

ちなみに私は転職エージェントを利用し過ぎて、仕組みを理解し、自分でも有料職業紹介事業を行うのに必要な『職業紹介責任者』の資格を取りました。

 

そして会社で自ら人材紹介部門を立ち上げ、運営をしていたこともあります。

やりすぎですね。。( ;∀;)

 

※「転職サイト」と「転職エージェント」の違いはこちらの記事から

関連記事

転職活動を進める上で「転職サイト」と「転職エージェント」の違いを理解し、上手に活用することが転職を成功させる近道になります。 しかし、あなたは「転職サイト」と「転職エージェント」の違いを明確に把握されていますか?[…]

転職エージェント

 

転職エージェントの選び方

転職エージェントは誰でも聞いたことのある大手から、規模も小さい地場の転職エージェントまで様々あります。

 

転職エージェントに登録する時は、大手と地場を交ぜて、34社登録するのがベストです。

 

詳しくは下記の記事を参考にして下さい。

関連記事

転職エージェントを複数利用することは「転職を成功させる」重要かつ必須条件と言っても大袈裟ではありません。 転職エージェントの利用を1社だけに絞ってしまうと、紹介される求人案件が限られてしまいますし、良い担当者に巡り[…]

 

転職エージェントによって「強み・弱み」があります。

「ここに登録しておけば全て大丈夫!」というのは、正直ありません。

 

理由は次の通りです。

  • 自分に取って良い求人を持っているかは登録してみないとわからない
  • 大手は大企業の求人数は多い、地場は地元の優良中小企業の求人を持っている
  • キャリアアドバイザーとの相性の問題もあるので、会ってみないとわからない

 

「転職エージェント」が「良いもの」であるかどうかは、その人によって異なるということです。

 

  1. Aさんは希望求人が転職エージェントA社にあったけど、B社になかった。
  2. 逆にBさんは希望求人が転職エージェントB社にあったけど、A社になかった。

人によって希望求人や転職エージェントに求めるサポート内容も異なりますよね。

 

「転職エージェント」は3~4社登録して、自分に合う転職エージェントを見つけて下さい。

 

転職エージェントの賢い使い方・付き合い方をわかりやすく解説!

転職エージェント使い方・付き合い方

紹介される求人が「かぶること」はよくある

転職エージェント(A社)から1つの求人を紹介されたとします。

 

紹介された求人は2つのパターンに分かれます。

  1. 転職エージェント(A社)だけで取り扱っている求人
  2. 転職エージェント(A社)でも、(B社)・(C社)でも取り扱っている求人

②のパターンで、A社からの求人紹介を断ったが、B社からもC社からも同じ求人を紹介されるケースがよくあります。

 

転職エージェントはその人の職歴にあった求人を紹介するので、紹介が「かぶること」はあります。

求人を出している企業側も「採用の門を広げ、早く優秀な人材を採用するため」に複数の転職エージェントにお願いしているのです。

 

転職エージェントから紹介された求人の裏側を確認しよう

紹介された求人に対して「なぜ、その求人を出したのか」裏側を読み取ることが大切です。

 

例として、40代以降の求人募集で説明します。

その会社が求人を出した考えられる背景は次の通りです。

  1. 退職した人の穴埋め募集
  2. 定年退職した人の穴埋め募集
  3. 事業拡大のための募集

 

ここで自信を持って、おすすめする求人は②か③です。

 

①は「退職した社員がいる」という事実があるので、離職率が高い会社の可能性があります。

早く退職した人の穴埋めをしたいので、会社側は複数の転職エージェントに求職者の紹介をお願いします。

こうなると、先程説明した「この求人はどの転職エージェントにも載っているな」ということになります。

 

②は逆に「定年まで勤めた人がいる」証明ですので、長く勤めることができる可能性が高い会社となります。

 

人材の高齢化が進み、世代交代のための求人もけっこうありますよ。

 

③は事業拡大しているので、その中で人手不足になる求人です。

社員が増えることで、その社員を「束ねる人」が必要になるので、マネジメント能力がある管理職採用の求人が出てきます。

 

  • 40歳を超えてもバリバリ働いてキャリアアップしたい人は③を選ぶべきです。
  • そうではなく、体力も落ちてきたし「少し楽したいな」という人は②を選んで下さい。

 

40代を例に取りましたが、どの年代にも共通のことが言えます。

求人応募する時には、その会社が求人募集をしている背景を確かめて下さい。

 

転職エージェントのキャリアアドバイザーに聞けば必ず教えてくれますよ。

 

求人の裏側と自分の希望がマッチするか確認しよう

その会社が「なぜ求人を出しているのか?」の裏側を把握できました。

 

次に「その裏側」と「自分のキャリア形成や希望条件」がマッチしているか確認しましょう。

 

マッチしていれば、転職エージェントに求人応募をお願いしましょう。

志望動機もその求人の裏側に合わせれば良いだけです。

志望動機も固まれば、転職活動をかなり優位に進めることができます。

 

転職エージェントはあくまであなたの転職をサポートする立場

もし求人の裏側と希望がマッチしていなければ、別の求人を紹介してもらいましょう。

 

大切なことは、転職エージェントから紹介された求人を自分で精査することです。

 

「せっかく紹介されたのだから、断るのは悪い、、」など一切考えないで下さい。

最終的に求人応募するか決めるのはあなたです!

 

この点を履き違える人が「転職エージェントから言われるままにしたら転職に失敗した、、転職エージェントは信用できない!」と言い出します。

 

転職エージェントが転職するわけでなく、転職するのはあなたです。

自分がベストの選択をするために、転職エージェントから情報収集などのサポートを受けて下さい。

 

「転職エージェントは自分の売上ばかり考えて信用できない!」という声もよく聞きますが、それは利用方法を間違えているからです。

 

転職エージェントが言う事を全て鵜呑みにするのではなく「あくまで自分の転職を成功させるためにサポートしてくれる存在」であることを忘れないで下さいね。

 

転職エージェントのキャリアアドバイザーとは必ず会おう!

これはぜひやって下さい。

 

やはり人間は会って話せば、その人に対しての感情が生まれます。

 

まずはキャリアアドバイザーと会って、自分の転職の思いを伝えて下さい。

決して良い格好する必要はありません。

ありのままの思っていることを話して下さい。

 

そうすれば、キャリアアドバイザーはあなたに対して情が湧きます。

 

相手も仕事とは言え、人間対人間です。

キャリアアドバイザーから「この人を何とかしてあげよう!」と思って貰えるために、会って誠実に話しをしましょう。

やはり誰でも誠実な人を助けたいと思います。

 

キャリアアドバイザーから見れば、あなたは数いる中の一人

こちらから見れば、たった1人のキャリアアドバイザーです。

しかし、相手から見ると言葉は悪いですが、たくさんいるお客さんの中の1人です。

 

「相手も仕事だから、きちんとやってくれるだろう」という発想はとても危険です。

 

キャリアアドバイザーは忙しいです。

自分が「キャリアアドバイザーだったら」と想像してみて下さい。

会って誠実な対応をしてくれた人とそもそも会わない、会っても横柄な態度の人ではどちらを親身になって対応しますか?

 

答えは出てますよね!(^^)!

 

印象的なキャリアアドバイザー

私は直近の転職活動で印象的なキャリアアドバイザーと出会いました。

 

地場の転職エージェントに登録し、面談に行ったときの話しです。

そこで自分の希望に合った求人紹介は難しいと言われ、私が落ち込んでいたら、、

 

「○○さん!どうしょうもなくなったら、もう一度、連絡下さい!希望条件はクリア出来ないですが、何とか紹介します!」と言われたのです。

 

自分が嬉しかったのは「何とかする!」と言ってもらえたことです。

 

結局はこの方ではなく、他の転職エージェントに求人を紹介していただき、転職することになりました。

やはり会って、自分の正直な思いや希望、状況をさらけ出したのが大切なのだと改めて思いました。

 

キャリアアドバイザーの方は「困っている人を助けたい」と思って、この業界に入られた方も多いです。

ごく一部、自分の数字しか考えないキャリアドバイザーがいるかもしれないですが、、大半は親身になって相談に乗ってくれます。

 

まずはこちらが心を開き、見栄を張らずに誠実に対応しましょう。

 

まとめ

転職エージェントの賢い使い方・付き合い方をご紹介しました。

 

ポイントは次の通りです。

  1. 転職エージェントは3~4社登録しよう
  2. 紹介求人の裏側と自分の希望がマッチしているか確認しよう
  3. 転職エージェントはあくまでサポート。転職するのは自分であることを認識しよう
  4. キャリアアドバイザーとは必ず会って、誠実な対応をしよう

 

転職をキャリアドバイザーと二人三脚で成功させるイメージを持って下さい。

この考えで転職が成功する可能性がグーンと高まります。

 

転職エージェントを賢く使って、自分の希望や夢の実現に向けて頑張って下さいね!(^^)!

 

【続きの記事も合わせてご覧下さい】

関連記事

転職エージェントの使い方がわからない 転職エージェントとどうやって付き合えばいいの? 転職エージェントは使わない方がいいと聞いたけど本当なの? このように「転職エージェントを利用したいけど不安」と思っている方に[…]

 

おすすめの転職エージェントの紹介

私が実際利用した転職エージェントです。

 

ご紹介したように複数登録することがポイントですが、最初に「どの転職エージェントに登録していいかわからない」と迷ったらまずは「DODA」への登録をおすすめします。

 

「DODA」は転職サイトと転職エージェントのサービスが両方受けられます。

転職サイトで自分の好きな求人を見つけ、転職エージェントに内定までのサポートを受けることがベストの方法です。

 

【DODA】

doda

DODAは求人数の量も質も非常にバランスの取れた転職エージェントです。

20代~50代まで幅広い年齢層で、様々な業界や職種にも対応してくれるので、初心者の方に特におすすめです。

 

私も一番頼りにした転職エージェントです。

転職を考えたら、まずは転職エージェントのDODAに登録すれば間違いないです。

 

次の3社も大手で信用できる転職エージェントです。

転職を成功させるために登録しておいて損をすることはないですよ。

 

  • リクルートエージェント/転職支援実績・求人数No1

⇒リクルートエージェント

  • パソナ/長期的な支援を求める人におすすめ

⇒パソナキャリア

  • ジェイエイシーリクルートメント/30代以上で年収アップのハイクラス求人を求める人におすすめ

⇒JAC Recruitment

最新情報をチェックしよう!
>転職を成功させるために転職エージェントを上手に活用しよう!

転職を成功させるために転職エージェントを上手に活用しよう!

転職は一人で悩むより、あなたに合う求人紹介や面接対策までしてくれる転職エージェントの無料サポートを受けましょう。

CTR IMG