これまで転職を6回経験「営業→エンジニア→SV→事業統括→人事・総務」様々な職種を渡り歩く。 転職を成功させる方法や本当に仕事に役立つ情報を発信!

リクナビNEXTの評判と特徴。転職回数6回の私が実際に使った感想

おすすめの転職サイトを探している方に向けて、大手転職サイト「リクナビNEXT」のご紹介です。

 

「リクナビNEXT」は誰でも名前を聞いたことのある大手企業「リクルート」が運営している転職サイトです。

転職者の多くが利用している定番のサイトになります。

 

私も転職回数6回の中で活用しました!

 

実際に活用した感想を交えて、リクナビNEXTの評判や特徴をご紹介します。

あなたの転職活動の参考にしていただければ幸いです。

 

転職サイトと転職エージェントの違い

まずは転職活動する上で「転職サイト」と「転職エージェント」の違いを把握しておきましょう。

 

この2つの用語がごちゃまぜになっているサイトもよく見受けられます。

 

転職サイトとは

転職サイトとは、求人情報を見ながら好きな求人を自分で探して、全て自分で応募して転職活動を進めるサービスです。
代表的なサイトだと リクナビNEXTビズリーチDODA(転職エージェント機能もある)などが転職サイトにあたります。

転職エージェントとは

転職エージェントとは、キャリアアドバイザーが転職活動をサポートしてくれるサービスです。
求人紹介や応募書類の添削、面接対策など入社までフォローをしてくれます。

代表的なエージェントだとパソナキャリアリクルートエージェントJAC Recruitmentなどが転職エージェントにあたります。

 

転職サイトを使うメリット

今回ご紹介する「 リクナビNEXT」は転職サイトになります。

 

転職サイトを使うメリットは「自分で好きな求人を探せること」です。

多くの求人から自分が興味ある求人を検索して応募することができます。

 

自分で求人を探して、自分で応募するので自由度が高い転職活動の方法と言えます。

転職サイトへの登録は無料なので、気軽に登録することをおすすめします。

 

リクナビNEXTの評判と特徴

<span style=

 

【公式サイト】 リクナビNEXT

 

リクナビNEXTは転職サイトとしては、求人数や実績などNO1です。

最大の転職サイトとあって、多い人では毎週何百件と求人紹介があります。

 

転職サイトを使って転職活動するなら、まずは リクナビNEXTに登録しましょう。
求人数の多いことはとても魅力的な要素です。

 

それだけ自分の希望に合った求人が見つかる可能性が高くなるということです。

求人を選ぶ選択肢も増えます。

 

転職を少しでも考えたら、まずは リクナビNEXTに登録をして、どんな求人があるか探すだけでも十分メリットだと思います。

 

リクナビNEXTは企業やエージェントからスカウト・オファーが届く

職務経歴や希望条件などを登録しておくと、企業や転職エージェントから直接スカウト・オファーメールが届くことがあります。

 

スカウト・オファーの種類は3つあります。

  • オープンオファー(期待度:低)
  • 興味通知オファー(期待度:中)
  • プライベートオファー(期待度:高)

 

オープンオファー

オープンオファーは「企業が求めるもの」と「あなたの経歴」が少しでも合致した場合に機械的に送られてくるオファーです。

 

「オープンオファーが来たから」といって応募しても、書類選考で落とされることもよくあります。

「社交辞令のオファー」と思ってもいいぐらいの期待値が低いオファーです。

 

興味通知オファー

その名の通り、企業があなたに「興味」を持ってくれたオファーです。

オープンオファーよりかは期待値が高いですが「興味を持った」程度ですので、書類選考通過の確約もありません。

 

「オープンオファー」も「興味通知オファー」も正直あまり期待できるものではありません。

この2つのオファーは退職者が多いブラック企業からよく送られてくる場合もあります。

 

あなたが本当に入社したい企業からのオファーであれば、応募すること自体は全然問題ないです。

しかし、この2つのオファーが来たからといって「俺は求められてオファーが来たんだ!」と思わないようにして下さいね( ;∀;)

 

プライベートオファー

このプライベートオファーはいわゆる本当の「オファー」と考えていいです。

 

プライベートオファーが来たら、書類選考は通過で面接は確約されていると考えて間違いないです。

「俺は求められている!」と思っても良いオファーです!(^^)!

 

自分から求人を探すことも大事ですが、今までの自分の経験やスキルを求めてオファーしてくれる企業に応募してみるのも一つの方法です。

 

リクナビNEXTのデメリット

  • 求人数が多くて絞り切れない
  • ブラック企業の求人、オファーも多い

求人数が多いことはメリットではありますが、人によっては「絞り切れない!」とデメリットになるかもしれません。

「検索機能」を活用しながら、自分で求人を絞っていきましょう。

 

最大の注意点はブラック企業の求人が多いことです。

 

私が活用して一番感じた点です。

 

企業は言葉は悪いですが、お金さえ払えばリクナビNEXTに掲載することができます。

 

求人を探していて目に付くのはブラック企業の求人の多さです。

慣れてしまえば無視することもできますが、最初は戸惑うかもしれません。

 

例えば検索条件で自分が住んでいる地域を選択したとします。

仮に自分が住んでいる地域を「北海道」だとしますね。

「北海道」で検索したのだから、当然「北海道」の求人が出てきます。

 

ところが、、

「北海道」の求人は間違いないのですが、全国に営業所があり「北海道にも営業所がある」企業が上位に表示されます。

つまり、その企業は全国に営業所があるので「北海道」で検索しようが「沖縄」で検索しようが、どの県で検索しても表示されるのです。

 

全てとは言わないですが、こういう企業は「ブラック」の確率が高い企業です。

どの県で検索しても上位に表示される企業は、よっぽど離職率が高いので、常に求人を出しているというカラクリです。

 

特に初心者でリクナビNEXTを利用するときに覚えておいて欲しいことです。

慣れてしまえば「この企業の求人いつも見るな」とスルーできるのですが、慣れないうちは注意して下さいね。

 

リクナビNEXTの上手な活用方法

全国区のブラック企業は無視して求人を探す

先程のご紹介したように全国区のブラック企業の求人やオファーは無視して、他の求人を探しましょう。

全国区の企業を狙ってもいいですし、地方に住んでいる方は地場の中小企業の求人に応募することも考えてみて下さい。

 

理由はリクナビNEXTに掲載する地場の中小企業は「人材採用」に相当力を入れていると予測できるからです。

リクナビNEXTは大手のリクルートが運営しており、その掲載料金も高いです。

全国区の大企業であれば、問題ない掲載料金かもしれませんが、地場の中小企業が支払う掲載料金しては高いです。

 

それだけ地場の中小企業がリクナビNEXTに掲載するということは、人材採用に相当力を入れていると言えます。

 

大袈裟な表現だと高い掲載料を払って、思い切って一大発起で掲載している中小企業もあります。

 

実際私のエンジニア時代にお世話になった中小企業がそうでした。

 

20人ぐらいの企業でどうしても良い人材が欲しくて、高い掲載料を支払ってリクナビNEXTに掲載しました。

そういう純粋に「良い人材が欲しい」地場の中小企業はとても狙い目だと思います。

 

地場の中小企業がリクナビNEXTに掲載することは「ブラック企業で人材不足のため掲載する」という理由ではありません。

何とか事業拡大や後継者育成のために、思い切って掲載していると考えていいと思います。

 

リクルートエージェントと連携活用しよう

<span style=

 

【公式サイト】リクルートエージェント

 

リクナビNEXTと連携してリクルートエージェントの登録をおすすめします。

 

リクルートエージェントは「転職エージェント」になります。

  • リクナビNEXTで自分の希望の求人を探す。
  • リクルートエージェント経由で希望求人へ応募する。

この利用方法が転職を成功させるための一番効果的な方法です。

 

転職エージェント経由だと、アドバイザーがあなたの「推薦文」をつけて企業に応募してくれます。

また履歴書や職務経歴書の添削もしてくれますので、その企業に合った書類作成をすることできます。

 

面接対策もしてくれるので、一人で希望求人に応募するよりも内定をもらえる可能性がかなり高まります。

 

詳しくは下記の記事を参考にして下さいね。

関連記事

転職活動を進める上で「転職サイト」と「転職エージェント」の違いを理解し、上手に活用することが転職を成功させる近道になります。 しかし、初心者には「転職サイト」と「転職エージェント」の違いがわかりにくいです。[…]

転職エージェント

 

転職エージェントのリクルートエージェントと連携しない理由は正直ないと思います。

お互い連携活用して転職を成功させましょうね。

 

まとめ

実際に活用してわかった「リクナビNEXTの評判と特徴」をご紹介しました。

 

やはり転職に関して大手の「リクルート」が運営していますので、安心感や実績はNo1です。

 

デメリットもご紹介しましたが、少しでも転職を考えたら、まずは リクナビNEXTに登録してみてはどうでしょうか。

自分に合う求人を探したり、自分の市場価値を知るためにスカウト・オファーを待つことは損になることではありません。

 

転職を本格的に考えたら、ご紹介したようにリクルートエージェントにも登録して連携して活用することをおすすめします。

 

最後に転職をあまりネガティブに考えずに、前向きに捉えてみてはいかがでしょうか。

  • 自分の夢や目的を達成するため
  • 幸せな人生を送るため

 

今回ご紹介した内容を参考にしていただき、 リクナビNEXTで自分に合った求人を探してみて下さいね。

最新情報をチェックしよう!
>あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

転職は一人で悩むより、あなたに合う求人紹介や面接対策までしてくれる転職エージェントの無料サポートを受けましょう。自分の夢ややりたいことを叶えるための手段として活用しましょう。

CTR IMG