40代以上の方が楽しく、充実した生活を送るために作ったサイトです!

他人に流されない自分軸を手に入れる3つの方法【ぶれない自分の見つけ方】

あなたは他人に流されるタイプですか?

それとも自分軸をしっかり持って、自分が決定して行動するタイプですか?

 

他人の意見を参考にすることは大切ですが、人生の中での決定事項の判断を他人に委ねてしまうと、ゆくゆくは後悔する結果になることがあります。

今回は「他人に流されずに自分の軸を手に入れる方法」をご紹介します。

 

自分の人生の決定は自分が行うべきです!

他人に流されて自分軸がない人の特徴

まずは「自分軸」がない人とはどんな特徴を持っているのでしょうか。

 

相手の言ったことに左右される

  • 相手がそう言ったから
  • 相手がそう思っているから
  • 相手がそう望んだから

物事の判断基準が自分ではなく、相手(他人)にあります。

「相手がそう言ったから、自分はそうしたんだ」という考えです。

 

自分が考えることを止めたのか放棄しているのかわかりませんが、判断基準が相手(他人)にあります。

情報に惑わされやすい

メディアの情報や近所の噂話まで、周りに存在するありとあらゆる情報に惑わされてしまいます。

 

「自分はこう考える」と確固たるものがないので、まわりの情報に流されてしまいます。

正しい情報をインプットすることは良いことですが、特にネット上の情報は正しいものばかりではありません。

 

情報に惑わされ、考え方や感覚が偏り始め、時には「傲慢」な言動や態度を取る人もいます。

例えば、クレーマーの中でも自分の考えがなく、ただ入ってきた情報を鵜呑みにして必要以上に相手に対して攻撃をしてくる場合があります。

責任を取ることを嫌がる

失敗したときや上手くいかなかった時に周りや情報のせいにしたがります。

 

悪いのは相手や情報を流したものであって「私は悪くない」という考えです。

このように責任を取らない人は自分の軸を持つことはできません。

責任は取らないことは精神的にはラクかもしれませんが、他人が主導になって生きる人生は果たして幸せなのでしょうか?

 

他人が主導になるということは「自分の人生や幸せを自分でコントロールすることができなくなる」ことを認識しましょう。

他人に流されない自分軸を手に入れる3つの方法

相手の意見を自分の意見にする

例えば、小さなことから言うと相手の意見を聞いた後、それをそのまま「相手の意見」にするのではなく「自分の意見」していきましょう。

 

・相手が「A」だと言った

・その「A」の意見を認めた

・認めたのであれば、その「A」の意見は自分の意見だと考える。

もし相手の言ったことが納得できなければ、その場で代替案を言えば良いだけです。

 

大切なことは、失敗した時や上手く行かなかったときに「相手がそう言ったから、、」と「他人のせい」にするのではなく、その意見を認めた「自分のせい」にすることです。

この考えを繰り返すことで「他人が言ったことでも、自分が認めたのであれば自分が言ったことと同じ」と認識をすることで「他責の人生」から「自責の人生」に変えていきましょう。

後悔するのは自分

例えば、あなたが何か新しくチャレンジをするときに家族や親、友達が反対することもあるでしょう。

その反対する気持ちに悪意はなく、あなたのことを心配して言ってくれています。

 

ここからその反対する言葉に、従うのも従わないのも自分次第です。

しかし、ただ1つ言えることがあります。

チャレンジしなかったことを後悔するのは相手ではなく、自分だと言うことです。
私もこれまでの経験から、チャレンジをして失敗したことの後悔より、チャレンジしなかった後悔の方が遥かに大きいです。

 

しかし「チャレンジをしない」と決めたのは自分です。

まわりに従順な生き方を選ぶより「やらなかったら後悔する」と思ったのあれば、どんなに反対されてもチャレンジしましょう。

 

後悔してからでは遅いですし、これこそが「自分の人生を生きる」ことではないでしょうか。

自分が責任を取ると覚悟する

自由と責任はいつも一心同体です。

自由に生きたいのであれば責任が伴います。

 

ただ、責任を取ると言っても、命まで取られることはまずありません。

自分の好きなように思うようにやる!

 

ただし、その後どうなるかの責任は「自分が取る」と覚悟する。

覚悟を決めた人間は強いです。

逆に覚悟を決めないと成功にも近づけませんね。

 

責任を取ると覚悟を決めたら、他人に流されることは無くなります。

他人に何と言われても「こうする!こうなる!」と決めたからです。

まとめ

全て「自分が中心」と考えるようにしましょう。

  • 自分で考える
  • 自分で決める
  • 自分の責任だと覚悟する

これは「自分勝手になれ!」と言っている訳ではありません。

 

例えば、相手に優しくすることも「自分の意志」でやれば、苦になりませんよね。

相手に優しくしようと自分が決めるのです。

 

それによって、相手が自分に優しくなるかは、また別の問題なのです。

「相手が自分に優しくしてくれようが、くれまいが、自分は相手に優しくする」
こう決めることができれば、他人主導の生き方ではなくなります。

これが自分主導の考え「自分軸を持つ」ということです。

 

「自分軸」を持つことができれば、他人や情報に惑わされることもなく、自分で価値観や自分の人生をコントロールできるようになります。

自分主導の人生を歩んでいけるように「自分軸」手に入れて、後悔しない人生を歩みましょう。

www.grateful-feelings.com

www.grateful-feelings.com

最新情報をチェックしよう!