これまで転職を6回経験「営業→エンジニア→SV→事業統括→人事・総務」様々な職種を渡り歩く。 転職を成功させる方法や本当に仕事に役立つ情報を発信!

「逃げの転職」でも後悔せずに次の転職が成功する3つの方法

転職を考えた時に「逃げの転職はダメだ!」と聞いたことがありませんか?

 

前回の記事で「逃げの転職かどうかの見極め方」をご紹介しました。

関連記事

転職を考えた時に「この転職は「逃げ」や「甘え」ではないか?」と悩むことがありませんか? 「逃げてはダメだ」 「現実から目を逸らすな」 「逃げると逃げクセがつく」 転職を考えた時に、周り[…]

 

今回はダメだと言われる「逃げの転職」でも成功させる方法について解説します。

私は「逃げの転職」でも、結果「転職をして良かった」となればOKだと思います。

 

転職する理由がどうであれ、次の転職を成功させるための行動をしましょう!

 

「逃げの転職」でも後悔せずに次の転職が成功する3つの方法

在職中に転職活動を行う

これは転職理由は関係なく、転職する場合は必ず在職中に転職活動を行いましょう。

 

主な理由は次の通りです。

  • 退職後に転職活動をすると、収入面の不安から妥協した転職先を選択してしまう
  • 退職後の期間が空けば空くほど、転職に不利な要素になる

 

退職後に転職活動をすると、転職先が決まらない場合にどうしても「不安」や「焦り」が出てきます。

 

大前提として在職中に転職活動をして下さい。

詳しくは次の記事を参考にして下さいね。

 

退職理由を言い換えよう

転職時は次の3つを明確にしておきましょう。

  1. 前職の退職理由
  2. 自分の将来像やビジョン
  3. これまで培ってきたスキルや経験

 

「逃げ」の転職は特に「退職理由」が曖昧になります。

  • 仕事がつまらなかったから
  • 仕事にやりがいがなかったから
  • 上司と合わなかったから

 

これらの退職理由を面接時に、そのまま伝えるのは当然NGです。

 

書類選考時や面接時には退職理由が「誰が聞いても納得する」ものにする必要があります。

 

例えば、下記のように言い換えましょう。

  • 自分のビジョンを叶えるために、他にやりたい仕事がある
  • 以前の仕事もやりがいがあったが、さらなるステップアップでこの仕事がしたい
  • 良い仕事をするために上司と意見交換の中で衝突することもあったが、コミニュケーションを図り納得するまで話し合った

 

「ものは言いよう」です。

 

「嘘をつけ」と言っているのではなく、、

相手が納得する答えでなければ、当然ですが面接で合格しません。

自分が面接官であれば、どのような答えを求めるか考えてみて下さい。

 

あなただったら退職理由が「仕事がつまらなかったから」と言う人を採用しますか?

 

繰り返しますが「ものは言いよう」です。

  1. 前職の退職理由
  2. 自分の将来像、ビジョン
  3. 自分のスキル・経験・できること

この3つは「誰が聞いても納得する」答えを用意しておきましょう。

 

加えて「転職先の志望動機」が明確であれば、面接対策はバッチリです!

 

面接対策は次の記事も参考にして下さい。

 

自分のために「逃げた」理由を振り返ろう

これからの自分のためにです。

「逃げた理由」を必ず振り返りましょう。

 

例えば、人間関係で転職するのであれば

  • 自分に非がなかったか
  • 優しい態度で人に接していたか
  • 上司に反抗的な態度を取っていなかったか

「自分を責める」のではなく「もっとできることはなかったか」振り返ることが大切です。

 

「自分」も「会社」も「周り」も完璧ではありません。

良い所もありますし、悪い所があるのが普通です。

(明らかなブラック企業だった場合は話しは別です)

退職理由を全て会社や周りのせいにすると、同じ理由で転職を繰り返す可能性があります。

 

振り返ったことを誰かに言う必要はありません。

誰かに言っても、自分の非を責められて気持ちがマイナスになるだけです。

 

自分の中で「もっとできることはなかったか?」「次は気にしないようにしよう」など振り返ってみましょう。

 

この反省が同じ理由で転職を繰り返さないための第一歩になります。

 

転職が成功すれば「逃げの転職」でもOK

転職理由がなんであれ「転職して良かった」と思えれば、転職は成功です。

一番いけないことが「逃げの転職」をした自分を責めて、自信を失くすことです。

ご紹介したように「逃げの転職」をした理由を振り返った後は、次の転職を成功させるための行動に集中しましょう。

 

「逃げグセ」がつくは本当か?

転職で「逃げる」と「逃げグセ」がつくとよく言われます。

これは本当でしょうか?

 

ここで私なりの解釈をお話しします。

 

収入面やキャリアのステップアップのために転職を繰り返すのではなく、ただ転職を繰り返す人がいます。

このような人はお伝えした「逃げの転職」をした理由を振り返っていない人です。

「逃げグセ」と言うより「同じことを繰り返している」と言えるのではないでしょうか。

 

また、転職をすればするほど「転職に対するハードルが低くなる・抵抗感が無くなる」ことは確かにあります。

例えば、初めての転職はとても勇気がいったけど、6回目の転職になると抵抗感が無くなり気軽に転職を考えてしまいます。

 

私も6回転職をしているので、他の人より転職を気軽に考える傾向があります。。

「逃げグセ」というより、転職回数が増えていくと「転職を軽く」考えます。

 

だから「逃げグセ」がつくと言う人は「転職を経験していない人」か「転職回数が1回」の人が圧倒的です。

転職回数が多い人は「逃げグセ」がつくとは言いません。

 

  1. 転職理由を反省しないので「俺は悪くない!」と転職を繰り返す。
  2. 転職せざるえない理由(ブラック企業に勤めていた)から、転職を何回かすると抵抗感が無くなり、気軽に転職してしまう。

 

一括りで「逃げグセ」と言うより、このような心理が働き、転職を繰り返してしまうのだと思います。

 

まとめ

繰り返しますが、

転職理由がどうであれ「転職して良かった」と思れば、その転職は成功です。

 

逃げても全てが終わりではないですし、必要以上に自分を責める必要もありません。

  1. 在職中に転職活動を行う
  2. 退職理由を言い換える
  3. 逃げた理由を振り返る

 

本記事を参考にして、この3つを守れば次の転職が成功し、転職を繰り返さない可能性が高まります!

 

後から振り返って、あなたの人生が好転するために「逃げの転職をした」となれば良いですね。

応援しています!(^^)!

 

「転職して良かった」となるように行動しよう

「転職して良かった」と思える転職をするためには、一人で考えるより、転職エージェントの無料サポートを受けることをおすすめします。

 

転職エージェントを利用する主なメリットは次の通りです。

  • 履歴書・職務経歴書の書き方のアドバイス
  • あなた一人では見つけきれない非公開求人の紹介
  • あなたの経験やスキルに合う求人紹介
  • 企業別の面接対策
  • 条件面や給料面の交渉

 

自分一人ではできない部分を、転職エージェントがカバーしてくれます。

これだけでも転職先から内定を貰える可能性が上がり、転職のミスマッチも未然に防ぐことができます。

 

しかもサポートは無料です。

 

私の転職経験6回の中で、実際に利用したおすすめの転職エージェントをご紹介します。

私も転職エージェントを活用して、役職も年収も上がり、職場環境の良い職場へ転職しました。

 

<おすすめ転職サイトはこちら>

リクナビNEXT/転職サイト求人数や実績NO1。まずは登録して求人を探してみてください。

ビズリーチ/年収600万以上の方は登録しておいて、あなたに合うスカウトを待ちましょう。

 

<おすすめ転職エージェントはこちら>

DODA/転職サイトと転職エージェント両方のサービスが受けられる。一番のおすすめです。

パソナキャリア/長期的支援を求める人におすすめ。転職が決まるまでサポートしてくれます。

JAC Recruitment/30代以上で年収アップのハイクラス求人を求める人におすすめです。

リクルートエージェント/転職支援実績No1。多くの求人を紹介してもらいたい人におすすめ。

 

転職や転職エージェントを活用することをネガティブに捉えるのではなく、「自分の人生を好転させるための手段」と考えてみてはどうでしょうか。

 

あなたが幸せになるために「職場環境の良いホワイト企業で働きたい」と少しでも思ったら、転職エージェントに気軽に相談してみてくださいね。

最新情報をチェックしよう!
>あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

転職は一人で悩むより、あなたに合う求人紹介や面接対策までしてくれる転職エージェントの無料サポートを受けましょう。自分の夢ややりたいことを叶えるための手段として活用しましょう。

CTR IMG