転職を6回経験した45歳男性会社員。転職や仕事の悩みを全身全霊で解決するブログです!!

反省に意味はあるのか?無意味な反省は自分を苦しめるだけ

あなたはよく「反省」をする方ですか?

 

失敗したり、うまく行かなかった時に他人から「反省しなさい!」と言われることがあります。

自分でも「反省しないといけない」と思うことが誰にでもあると思います。

 

しかし、この「反省」は意味があるのでしょうか?

 

時には「反省」すること自体が自分を苦しめることもあります。

 

「反省すること」をテーマに「反省は意味があるのか?」「正しい反省の方法とは?」についてご紹介します。

ぜひ最後までご覧下さい!

 

反省の意味は?

まずは反省の意味から考えてみましょう。goo辞書から引用します。

 1.自分のしてきた言動をかえりみて、その可否を改めて考えること。「常に反省を怠らない」「一日の行動を反省してみる」

2.自分のよくなかった点を認めて、改めようと考えること。「反省の色が見られない」「誤ちを素直に反省する」

 

まとめると、反省とは次のような意味になります。

「自分の言動や行動が良かったのか、悪かったのかを振り返り、考えること」

「また悪かったのであれば、素直に改めること」

 

反省に意味はあるのか?無意味な反省は自分を苦しめるだけ

反省は落ち込むことではない

最初にお伝えしたいのは「反省」=「落ち込む」ではないということです!

何か失敗した後などに、落ち込んでないと「あいつは反省していない!」と言う人が必ずいます。

 

これがまた、問題なんですよね、、( ;∀;)

 

昔のCMで「反省だけならサルでもできる」というキャッチコピーがありました。

真意は不明ですが、、「反省したふりならサルでもできるよ」ということだと推測します。

 

「形や見栄えだけ落ち込んで、反省しているように見せても意味がないよ」ということです。

 

つまり、外見上だけ落ち込んでいても意味はないのです。

外見上落ち込んでいないと「反省しているのか!」と怒る人は、本当に的外れなことを言っています。

関連記事

私はあれもできない!これもできない!なんてダメな人間なんだろう。。 このように自分で自分を責めて、追い込んでしまうことはありませんか?「自分を追い込んでも、自分が苦しいだけ」とわかっ[…]

 

他人から強要された反省

これもまた無意味です。

 

会社でも学校でも反省文を書かせる風習が、まだ存在しているかもしれません。

形式上のことだけで、実際に反省文を書かされても「俺は心底反省した!」とならないですよね”(-“”-)”

 

強制された反省は意味がありません。

 

反省をし続ける

無闇に反省し続けるのは、精神的にマイナスに働きます。

 

長い時間をかけて反省したからといって、反省した効果が倍増することはありません。

反省はダラダラし続けるものでもないです。

関連記事

あなたは「自分を責めてしまう」ことはありますか? 落ち込むことや嫌なことがあった時に、さらに「自分を責めてしまい」ますます落ち込むことがありませんか? 私も自分を責めていた時は[…]

 

正しい反省の方法

意味のある反省とは

自分の言動や行動に対して、良かったことも、悪かったことも、客観的に第三者からの目線で分析すること

 

これが意味のある反省だと考えます。

 

ポイントは2つです。

 

良かったことも、悪かったことも反省する

反省したことは次に活かさないければ、意味がありません。

 

良かったことは続けて行えば良いですし、悪かったことは改めなくてはいけません。

 

悪かったことだけを反省するのではなく、良かったことも反省しましょう。

 

 主観的ではなく客観的に分析する

主観的な反省だと、どうしても感情が入ります。

  • 俺は悪くない、相手が悪い
  • こういう状況だから、仕方がない
  • たまたま運が悪かっただけ

 

客観的に第三者からの目線で分析することで、感情が入ることなく「事実」に対してのみの反省ができます。

 

「事実」のみの反省をしないと、何が正しいのかわからなくなります。

反省に感情が入ると、正しい反省ができなくなります。

 

まとめ

反省とは分析である

「反省」=「分析」と考えてみてください。

 

成功したとしても、失敗したとしても「なぜそうなったのか」を客観的に分析する。

  1. 成功した原因がわかれば、継続して行うことができます。
  2. 「何で成功したのか」と原因がわからなければ、継続することもできないですよね。
  3. 失敗した原因がわかれば、次に同じことを繰り返さなければ良いだけです。

 

反省とは「自分を責めること」とネガティブに捉えるのではありません。

 

「反省」とは「良いものは継続するため、悪いものは変えるため」

これ以上でも以下でもないと、ポジティブに捉えてみてはどうでしょうか。

 

反省はほどほどに

最後に全てを覆してしまいそうですが、、タモリさんが反省に対して素晴らしい言葉を残しています。

 

「笑っていいとも!」というお昼に30年以上続いた番組がありました。

タモリさんは「番組を長続きさせようと思ったら、反省会なんて開くな」と言ったそうです。

 

反省をすると、できていない点や足りない点が浮き彫りになります。

常に反省なんかしていたら「あれもできてない、これもできてない」と思い、精神衛生上良くないですよね。

 

このタモリさんからの言葉から学びましょう。

ものごとを長く続けようと思ったら、反省はほどほどで良いのではないでしょうか。。

 

最後にまとめます。

  1. 「反省」とは、客観的に第三者の目線で良かったこと、悪かったことを分析すること。
  2. 「反省」は自分を責めることではない。しかも反省は「ほどほど」にする。

 

無意味に反省して落ち込んで、自分を責めても仕方ありませんよ!

本記事を参考にして、良い「反省」を行って人生を豊かにしてくださいね!(^^)!

関連記事

上司に怒られたり、怒鳴られたりすると萎縮しませんか?一度萎縮してしまうと、その上司とコミュニケーションがうまく取れず、また怒られてしまうという悪循環に陥ってしまいます。 この記事は「上司から怒られて萎縮して[…]

関連記事

仕事に行くのがつらい もう、この仕事は嫌だ 身体的にも精神的にもしんどい 仕事をしている中でこのように思うことはありませんか?私は6回転職をしていますし、メンタルが強い訳ではない[…]

 

会社で反省を強要されたら

もしあなたの会社が反省を強要したり、失敗したらしつこく責められる環境であれば、転職することも考えてみてはどうでしょうか。

 

「反省を強要する会社」は職場環境が良いとは言えず、あなたは精神的につらくなる一方ではないでしょうか。

 

世の中には、あなたのことを考えてくれる会社もたくさんあります!

 

自分で自分を追い詰めるのはなく、少しの勇気で自分に合う会社を探すことで、あなたの人生が開けるはずです。

 

まずは「ヘッドハンターや直接企業から話しを聞きたい」と思ったら、ビズリーチに登録して、あなたに合うスカウトを待ってみてはどうでしょうか。

 

さらに転職成功の為には、転職エージェントを活用すると効果的ですよ。

転職エージェントを活用する主なメリットは次の通りです。

  • 履歴書・職務経歴書の書き方サポート
  • 非公開の特別な求人紹介
  • あなたの経験やスキルに合う求人紹介
  • 企業別の面接対策
  • 条件面や給料面の交渉

 

転職において自分一人ではできない部分を、転職エージェントがサポートしてくれます。

これだけでも希望の転職先から内定を貰える可能性が上がり、転職のミスマッチも未然に防ぐことができます。

 

しかも登録は無料で簡単です。

 

私の転職6回の中で、役に立った厳選おすすめ転職サイトと転職エージェントです。

【登録だけでも価値あり転職サイト】

 

【相談だけでも価値あり転職エージェント】

 

どこに登録するか迷ってしまう方は「DODA」が私の経験では一番おすすめです。

 

自分が心穏やかに仕事をするためにも、転職という選択も視野に入れて行動していきましょうね。

 

世の中にはあなたに合う会社がきっとあります!

 

転職をネガティブに捉えるのではなく「自分が気持ちよく働くための手段」と考えてみてはどうでしょうか。

「職場環境の良い会社で働きたい」と思ったら、登録は無料で損をすることはないので、気軽に相談してみてください。

関連記事

私は転職を6回経験し、数多くの転職サイトと転職エージェントを使いキャリアアップしてきました。 その経験から、転職サイトと転職エージェントを上手に使うことが、転職を成功させる近道になると実感しています[…]

 

ただ転職エージェントに登録したからと言って、ムリに転職する必要はありませんよ。

相談してから転職するか、現職に留まるか判断すれば良いと思います。

 

あなたにはいくらでも選択肢があることを忘れないでくださいね!

 

関連記事

私はこれまで転職を6回経験し、数多くの転職サイトと転職エージェント活用しました。 転職サイトと転職エージェントを上手に活用することが、転職を成功させる近道になります。 しか[…]

関連記事

私は転職を6回経験し、数多くの転職サイトと転職エージェントを活用しました。 転職を成功させるには転職サイトと転職エージェントを上手に活用することが重要です。しかし、どの「転職サイト」と「転職[…]

関連記事

私は転職を6回経験し、数多くの転職サイトと転職エージェントを活用しました。 転職を成功させるには転職サイトと転職エージェントを上手に活用することが重要です。しかし、どの「転職サイト」と「転職[…]

 

最新情報をチェックしよう!
>あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

転職は一人で悩むより、あなたに合う求人紹介や面接対策をしてくれる転職エージェントの無料サポートを受けましょう。自分の夢ややりたいことを叶えるための手段として活用してください。

CTR IMG