これまで転職を5回経験「営業→エンジニア→SV→事業統括→人事・総務」様々な職種を渡り歩く。 転職を成功させる方法や本当に仕事に役立つ情報を発信!

【評価される人になる】仕事ができる人の特徴

「仕事ができる人」に誰でもなりたいと思いますよね。

仕事ができれば周りからも評価や期待もされますし、何より自分の自信にも繋がります。

 

「仕事ができる人」は仕事において重要なポイントを押さえています。

 

ではどうすれば「仕事ができる人」になれるでしょうか。

今回は「仕事ができる人」の特徴をご紹介します。

 

あなたも仕事ができる人を真似て、周りから評価や期待され自信を持てる人になりましょう!

 

【評価される人になる】仕事ができる人の特徴

仕事ができる人の特徴をご紹介する前に、評価される人になるための重要なポイントをお伝えします。

「仕事ができる」こと自体より「仕事ができると思ってもらう」ことが大切!

 

実際に仕事ができても、周りに「仕事ができる」と思ってもらわないと意味がありません。

  • あいつは仕事ができる
  • あいつは信頼できる
  • あいつがミスはしない
  • あいつはすごい!

このように思ってもらうことが大切です。

 

実力通りに評価されることが当然で当たり前なのですが、この「当然」がまかり通らないのが会社です。

「実力以上に評価される人」がいたり「実力があるのに評価されない人」がいるのが会社なのです。

 

仕事ができるだけでなく「仕事ができると思ってもらうことも大切」だと認識して、読んでいただければ幸いです。

仕事は何事も最初が肝心

最初に頼まれた仕事は丁寧にミスがないようにしましょう。

人の第一印象はとてもとても大切です。

 

その人から仕事を頼まれることが初めてであれば、特にいつもより丁寧に仕事を仕上げましょう

はじめに「こいつはできる!他の人とは違うな!」と思って貰えれば、こっちのものです。

 

「転職や部署異動して間もない」ときは一番のチャンスです。

 

環境も変わって大変ですが、全身全霊をかけて仕事に取り組みましょう!!

「俺はスロースターターなんだ」とか「徐々に仕事ができるようになればいいや」とは思わないようにして下さい。

最初だからこそ、持っている力をフルスロットルで使って下さい!

 

最初に「仕事ができる」という良いイメージを持ってもらうと、後からが楽です。

何事も最初が肝心です!!

レスポンスは速さが命!

メールはすぐに返信!

仕事は完璧な仕上がりより、速さを重視しましょう。

 

仕事ができる人は何事にもレスポンスが早いです。

メールの返信を一つ取っても「すぐに解決しない問題」や「返答に時間がかかるもの」であっても「内容を確認しました。対応策は追って連絡します」とメールしましょう。

 

ここで大切なことは、

「あなたからのメールをきちんと読んでいるよ!認識したよ!」ということを相手にわかってもらうことです。

 

メール返信がないと「メールを確認してくれているのか」「確認して無視されているのか」、メールを送った側はわからずに不安になりますよね。

 

「仕事が早い人ほど、メールの返信が早い」というのは、一般的にもよく言われていることです。

仕事が早い人のところに仕事はどんどんまわってきます。

 

早く対処をしないと、次から次へと仕事が来るので仕事がまわらなくなるからです。

何事にもまずはレスポンスを早くしましょう。

仕事の途中経過、完了報告をする

特に途中経過を報告することで、仕事を頼んだ方は安心します。

 

また途中で報告することによって、お互いの勘違いなどで仕事のやり直しがあった場合でも、完成してから戻るより、途中で戻った方が被害を最小限に食い止めることができます。

 

プラス完了報告で「あれ、やっときましたよ!、あれオッケーでしたよ!」と報告すれば「きちんとやってくれたんだな」と安心感を与えることができ、信頼に繋がります。

人間は言葉(メール)に出して相手に伝えないと、こちらの気持ちは伝わりません。

 

大切なことなのですが、ここがわかっていない方が多いように感じます。

 

「言わなくても、察してよ!」というやつです。

言わないと決して伝わることはないですし、上司も忙しいので、言われてないことまで察することは難しいです。

ケアレスミスをなくそう

見直しをして気がつく、誤字脱字や間違いを失くしましょう。

見直しは必ず行いましょうね。

 

どんなに良い資料や文章を作成しても、誤字脱字が多いと評価されません。

ちょっとした確認でケアレスミスを防ぐことはできます。

 

見直し、確認をするクセをつけましょう。

 

まとめ

「仕事ができる人の特徴」と「仕事をできると思ってもらうポイント」をご紹介しました。

 

繰り返しになりますが、

実際に仕事ができることも大切ですが「仕事ができる!」と思ってもらうことがとても大切です。

 

つまり、ポイントを押さえて周りに「仕事ができる」と思ってもらうことが重要なのです。

 

今回ご紹介したポイントは当たり前と言えば、当たり前のことかもしれません。

しかし、なかなか「当たり前」のことができないのが人間です。

 

また「仕事ができる」かどうかの判断基準は人によって曖昧なところがあります。

本当にその人が「仕事ができる」のか正しく評価することは難しい面もあります。

「仕事ができる」と思ってもらうポイントは、仕事を頼んだ相手に「安心感」を与えることではないでしょうか。

 

「こいつにまかせておけば大丈夫!」と思ってもらうことです。

そう思ってもらえれば、過度な干渉やチェックも入らず、自分自身も仕事をしやすくなります。

 

自分自身のためにも「仕事ができる人の特徴」を学び、周りに「仕事ができる」と思ってもらえる行動をしていきましょう!

 

最後にもし自分が「正当な評価を受けていない」と悩んでいる方は転職も考えてみて下さい。

実力だけでなく上司へのヨイショだけで評価される人がいるのも会社です。

 

下記の大手転職エージェントは非公開求人も多く、あなたに合った会社も見つかりやすいと思います。

登録は無料なので、気軽に登録してみて下さいね。

 

合わせて下記の記事もご覧ください!(^^)!

関連記事

あなたがこれまで仕事で一番つらかった時は何ですか? 人によってつらかったことは様々だと思います。私がこれまで仕事で一番つらかった時は、上司に理不尽に怒られた時です。 真面目に頑張っ[…]

関連記事

あなたは「やりたくない仕事」の部署に配属されたらどうしますか?受け入れますか?配属を断りますか?転職しますか? 先日「仕事がつまらない」を解決する方法についての記事をご紹介しました。[sitecar[…]

 

最新情報をチェックしよう!